FC2ブログ

一生一石

愛犬とイシコロのお話

ダイヤモンドよりも高価な新鉱石発見

00 カーメルタザイト carmelsapphire




 ダイヤモンドよりも高価な新鉱石



 20190118(金) 16:30配信



00 c カーメルタザイト  カーメルサファイア



地球上には現在、5500種類以上の鉱石が存在し、毎年約100種類の新たな鉱石が発見されている。しかし、新たな種類の大半は見た目が冴えないため宝石には向かない。また、稀少すぎて経済的価値につながらない鉱石も多い。

そんな中、国際鉱物学連合が新たに認定したカーメルタザイト(carmeltazite)と呼ばれる鉱石が注目を集めている。カーメルタザイトという名前は、この石がイスラエルのカルメル山(Mount Carmel)で発見されたことに由来している。また、この石はチタニウムやアルミニウム、ジルコニウムなどを含んでいる。


00 c カーメルタザイト  20190118新発見


カーメルタザイトはイスラエル北部のハイファの火山岩の、コランダム(非常に固いアルミニウムの結晶)の中から見つかった。結晶構造の中に微量のスカンジウムやカルシウム、マグネシウムを含むこの石は、ジルコニウムとアルミニウム、チタニウムが複雑に絡まって生まれた鉱石だ。

興味深いことに、カーメルタザイトの化学組成は1969年2月8日にメキシコに落下したアエンデ隕石によく似ている。この鉱石が生まれたのは今から6500万年前のことと推定されている。

カーメルタザイトやその母体であるコランダムは、地表から約30キロメートルの深部にあるマントル層で形成されたものだ。地下の高熱と非常に高い圧力を受けて、岩が液状化し、新たな種類の鉱石が生まれた。その後、カーメルタザイトを含むコランダムは、火山活動の影響を受けて地表近くまで押し上げられてきた。

カーメルタザイトは、火山岩のなかに埋まった状態で発見された。大きなブルーサファイアに似たメタリックな輝きを放つ、ほとんど黒に近いグリーンの石として見つかったという。これまで見つかったなかで最大のカーメルタザイトは、33.3カラットのものだ。

採掘企業のShefa Yamimは、この石を「カーメル・サファイア」という名で市場に送り出そうとしている。現状では今後どの程度のボリュームのカーメルタザイトが採掘可能であるかは定かではないが、Shefa Yamimはカルメル山の火山岩の中から、さらにこの鉱石を採掘可能だと考えている。


zzzzz la ラピスペンダントトップ1(百合紋章フレア)全長81×横57×厚12mm 重さ35.3g


青色がラピスラズリ・青金玉とよく似ているが、世界各地で産出されるラピスは安くなった 

元は岩石で、同じ鉱石なのに、ダイヤモンド、プラチナ、エメラルド、サファイアと稀少性の輝きで高値を付ける

イシコロには、画像の収蔵品ラピスの方が深みがあり、賞玩に値して美しい

ニンゲンはどうしてこんなに欲張りで愚かな生物なんだろう



宝石の価値は一般的に、その鉱石の稀少性を反映するものだ。カーメルタザイトが将来的に、ダイヤモンドよりも高値で取引される可能性もある。




スポンサーサイト

▲PageTop

教師による性暴力を助長する要因

時事評論

DSCN1578 (2)




 教師による性暴力を助長する要因


 20190118 性被害の実相とメディア報道の違和感


 イシコロが、高校38年・大学10年で観た現場の実態 



県教育委員会・青少年対策課長として3年間指揮を執った


教え子の憧れと教師の思い込みが誤解を招く

48年観察してきて、人気教師とは、イケメンとは限らない

人間力・教育力・包容力=授業が楽しくよくわかる

面倒見がいい、相談に乗ってくれる、が犠牲者になりやすい

人気がない、イケメンの方が加害者になりやすい


独占願望のJKに言い寄られたら男は断れない

女・雌の性的成長は雄より早くフェロモンを放出し

本能的・無意識に雄を誘い、秩序本位の法律と逆行する

年齢を問わず、男女の恋愛感情は永遠の課題である


スマホ・SNS文明の利器により秘密保持が容易になる

18歳未満の少年への淫行は県条例で処罰される

知ってはいても止められないで発展する

ふたりの秘密で訴えられない、安易な判断も原因


DSCN1581 (2)



 女子高校生のヨウコが性暴力の被害を受けたのは、九州の地方都市にある高校の寮。相手は、生徒を守るはずの男性教諭だった。

 勉強に専念するために寮に入った。宿直当番で定期的に泊まり込む男性教諭は、悩みを相談するほどの仲。クラス担任でも、自分の部活動の指導者でもなかったが、スポーツで日焼けした壮年の男は面白く、友達のように話しやすかった。

