FC2ブログ

一生一石

愛犬とイシコロのお話

カレッジリング 『クリムゾン・タイド』

忘れえぬ光景

zzzz r カレッジリング 『クリムゾン・タイド』




 『クリムゾン・タイド』



zzzz r カレッジリング 『クリムゾン・タイド』 14TH NATIONAL CHAMPIONSHIP



『クリムゾン・タイド』 (Crimson Tide) は、トニー・スコット監督が1995年に製作した映画。タイトルの直訳は「深紅の潮流」だが、「クリムゾンタイド」は舞台となる潜水艦と同じ名を持つアラバマ大学フットボールチームの愛称である。


冷戦後の世界を背景に、ロシアでおきた叛乱にそなえて出港した弾道ミサイル原子力潜水艦を舞台とする潜水艦映画。エリートと叩き上げの対立、白人と黒人の相克、「見えない敵」との頭脳戦、外界と限られた接触しかない特殊な環境、これら潜水艦映画の伝統的なプロットを踏まえつつ、ほとんど一般に知られることのない、現代の弾道ミサイル原潜内での日常、演習、ミサイル発射手順の細部の描写の積み重ねを踏まえて、究極の破壊力の行使をめぐる緊迫したドラマが展開される。

アカデミー賞(1995年) - 音響効果賞、音響賞、編集賞(すべてノミネートのみ)

MTVムービー・アワード(1996年) - デンゼル・ワシントン(男優賞ノミネート)


zzzz ro ミリタリーカレッジリング US ARMY ルビー [ シルバー 17号 ]-2



 あらすじ


ロシアでチェチェン紛争をきっかけに超国家主義者ウラジーミル・ラドチェンコ率いる反乱が勃発。反乱軍は大陸間弾道ミサイルを発射できる基地など大兵力を自らの手におさめ、自らの要求が応じられなければ日米を核攻撃すると脅迫。これに対しアメリカ政府は、オハイオ級原子力潜水艦「アラバマ」を出撃させることを決定した。


zzzz r ラージモデル5006型


「アラバマ」の艦長で、実戦経験豊富な叩き上げのラムジー大佐は、ハーバード大学卒のエリートにしてアフリカ系のエスニシティのハンター少佐を新たな副長に迎え、出港する。たたき上げの自負があり自信過剰のラムジーは軍規を無視し艦内にペットの犬を持ち込み、艦内で放尿させるなどやりたい放題であったが、乗員は見て見ぬふりをせざるを得なかった。だが、艦内火災の際に演習を継続しようとする訓練方針の違い、火災の際に死亡したハンターと同じエスニシティの乗員への扱いなどをめぐって両者は対立し、危機にストレスを感じる乗員たちへの対処の食い違いなどから両者の溝は徐々に深まってゆく。


zzzz r カレッジリング 『クリムゾン・タイド』 2010 National Championship


出港から6日目。北太平洋を哨戒中の「アラバマ」に指令が届く。—— 叛乱軍が弾道ミサイルに燃料注入を開始、発射を阻止すべく先制攻撃を加えよ、と。発射準備に忙殺されるアラバマに、叛乱軍の攻撃型潜水艦が迫る。デコイ(囮魚雷)の放出により魚雷攻撃を間一髪で回避するものの、フローティング・アンテナのウィンチが損傷し、受信しつつあった新たな指令が中断してしまう。途中まで印刷された指令文の解釈をめぐり、核ミサイル攻撃の準備を続行すべきだとするラムジーと、指令を再確認するまで攻撃を待つべきだとするハンター。


zzzz r ハーバード大学歯学部カレッジリング


2人の対立はついに頂点に達する。ラムジーは副長の意見を容れずにミサイルを発射しようとする。しかしながらSLBMの発射には証人となる士官の前での艦長と副長両者の承認が必要であり、これは軍規違反となる。そこでラムジーはハンターを命令不服従として解任しようとする。しかしながらハンターは逆に艦長のラムジーを軍法違反で拘束するように部下に命令を出す。二人の上官から相反する命令を受け役割葛藤に当惑するウォルターズ先任伍長であったが、結局ハンターの主張が法理論上適切であると判断し、ハンターの命に従う。

