一生一石

愛犬とイシコロのお話

2017 波佐見高校 夏の甲子園出場3回目

忘れえぬ光景

0 aa h高校野球長崎大会1 波佐見4―2清峰





 波佐見高校県大会優勝

 夏の甲子園出場3回目




0 aa h高校野球長崎大会 波佐見4―2清峰



 20170723


波佐見高校の決勝戦をテレビ観戦で応援、延長10回で優勝した。

当時の出場決定後に、未体験の目まぐるしい秒単位の校長の役割を思い出した。

波佐見町、県知事、県教委、関係諸機関への報告とお礼のあいさつ廻り、マスコミ対応。。

外部の後援会、校内実行委員会の立ち上げ、寄付金集めの諸準備、各団体への寄付集め。

予期せぬ同時進行多発テロのようなパニック状態になったことを覚えている。

歓びと興奮とパニックが一度に蘇り、久々に全身の細胞が戦慄してしまった。

人間はおもしろい。対応できない試行錯誤によって学習しながら次からモノに動じないたくましさを身につけていく。

それまでの人生にも、逆境や壁に何度かぶち当たったことがあったが、直接体験は諦観と免疫を蓄積しながらアウフヘーベン(独;aufheben :止揚)し、人生をゆたかにするものである。




0 aa h高校野球長崎大会2 波佐見4―2清峰



 公開されなかったイシコロモノローグ


このたびの3度目の夏の甲子園出場おめでとうございます。

平成23年 3月 第83回春のセンバツ高等学校野球大会出場 とは別格扱いのようです。

平成13年(2001年)8月 全国高等学校野球選手権長崎県大会優勝,甲子園出場(2回目)から16年が経過したのですね。
県教委・生涯学習課参事から校長としてはじめて赴任して3年目のことでした。

正直言って、文学部出身の我が身にとりまして興味関心の薄い野球でしたが、野球への異常なほど関心の強い日本人?が多い中で、外人部隊とは無縁の地元出身のけがれなき素人部員で構成する公立高校の校長として甲子園に行けたことは、今ではなつかしい思い出となっています。同じ志で信頼してくれた故・得永監督には感謝しています。


0 aa h高校野球長崎大会3 波佐見4―2清峰


学校は教職員のためではなく、生徒・地域のためにあり、地域に愛され、信頼され、ともに発展する学校づくりを経営方針・信条として実践してきた教育への執念は今も変わりません。とはいうものの、現在はじょぼたれた無力な老人ですがね。

今は知りませんが、当時は県下でも指折りの組合色の強い学校でしたから、学校改革に対する反発も大きく、いろいろと足をすくわれたこともありました。

学校・公務員集団は、内部改革をしなければ反発も少なく無事に退職を迎えることはできます。定年後、長崎外大の私学の専任教授を経験して正義感の強い激しい気性も消え失せてのんびりと悠々自適の下り坂を転がっています。




0 aa h高校野球長崎大会4 波佐見4―2清峰


  【甲子園出場校長 十戒】


☆ 以前、小浜高校が甲子園出場した時に、校長の戦略・決断がなかったために、集めた募金の金銭管理(使途不明・飲食い使用)で問題発生した。

☆ 平成13年の県北事務長会で、波佐見高校の丹野事務長を中心に、それまで各公立高校バラバラで、事務長さんたちも悩みの種だった、後援会の立ち上げから募金の管理まで波佐見高校を模範とした「クラブ募金取り扱い心得」を作成し県下の公立高校に配布して問題が発生しなくなった。

☆ 当時、すべてが私の思いつきで、独善的であったが、危機管理・安全管理・アカウンタビリティー:説明責任と情報開示を盛り込んだ内容だったのでだれからもクレームが出なかった。

☆ すぐに後援会を立ち上げること・・・会長・座長は学校在所の自治体首長とすること。当時も現在も一瀬政太町長(だれも文句が言えない、町から出場1,2回目共に500万の大口寄付を頂いている)メンバーは学校に協力的な有識者を校長が決定する。会議費は500円弁当と交通費のみだった。

☆ 校内支援実行委員会の立ち上げ・・・校長が会長、事務長を中心として募金・寄付金依頼状の名簿(卒業生・企業など)作成し、発送を先行喫緊とする。

☆ PTA会長・保護者会まかせにせずに、校長自ら足を運ばないと募金額は期待できない。・・・ 1回目出場:8300万、2回目:4600万)