 ある晩、寮生の女子2人と宿直室に遊びに行ったときのこと。眠くなって友人と横になると、周りに分からないように教諭から体を触られた。どうしていいか分からず、寝たふりを続けた。

 いったん部屋に戻ったものの、「なぜそんなことをしたのか」聞くため、1人で宿直室に戻った。信用していた教諭からいきなり抱きつかれ、キスされた。

 「おまえのことが気になってたよ」「男はこうしたら喜ぶんだぞ」。体が硬直して払いのけられず、わいせつな行為をされた。

 以来、毎週のように、深夜に部屋を訪ねられ、耳元でこう言われた。「宿直室に来なさい」

   ■    ■

 ヨウコには彼氏がおり、教諭に対する恋愛感情はなかった。それでも被害を言い出せなかったという。

 恋人に対する罪悪感から、呼び出しに応じなかったとき。「何で来なかったんだ」と翌朝とがめられると、反射的に「ごめんなさい」と謝っていた。「2人だけの秘密だぞ」。この言葉にも縛られた。

 学校推薦での大学進学を目指しており、表沙汰になれば内申書に影響するのではないかという不安もあった。「(最初に)自分で宿直室まで行っているから『あんたも悪い』『誘ったんでしょ』と責められると思っていた。家族にも絶対に知られたくなかった」

 性暴力の被害が続くうちに、頭がぼーっとし、吐き気が止まらなくなった。何度も授業中に保健室に運ばれたが、養護教諭には「具合が悪い」と言うのが精いっぱい。苦しみが澱(おり)のようにたまっていった。

 教諭の要求はエスカレートし、「校舎内でもしような」などと言われるように。異変に気付いた寮の友人に諭され、「やめてください」と言えたのは、半年後のことだった。

   ■    ■

 ヨウコは今、30代になった。「『おまえも興味あるだろう』って、被害者意識を持たせないように上手にやられたと思う」と当時を振り返る。先生と生徒という関係の中で、正常な判断ができなかったのかもしれない。「泣きながら無理やりされたわけじゃないから、先生が100パーセント悪いと思えなかった」。結局、被害は公にならなかった。

 「幼少時から教師の言うことを聞くように刷り込まれた子どもたちは簡単に拒絶できない」。そう指摘するのは、教師による子どもへの性被害に詳しい中京大法科大学院の柳本祐加子教授(子どもの権利論)。「力関係を背景に、成長段階で芽生える自然な性への関心を利用されるケースも目立つ」と話す。

 男性教諭は勤務を続け、管理職に就いている。取材に対しその行為を認め、「申し訳ない」と話した。

   ◇    ◇

00 s 真柏 「飛龍」 推定年齢1000以上 最後の銘木「飛龍」


 「性暴力の実相」と、学校現場での被害を取沙汰されるが真相は藪の中だ。

 青少年育成と保護の対策は不可欠だが、最近は「JKお散歩」の時代でもある。
女性・JKが被害者とは限らない。それでも、男の被害者は記事にはならない國だ。


 ■教師による性暴力の影響

 学校での性暴力に詳しい大妻女子大人間生活文化研究所の徳永恭子研究員によると、教師からの性被害は児童生徒の心身を深く傷つけるだけでなく、大人への不信感を植え付ける。学校に対する安全意識が崩れて不登校になる場合も多い。「子どもたちはよく理解できないまま自分を責め、混乱の中で被害が長期化する傾向にある」という。2011年に東京都の教職員277人に行った調査では、「教え子とメールや携帯で性的な話題をすることはセクハラ」と回答したのは7割にとどまった。



▲PageTop

衰退の美 誕生の美 萬暦赤絵

書画・骨董

s-石井不老 備前塁座耳壺 萬暦赤絵尊




 まぼろしの萬暦赤絵 20120310


 人は、生まれ、よろこび、苦しみ、そして死す

確か、ラテン語購読の講義で出逢った表現だったと思う。

芸術家も数寄者も骨董・古美術に衰退の美を見出そうとする。

老人もまたふるきよきいにしえを偲び、誕生と衰退のアンビバレンスに陥る。
 



            
  雲鶴山房主人 「イシコロ歳時記 アーカイブ」より


 平成十年 戊寅 正月幕の内匆々、吉報が舞い込んだ。日頃から懇意にしている骨董屋の主人からである。数年前に頼んでおいた中国明時代の萬暦五彩赤絵の古陶磁硯が手に入ったというのである。茶人や古美術愛好家であれば、萬暦赤絵なるものがどれほど希少価値があり、珍重され、垂涎の品であるか。私の胸は、童子のように弾んだ。