しかし、引き続く叛乱軍潜水艦の魚雷攻撃に「アラバマ」は死傷者を出し、艦前部隔壁のブロー装置が機能せず、かつ浸水により浮力を失いあわや沈没の危機にさらされる。沈没はぎりぎりで避けられたものの、動揺した一部の士官たちはラムジーに唆されて武器庫を開けて武装し、艦長室に拘禁された艦長を救い出し、ラムジーがこんどは指揮権を回復し、これまでの状況を反乱と断定し、ハンターを拘束する。そして核ミサイル攻撃を敢行しようとする。常日頃リベラルな態度を装うラムジーであったが、ことに及んで馬に準え、ハンターに対する人種差別的な隠喩を含む発言に至り、両者の関係は険悪になる。


zzzz ro ミリタリーカレッジリング US ARMY ルビー [ シルバー 17号 ]


ラムジーとハンターの相反する対応は、海軍の規定上どちらも間違ってはいなかった。軍司令部よりのSLBM発射の命令は適切な手順を踏んでおり、これを中止するには同様の暗号による照合を経た命令を受けなければならない。この命令を受けていない状態では、先の命令をそのまま遂行することを指示したラムジーの指示は適切である。これに対し、発射命令の後、何らかの指示を含む暗号電報が発せられ、不完全な状態で受信した場合、確認のための措置を取ることは適切であるのでハンターの指示も正しいことになる。


zzzz r フィリップカレッジリング Philip College Ring Inc


ソ連の反乱軍の原潜の執拗な魚雷攻撃に悩まされ確認作業は困難を極めた。 もしミサイル攻撃が手遅れになれば、報復なしに大量の米国市民を無為に死なせることになる。反対に、もし攻撃指令が撤回されていたのであれば、ミサイル攻撃はロシア側の報復攻撃を呼び、最終戦争の引き金となる。ミサイル攻撃遂行か、指令の再確認か、外部との連絡が取れない艦内はふたつに割れて対立するのだったが結局、通信装置が直り、完全な形で命令を受けることが可能になった。命令はSLBMの発射を中止するように求めたものであった。すなわちハンターの措置は正しかったことになる。

しかしながら海軍の査問委員会では兵学校での同期の判事によってラムジーに対する温情措置が求められ、名誉退役処分で事が収まった。完全には納得がいかないハンターではあったが、ラムジーが自分を次期艦長に推薦してくれたので矛を収め、一件落着した。 今回の事例は海軍の軍令に大きな禍根を残し、現在ではSLBM発射についての最終命令は大統領にのみ決定権が委ねられることになったとテロップが流れ、物語はめでたく大団円を迎えることになる。




スポンサーサイト

▲PageTop

清朝 康煕墨地素三彩 青手古九谷様式の元祖

やきもの

s-0 c 素三彩 康煕 黒地素三彩c 墨地素三彩四季花鳥瓷方瓶 国立故宮博物院



 清朝 康煕墨地素三彩

墨地素三彩四季花鳥瓷方瓶
清 康煕年間 國立台北故宮博物院蔵
高さ51.2cm 深さ49.8cm 口径15.1cm


方形の瓶で口は丸く外に広がっており、首は長く、肩は平らでやや下方へ傾斜している。長い筒型の胴、平らな底部を持つ。全体に上部が丸く下部が四角い形状は、古代の礼器である琮式瓶の持つ、天は丸く大地は四角いという造形の概念から取られている。底部には透明釉の下に施された楷書による「大清康熙年製」の款が入っている。字体は自由気ままな趣がある。康熙年間に民間の窯で制作された作品である。