☆ 校長が直接募金を依頼する団体・・・ロータリークラブ、ライオンズクラブ、町議会、陶磁器組合、商工会、農業団体、森林組合、など全員出席の場で依頼する。
 
☆ 募った寄付金は、趣旨から言って、野球部だけの運営資金として活用すること。
何かに流用したら必ずトラブルやクレームが発生する。


0 aa h高校野球長崎大会5 波佐見4―2清峰


☆ 当時、『朝飯会』というのが週1回開かれていて、メンバーは波佐見町を活性化させ町おこしを議論する画期的な会合で、企業主、町長、有識者で運営されていた。血税で賄われるぬるま湯世界の公務員と異なり、運営内容が迫力に満ちあふれて、魅力的な別世界であった。この時から、学校という企業主の一員として参加し、人生が一変した。

☆ 「お客様(学校は生徒・保護者)は神様である」という校長としての姿勢・責任を学び、「顧客満足度」を前提とした学校経営方針を実践し、地域に信頼される学校づくりを実践するようになった。

☆ 現在では、県教委主導でこのような経営方針は普及しているが、企業の経営刷新は当然のことであったが、当時の校長たちは、だれも経験したことのない新鮮で斬新な草分けの学校イノベーションだった。教員生活を振り返って、この時の貴重な体験を今でも誇りに思っている。




スポンサーサイト

▲PageTop

石見仏像藝術印譜 イシコロ歳時記書帖

書画・骨董

返僕帰眞帖 001




 石見仏像藝術印譜  



DSCN0029 (2)


DSCN0074 (2)


DSCN9936 (3)


DSCN0069.jpg
観音菩薩立像 楕円柱印 高49 縦35 幅20mm 化粧箱 高58mm



DSCN0064 (3)


DSCN0058 (2)
大日如来座像仏 孔雀草花紋薄意彫刻 高60 縦26 幅39mm 化粧箱 72mm
 


DSCN0021 (2)




 イシコロ歳時記謹書帖 揮毫録
 

白雲 (2)


壱岐賀状


後白河


波佐見賀状


退職祝賀礼状01


三峰賀状


DSCN7438 (2)


DSCN7438a.png



▲PageTop

篆刻・版画・藝術家 石見茂氏

忘れえぬ光景

DSCN9986 (2)





 篆刻・版画・藝術家 石見茂氏



DSCN0004.jpg



 イシコロ文人御伽衆の一人




DSCN0004a (2)



 20180716 才能豊かな人々と奇跡の出逢い



DSCN9991 (2)


私は、これまで周りに攻撃型・親衛隊・ゲシュタポ・子分を創った覚えはない
止むを得ず、正当な専守防衛が必要なときは、他者に頼らず自分で実行に移した


DSCN9982 (2)


年齢・職業・性別とは関係なく、私の眼に適った、
心の通う特異な才能の持主、に弟子入りし師匠として「私の心の御伽衆」
と密かに呼んでいる人は結構いる
同業・教職の後輩たちにも数人はいる


DSCN9936 (3)


人は、適材適所で、他者にない少し光る特異才能・技能を一つ持ち、
人間が良ければそれで十分だ
そう言いながらも、自分は多くの才能を人から学び、盗み、改良して、跡形を消し
欲張りになろうと、もがく。いい加減なものである


DSCN9939 (2)



石見茂さんは、イシコロが敬愛する版画家・弓道家・地質学者の先輩教師、西村暉輝先生実姉の子息で甥御に当たる



DSCN0010 (2)


追悼集【県教育センター、学校教育課時代に、密かに見せていただいた西村先生の郷里有明町の郷土史。その中に収録された、父君の僧侶、仏師としての業績。特に、存命中に彫られた百余体の中の木彫仏像数体の写真が、今でも目に焼き付いています。先生の感性ゆたかな生き方とお人柄、観察力に富むスケッチ、彫刻の腕前、むべなるかなと感動しておりました。】
御退職後、まもなく前立腺がんで御他界。終焉校・我が母校佐世保南高校長。


DSCN0021 (2)


47歳・教頭職二期目で壱岐高校に赴任した時、中堅・理科教員として活躍して、明るく朗らかで洋風の一軒家を借り、洋酒カクテル、版画制作の名人だった。やはり彫刻家の血は争えない。


DSCN9982 (2)


版画の作品を観て驚き、印材に石刻するのも面白いよ、と言って、篆刻藝術を奨めたら、あっと言う間にマスターして短期間で、イシコロ落款印をはじめ、好きな詩句の遊印、関防印、家居印、仏教美術印章、更に敷衍して、側款の正式彫り、薄意彫り・レリーフ、すべて自作の印譜集…を製作し、そのほとんどを私に贈呈してくれた。


DSCN9984 (3)


篆刻の面白さ、楽しさ、深さ(漢詩文)を紹介しただけで、イシコロの弟子などとおくびにも思ったことはない。彼の祖父譲りの天性・感性・作品を見ただけで、狭い方寸の宇宙の中で、伸び伸びと無邪気に蝋石と遊ぶ姿を傍で見ていて、その才能・資質に圧倒されるばかりであった。