 この赤絵は明時代の萬暦年間(一五七三~一六一九)に官窯(御用窯)の萬暦窯で作られた。この時代は明朝末期に当たり、治世が乱れ、その影響はやきものにも反映して、土の素地も絵付けも粗くなり、乱雑なものが多くなる。王朝の衰退と共に退廃的な末期症状が現れる。ところがどういうわけか日本では、「綺麗寂」などと言って、特に茶の湯の世界で珍重され萬暦赤絵の名を高めた。


a 萬暦赤絵 五彩龍鳳獅子文 尊


 「どんな形をしてますか?」
 「楕円形で手のひらに乗るサイズです」
 「色は何色ありますか?」
 「赤、青、緑、黄と地肌の白で五色です」
 「裏の年代銘は?」
 「大明萬暦年製と青黒い染付で書いてあります。兎に角、一度来てご自分の目で確かめてください」

 息を弾ませながら矢継ぎ早に質問を浴びせた。いつもの癖で、矢も盾もたまらず翔んでいきたい気持だったが、所要時間を考えて、はやる気持ちを抑えた。

 受話器を置いてしばらくすると、骨董屋があるS市に同じ職場のIさんが帰省していることを思い出した。早速電話で、代理人として陶硯を預かってきていただけないかと哀願した。快く承諾してくれたものの、Iさんにとっては、正月匆々誠に迷惑千万な話であったろうと羞じている。待望悲願の骨董となるともう駄目である。胸がときめき心が浮いてなにも手につかずなりふり構わぬ行動に出てしまう。このときばかりは自慢の堪え性がなくなってしまう。困ったものだ。

 私は、衰退の美、枯淡の境にあくがれて骨董の世界に足を踏み込んだのではなかろうかと自問するときがある。
 「その姿 いとど花王の 徳あれど やがて散りぬる 牡丹ぞあはれ」
 十数年前、今を盛りと咲く牡丹の花を見て、戯れに詠んだことを思い出した。

 萬暦赤絵は散りゆく牡丹のあでやかさに似ている。膨大な富を築き上げた世界各地のいにしへの王朝は、栄枯盛衰を繰り返しつつ、やがては滅びてしまう。

 純粋な理性だけで、世の中の根本的問題を解決しようとすれば、二律背反に陥る、とカントは指摘した。
 堅実で、清廉な治世の存続を望みつつも、国民自らが愚民と化して、ソドムとゴモラの都市のごとく、虚飾、退廃、投げやり、人間不信そして、転落への道を辿る。この二律背反は、時代を、王朝を問わず、史実として哀しい宿命を背負っている。

 滅びゆく「まほろば」の落とし子に、自らの境涯を写し、憐憫と測隠の情に駆られ、魅せられていく。そんなやきものが萬暦赤絵である。

 志賀直哉も梅原龍三郎もこの赤絵をこよなく愛した。志賀の萬暦は、自作の短編の中であまりにも高価すぎて、手が届かず、二度とも外国産の珍種の犬に化けてしまう。梅原の花瓶は、民芸運動の柳宗悦がその真贋を疑うが、薔薇の花とともに、油彩の代表作として遺っている。


a 萬暦赤絵 五彩瀧文長方合子


 翌日、Iさんが話題の陶硯を届けてくれた。一目してあやしいと思ったが、もし本物なら、みんなで長崎の高級料亭を梯子して回れるよ、と虚勢を張ったりしながら、新春らしい華やいだ会話が弾んだ。仕事始めの日であった。年末年始の九日間の休暇も手伝って、ひどく長い一日に感じられた。

 退庁の挨拶もそこそこに帰宅するとすぐに、図鑑や図録、数少ない手持ちの古伊万里の赤絵などを引っ張りだして、作られた國と時代の鑑定に取り掛かった。

 萬暦赤絵は、有田・伊万里を中心とした肥前赤絵の手本とされたために、古くから模倣作が多く、京都や加賀の九谷などで大正時代から昭和戦前に作られたと思われるものが数多く出回っている。古陶磁に明るくない人は、裏面に「大明萬暦年製」と年号銘が書いてあれば本物だと思い込んでしまう。これは、現代のやきものにも「大明成化年製」と入れてあるのと同じように、実際の製作年号ではなく「文様」と考えねばならない。

 鑑定の結果は、予想したとおり「贋物」であった。和製萬暦であった。それにしても、龍や鳳凰の稚拙な描き方といい、古色を帯びた色彩といいよく似せたものである。江戸時代後期作の風格は漂っていたのだが。ただ、色合いが微妙に違っていたし、龍の五爪と尻尾の描き方が決定的であった。

 かくして、今回の騒動も「まぼろし」に終わった。二日間の、甘美にして阿片のような萬暦の呪縛から開放されたのである。
 「富はむなしい」と理性では知りつつも、ついつい、いにしえの「ゆたかなる富」に魅せられてしまう、この自己矛盾に翻弄される私の胸の内が観えてくる。