器の内部には白釉が掛けられている。高温で素焼きした後、釉を掛ける前の外壁上に墨による線の輪郭、点描による文様の輪郭などを施し、さらに輪郭内部に緑の葉、黄色や紫色による夏のハス、秋の菊、芙蓉など四季折々の花を描いた。素焼きの余白には梅の花、蝶、小鳥などを配している。花びらや葉の色彩は明暗、濃淡がはっきりし、文様に立体感をもたらしている。この後、文様に触れないよう細心の注意を払いながら墨を入れ、さらに透明の透明乳白鉛釉を掛ける。このような、高温による素焼きの上から低温の鉛釉を掛けた作品は康熙年間における素三彩の特色である。

素三彩は、釉の色は主に黄、緑、紫、白が用いられるが、紅色、藍色が加わることもある。釉彩を直接、素焼きの上に掛けることから「素三彩」と呼ばれるようになったと思われる。墨彩は康熙年間に創作された製造方法で、濃厚な漆黒の輝きは個性的である。ヨーロッパに多く輸出された影響で、現存する作品の数は多くない。当時、ヨーロッパでも漆器が珍重されたと思われる。

この文物の収蔵番号は「中日瓷」となっている。これは、戦後の民國三十九年(1950)に日本側から台湾へ返された文物の一つであることによる。




 清朝 康煕墨地素三彩


0 c 素三彩 清康煕 黒地素三彩 鳳紋大磁皿 198,000円 高7.5 径41 底径26 cm


私の審美眼・賞玩に値する焼物の一つが、清朝 康煕年間に製造された墨地素三彩である。

この素三彩の製法を模倣(継承した?)した、日本の古九谷手、古伊万里手が群を抜いて美しく、今なお賞玩に値するからだろうか。



0 c 素三彩 康煕 黒地素三彩


0 c 素三彩 清康煕 素三彩鵲登梅双龍耳扁壺b 高35 胴径22cm 26000ins


0 c 素三彩 清康煕 素三彩鵲登梅双龍耳扁壺c 高35 胴径22cm 26000ins


0 c 素三彩瓷板梅花鹿図挂屏・素三彩松下鹿瓷板掛屏 横28.5cm 縦47.5cm 厚さ2.5cm


0 c 素三彩瓷板梅花鹿図挂屏・素三彩松下鹿瓷板掛屏b 横28.5cm 縦47.5cm 厚さ2.5cm


DSCN9423 (2)



0 c 素三彩 清康煕素三彩 黒地素三彩 花鳥紋磁瓶 h25 w11.5 cm 182,000ins


0 c 素三彩 清康煕素三彩 黒地素三彩a 花鳥紋磁瓶 h25 w11.5 cm 182,000ins


 日本陶磁器と海外の影響

文禄元年 1592 秀吉朝鮮に出兵(文禄の役)
慶長2年 1597 秀吉再び朝鮮に出兵(慶長の役)鍋島直茂陶工を連れて帰国
慶長5年 1600 オランダ東インド会社設立:リーフデ号豊後に漂着
慶長8年 1603 家康江戸幕府を開く:1605頃加藤景延肥前式の連房登窯を元屋敷に導入
慶長14年 1609 オランダ東インド会社(V.O.C):平戸に商館を開設~1641
元和元年 1615 大阪夏の陣豊臣氏滅ぶ:この頃有田西部で磁器焼成始まる
寛永元年 1624 この頃鍋島忠茂「せいじの今焼茶碗」を皿山に注文する
寛永12年 1635 山本神右衛門 有田・伊万里・川古・三郷の行政官に就任
寛永14年 1637 有田・伊万里地区の窯場を13ヶ所に整理統合 磁器のみを焼成する。
寛永15/16 1638/9 松江茂頼「毛吹草」に伊万里焼(15)鹿苑寺鳳林承章「隔冥記」(16)
寛永18 1641 オランダ商館平戸から長崎へ:この頃鎖国体制が完成する
正保元年 1644 清の中国支配始まり景徳鎮の生産出荷減少
正保3年 1646 有田皿山販売不振により存続の危機:山本神右衛門皿山改革案提出
正保4年 1647 山本神右衛門初代皿山代官就任:この頃中国磁器技術導入
酒井田家文書に長崎の中国人により赤絵付の技術を学び赤絵成功