中でも、驚嘆し、度肝を抜かれたのは、細密すぎて中国古典・国内プロの篆刻家も着手できなかった「仏像印」だった。やはり、私の直感的な「読み」は当たっていた。


DSCN9986 (2)


中国古典、国内外の篆刻印を眼にしてきたが、河井荃廬(かわい せんろ)・明治政府の勅命により御璽・国璽を刻した長崎の小曽根 乾堂(こぞね けんどう」・小林 斗盦(こばやし とあん)の作品にも登場しない。

中國古印に見かけたことはあるが、石見作品ほどシャープで見所は無いので、彼の仏像印は、日本最高の博物館所蔵クラスの完成品だと、イシコロ審美眼で決めている。


DSCN9991 (2)


素人には訳の分からない捻くりまわした、
日本のプロの篆刻家たちが「仏像画印」は、篆刻藝術の本・主流ではないと嘯くなら自分で彫ってみたいい。

どうせ、まともな仏像篆刻作品は創れるはずがない。
日本では、書画の異端領域・僻地芸術として、篆書を難解化し庶民から遠ざけ、ソフィスティケート(学者ぶり、専門家ぶった)された世界である。


DSCN9985 (2)


日展のみならず、どの分野でも仏面鬼手の大御所・大ボスが胡坐をかいて、才能豊かな若い人材を育てる意思も無く、蝸牛角上の醜い争いが繰り返され、組織の癌・恥部として毎回恥じる様子も無く、メディアに暴露されるだけである。

中國青銅器時代から、一貫して、だれが観てもわかる、字体にはあまり拘らず金石の素材の美を醸す、優しくて流麗な中国古来の篆刻落款の方がまだ親しみがある。


DSCN9939 (2)


石見さんのように、天性の仏師の遺伝子・血流・血統が宿っていなければ無理であろう。

この石見茂さんも今春三月、西陵高校長を定年で還暦退職した。

佐賀・有田の龍門峡・龍水亭で川魚を囲んで、私の心の御伽衆とささやかに祝賀会を開く。



 

▲PageTop

紗の羽織 鮎の塩焼き龍門峡

雑学曼陀羅

00 asa 紗の羽織d





 『絽』と『紗』の季節



00 asa 紗の羽織c



 夏のきもの『絽』と『紗』の違い



 7月、8月の盛夏の代表的な着物の生地に「絽(ろ)」と「紗(しゃ)」があります。
どちらも二本の経糸(たていと)を捩りながら緯糸(よこいと)と織り込んだもじり織で、透け感のある涼やかな生地です。

 絽は結婚式やお茶席などのフォーマルの席にふさわしい生地なので、留袖、訪問着、色無地、小紋などに染められています。

 絽の生地をよく見ると、緯糸数本おきに隙間を作りながら織り上げています。三本絽、五本絽などがあります。また、経糸で隙間をを作るのが経絽(たてろ)です。
 隙間が比較的少ない絽縮緬や七本絽、九本絽は6月から9月まで着られます。

 紗はカジュアルからセミフォーマルまで幅広く着られる生地です。紗は二本の経糸で緯糸一本ずつをからめて織り上げたシンプルなもじり織で、絽以上に透け感があります。織り柄のある紋紗(もんしゃ)、紬糸を使った紬紗などがあります。


00 asa 紗の羽織


 白い長襦袢を重ねたときの紗の涼感は、見る人にも涼しさを届けてくれます。
 
一般的には、紗は7月中旬から8月上旬までと言われますが、白襦袢ではなく色襦袢を重ねると、透け感が無くなるので6月、9月の単衣の季節でも着られます。

また、最近では浜ちりめんメーカーが6月から9月まで着られる透け感のある新しい生地を開発。色無地や江戸小紋に染められ、主にお茶人さんの間で人気です。


00 asa 紗の羽織d 夏の紗羽織&小千谷縮み


5月~10月までは、紗の黒羽織が重宝しますね。

この装いは、かなり薄いグレーです。
やや藤色がかったグレーに紗羽織も黒に
染めています。

夏物は特に、身体のラインがでますから
身幅はできるだけすっきりと細めの方がいいですね。

加賀名産、夏本番の横綱格・麻の小千谷縮の上には、
黒の紗羽織もいいでしょうね。
00 asa 紗の羽織b


芸事の発表会でも着用できるように
ご依頼されて創ったこの画像の装いは
イメージ通りだったでとても喜ばれました。

夏は黒の紗羽織がどの着物にも合いイキですね!