 「やっぱい、美術館や博物館の外に、本物の萬暦のあるはずはなか。そろそろ骨董ば止めんば」照れかくしに言うと、かみさんは、どうだかという顔をして、モナリザのように笑った。

  (平成十年一月七日 萬暦赤絵のため迷惑をかけたI氏に捧ぐ) 



 

▲PageTop

『愛のままで』 歌詞の深みと秋元順子の歌唱力

余白の人生

zzzzz la ラピスラズリ リング 18k指輪 aemtjewelry_kf5858 86400



 『愛のままで』 歌詞の深み

 & 秋元順子の歌唱力




新年に結婚生活47周年を迎える。

モナリザの小さなプラチナの婚約指輪を取り出してみた。

10年ぶりに、二人で『愛のままで』をネットで聞いてみた。

歌詞の深みと秋元順子の歌唱力に感動した。


この世は、私に連続する偶然(と凡人は勘違いしている)の世界、が興味深い。

三島由紀夫の言う、この世は必然性で成り立つ運命の世界をわかっていたのだろうか。




zzzzz la ラピス 【碌山】ラピスラズリとシードパールのリング 11880


作詞・作曲の花岡優平は、20年以上寄り添った家族と別れ再婚したばかりで、こんどこそ愛し抜きたい。愛し抜く。その気持ちを言葉にしていくしかないと、自分の「今」を詞にしょうと腹を決め、布多天神社脇の並木道から野川の上流に続く散歩コースで『愛のままで…』を作り上げたそうだ。




zzzzz la ラピスペンダントトップ1(百合紋章フレア)全長81×横57×厚12mm 重さ35.3g



  愛のままで


小鳥たちは 何を騒ぐの
甘い果実が 欲しいのですか

他人(だれ)かと比較(くら)べる幸せなんて いらない
あなたの視線が 愛(いと)しくあれば…

あぁ この世に生まれ 巡り逢う奇跡
すべての偶然が あなたへとつづく

そう 生きてる限り ときめきをなげかけて
愛が愛のままで 終わるように…


過ぎた日々を 飾ることより
あなたと生きる これからの時間(きせつ)

後から感じる幸せよりも 今は
糸ひくような 接吻(くちづけ)しましょう


あぁ 生きてる意味を 求めたりしない
ただ あなたの愛に つつまれながら

そう キャンドルの灯(ひ)が いつか消える時まで
愛が愛のままで つづくように…


あぁ この世に生まれ 巡り逢う奇跡
すべての偶然が あなたへとつづく

そう 生きてる限り ときめきをなげかけて
愛が愛のままで 終わるように…




▲PageTop

50年前の断崖絶壁の黒松 誕生記念に自採掘

余白の人生

DSCN1578 (2)





50年前の断崖絶壁の黒松 

息子の誕生記念に自採掘




DSCN1581 (2)



 20190116 厳寒の晴天に猪里郷へ 250歳の黒松に遭遇  


若い時は、箱庭趣味の盆栽や植木にあまり興味はなかった

巨木・古老木、老梅・老松は観賞の対象として別物である

加齢とともに、何百何千年を生き延びた樹木に惹かれる


00 s 真柏e(しんぱく)


苔むした老木、表面が白骨化しても命ある古木に圧倒される

高山の七合目までたどり着いた我が身を重ねて観ているのか


00 b 盆栽盗難 h80 w70 真柏


千年以上の樹齢を超える屋久杉、楠、イチョウ、桜、梅

まだまだ息づいて、花を咲かせ、実を結び命のリレーを続ける


00 s 真柏 「飛龍」 推定年齢1000以上 最後の銘木「飛龍」


生と死を同時に演出する二色の妙技は、真柏には敵わない


DSCN1595 (2)


盆栽を自分で造ることはできないので、白骨化した小枝を見つけた

茶花の投げ入れの心得で、青木の広葉と赤い実、深紅・桃色の椿


DSCN1591 (2)


黄葉をチラホラ遺した早春のアオモジの蕾を添えて設えてみた

今日の厳寒6℃の山景色を切り取った、にわか作りの光景を模した


DSCN1596 (2)


ぼくにできるのは、その日採れた有り合わせの即席技だが、モナリザが褒めてくれた



DSCN1581 (2)


猪里郷の水口翁87歳が50年前に自採りした黒松を観せてもらった


DSCN1582 (2)


波佐見にまたがる自家の山林7町の断崖絶壁頂上から採掘し、

弟さんと二人で半世紀前にやっとの思いで持ち帰り庭に植樹


DSCN1583 (2)


ご先祖からの語り伝えで、自生200+植樹50年はあるそうだ

幹の風格、七段の棚、青々と茂る針葉の黒松、見事であった

無名の一農業人の家族の歴史と功績に感激してしまった




▲PageTop

Menu

プロフィール

イシコロおじさん

Author:イシコロおじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

<カレンダー>

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

アクセスカウンター