慶安3年 1650 オランダ商船により有田磁器176個が海外へ:オランダ船による輸入なくなる
承応元年 1652 「隔冥記」に「今利錦手鉢」の記述
承応2年 1653 「承応弐載」紀年銘伝世品:「万小物成方算用帳」窯場増:オランダ有田焼輸出
明暦2年 1656 後藤才二郎により古九谷窯このころ開窯
明暦3年 1657 江戸明暦大火焼失大聖寺藩邸跡出土品:仁清色絵かつま文香炉万冶元年
明暦4年 1658 この頃有田にて金銀彩焼付完成

康煕帝は中国清朝第4代皇帝(在位1661~1722年)




▲PageTop

青手古九谷 吉田屋窯

やきもの

DSCN9423 (2)





 青手古九谷 吉田屋窯



kokutani 20130113kokutani08


青、緑、黄などの濃色を多用した華麗な色遣いと大胆な図柄が特色の「青手(あおで)」と呼ばれる古九谷(こくたに)は、現代色絵に関心の薄いイシコロの審美眼をくすぐるものがある。

1600年代中期に花開いた色鮮やかな色彩の磁器は、多くの人を魅了したが、50年ほどで姿を消してしまった。一説によれば、色絵の本家である古伊万里の隆盛に圧倒されたのかもしれない。

当時は、海外との貿易において、長崎に近い伊万里が地理的にも技術的にも(秀吉が朝鮮出兵で多くの陶工たちを連れ帰った)条件がよかった。

東インド会社を通して海外に数多く輸出された色絵古伊万里の影響を受けた証は古九谷に数多く残っている。

古九谷は伊万里で焼かれたものであるという説が有力である。作品によっては、古伊万里なのか加賀の古九谷なのか専門家でも判別できないものがある。

このことは、下記の図録(東京国立博物館)がある程度説明しているが、吉田屋以前の古九谷については謎が残る。


kokutani 26ab57kokutani 26aefdb290f


kokutani f5196d3d29kokutani f5268dd70bb
 

kokutani b9365848
kokutani b941f6abad477


この色絵磁器を再興しようと豪商、豊田(吉田屋)伝右衛門が1824年に開いたのが吉田屋窯だった。吉田屋は代々大聖寺の豪商として知られた町柄町人で、大聖寺藩に多額の献金をし、名字帯刀を許され、豊田の姓を賜っていた。この四代 伝右衛門は、かつて素晴らしい焼物を焼いていた古九谷を復活させたいと、九谷の聖地である九谷古窯跡の横に窯をつくった。

わずか7年間光芒を放った後、吉田屋窯は廃窯したが作品は今なお、色絵磁器の宝石と讃えられている。

古九谷は特徴によって、「祥瑞手(しょんずいで)」、「五彩手(ごさいで)」、「青手(あおで)」などに分類される。「祥瑞手」は赤の輪郭線を用い、赤、黄、緑などの明るい色調で文様を描いたもの。「五彩手」は黒の輪郭線を用い、青、黄、緑、紫などの濃色で文様を描いた。

吉田屋伝右衛門が目指した九谷焼は古九谷の中でも、「青手」で青、黄、緑、紫などの濃彩で余白なく塗りつぶした様式のもので、絵も江戸後期としては非常に珍しく大胆な意匠。手作り、手描きの手間ひまを惜しまないものであった。

吉田屋伝右衛門が再興に心血を注ぎ、愛した青手九谷は、モチーフを強調する大胆な構図、厚く盛り上げられた濃厚な色彩の上絵の具、その下にびっしりと描き込まれた地文が、作品に躍動感を与え、古九谷様式の魅力を称えている。

深みのある色彩や、生命力あふれる力強いデザインは圧倒的と言える。今もその輝きを失わず、伝右衛門のほとばしるような情熱が伝わってくる。



kokutani 色絵酒宴図大平鉢 伊万里 古九谷様式 17C

kokutani 色絵牡丹文大皿 伊万里 古九谷様式 17C

kokutanai 吉田屋 20130113kokutani01



▲PageTop

日本春蘭と中國寒蘭

文学・芸術

zzz shun 日本春蘭 「黒崎萬字」




 日本春蘭と中國寒蘭


zzz shun 日本春蘭 「歌麿」



 20181117


zzz shun 日本春蘭 「女雛」


香り、優美、立ち姿の三拍子揃った日本寒蘭が咲き終わると、

こころは、早春の春蘭開花が待ち遠しい


zzz shun 日本春蘭 春蘭「紫紅梅」


一年中、茶花・山野草に囲まれて暮らしているからだろう


zzz shun 風尾蘭


中國の古典文人書画・蘭竹図には、寒蘭はほとんど登場しない。


zzz ran 兰竹石图之二 Hankyou


極寒の大陸気候のなかで、春を待つ春蘭を愛でるのも肯ける

気候風土による国民性、民族性がよく表れている


zzz shun 春剣


竹石の構図に重きを置く中國絵画では、岩石に這いつくばる丈の低い

春蘭しか似合わないのだろう


zzz shun 老文団素


日本春蘭は、寒蘭の優雅さに似せて品種改良した色とりどりの

交配種がでまわっているが、楚々とした春蘭には迷惑な話だ


zzz shun 日本春蘭 「歌麿」


天然の春蘭は、草と同じ緑色で現在では山奥で捜しても見つからない


zzz shun 日本春蘭 「紅寿丸 」


目立つ色彩、人工の品種改良の珍種は、時の高値だけですぐ飽きが来る

老子曰く、「曲則全」…曲なれば則ち、命を全うできる

文明の進化、資本主義経済の終焉、欲深なニンゲンの姿と同じだ


zzz shun 日本春蘭 「紅榴」


「有名になることは、醜いことだ」 … パステルナーク

すぐに盗掘され、刈り取られ、美味しい水も涸渇し、命を全うできない

無名の中に、真実が潜んでいる、ことも知らずに




▲PageTop

中國水晶寒蘭 花弁の透明度が日本寒蘭に勝る

雑学曼陀羅

2016 00 寒蘭 水晶寒蘭 『円空』1 2014日中水晶寒蘭連合会賞大賞・全国水晶寒蘭展覧会賞大賞1

寒蘭の師匠、サングリーンきむら社長によれば、

中國水晶寒蘭は、すべてが日本寒蘭を凌ぐということだ

透き通った花弁の色あい・透明度を観たら、肯ける





 全国水晶寒蘭展覧会賞大賞



2016 00 寒蘭 水晶寒蘭 『天空橋』日中水晶寒蘭連合会賞大賞・全国水晶寒蘭展覧会賞大賞



 日中水晶寒蘭連合会賞大賞




2016 00 寒蘭 水晶寒蘭 『円空』2014日中水晶寒蘭連合会賞大賞・全国水晶寒蘭展覧会賞大賞1


2016 00 寒蘭 水晶寒蘭 『花果山』1(かかざん)


2016 00 寒蘭 水晶寒蘭 『紫金城』2013日中水晶寒蘭連合会賞大賞・全国水晶寒蘭展覧会賞大賞


2016 00 寒蘭 水晶寒蘭 『晴耕雨読』1(せいこううどく)


2016 00 寒蘭 水晶寒蘭 『桃色吐息』2


2016 00 寒蘭 水晶寒蘭 『楼蘭』(ろうらん)2013日中水晶寒蘭連合会特別賞


2016 00 寒蘭 水晶寒蘭 1『麗風』(れいふう)


  

▲PageTop

Menu

プロフィール

イシコロおじさん

Author:イシコロおじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

<カレンダー>

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

アクセスカウンター