▲PageTop

障害者ポルノ…パンダヒーローに仕立て視聴率獲得

時事評論

s-DSCN0631.jpg




 障害者ポルノ


はじめに、イシコロの体験とコメントを入れておく。

現職時代に、県教委の青少年保護・育成班のチーフを体験し、教員人事の裏話も赤裸々に見聞した。
任務上、県内各地で開催される「青少年の主張」の審査員・委員長を勤めたことも多かった。最後の総評の時一番困ったのは、最優秀賞の獲得者が健常者弁士よりも障害者の方が圧倒的に多く、主張の内容は素晴らしいのに健常者の弁士に申し訳なく思ったことだ。

このことについては、人間の心理・病理について、分析・研究に大いに役立った。
定年退職して、私立大学で教育概論・教育心理学・カウンセリング論などを講義する機会を得たときに、ますます深まった。

精神異常者や障害者で苦しんだことがないものには、本当の姿はわからないし、理論的研究や実験的推論では最後まで無知・無力である。だから、人の数だけ異常や障害の中味も違ってきて、気象や地震予報が当てにならないのと同様、予防や予知の手助けになることは少ない。


s-DSCN0628.jpg


生まれたときから、人生途中(老化障害は悉皆経験する不可避)から、健常者よりもはるかに辛さ・悲しみ・心の痛みを経験・蓄積している。ここに健常者は心酔感動してしまう。

「人命は地球より重い」「悲しみの数だけ人は強くなれる」とよく言われるが、これはあくまでも精神的支援をめざすアフォリズムであって、美しい詭弁に過ぎない。


s-DSCN0662 (1)


ニンゲンは、肉体も精神も脆弱で毀れ易いから、悲しみや苦しみに長期間耐えることはできない。
たいていはイビツ(歪)でヒネクレ、正気・正常から遠のき挫折してしまう。

私立大学での哀しい体験がある。

県立盲学校から英語教師を希望して入学した、全盲の男子学生がいて教職課程の講座を担当した。
大学側も、本人の願望…長崎県出身初の全盲英語教師…実現のため、学内バリアフリーや支援体制を急いだ。
出身盲学校との連携を強化して、来るべき教育実習の手はずも整えていた。

ところが、2年目にあっけなく挫折してしまった。
教職課程の膨大な修得単位数が重圧となり、心身ともに意欲を喪失したのである。
日本の融通の利かないステレオタイプの教育制度によくあることだ。
ヘレンケラー女史とサリヴァン先生の関係を思うと悲しくなる噺である。

同じ三重苦・障害に苦しむ、全盲の師弟が手を取り合う教育現場はまだ画餅にすぎぬ。
障害者の負担が軽減され、障害を持つ教員が増えれば教育効果も大きくなるだろう。
この全盲の学生より、一足早く大学を退官してしまったが今でも残念である。



障害者や異常体験の弱者を、サーカスの見世物のように曝してサクセスストーリーをでっち上げ、観衆・視聴者を惹きつけ、視聴率を上げる時代到来は悲しい現実である。

清く正しい障害者?を主役のパンダに見立てた、青少年の主張そのものにも、似たような人間心理の歪曲性をすでに垣間見ていた。



s-DSCN0639.jpg



 「障害者を感動話に」方程式批判


  8月28日(日)配信


 NHKのEテレの情報バラエティー番組「バリバラ」で28日夜、「検証!『障害者×感動』の方程式」と題した生放送があった。「清く正しい障害者」が頑張る姿を感動の対象にすることを「感動ポルノ」と表現し、「感動は差別だ」との障害者の声を伝えた。同時間帯は日本テレビ系で障害者の姿を伝えるチャリティー番組「24時間テレビ」が放送中だった。

 番組では、自身も障害者で「感動ポルノ」の言葉で問題提起した豪州のジャーナリスト兼コメディアン、故ステラ・ヤングさんの「障害は体や病気よりも、私たちを特別視してモノ扱いする社会の方」との発言を紹介した。


s-DSCN0641.jpg


 出演者は「笑いは地球を救う」と書かれたそろいのTシャツ姿。難病の大橋グレース愛喜恵さんを主人公にした模擬ドキュメンタリーも流した。生活の大変さや障害者になった衝撃、明るく前向きな姿を強調。本人の実感や意思を無視して「感動ポルノ」に仕立てられるさまを示した。大橋さんは今回の24時間テレビにも出演した。

 「障害者の感動的な番組をどう思うか?」と健常者と障害者100人ずつに聞いた調査では、「好き」は健常者が45人に対し、障害者は10人。健常者の好きの理由は「勇気がもらえる」「自分の幸せが改めて分かる」など、障害者は「取り上げてもらえるなら、感動話でも仕方ない」だった。英BBCが障害者を英雄や被害者として描くことが侮辱につながるとしたガイドラインを20年前に策定したことも紹介した。

 出演した脳性まひの玉木幸則さんは番組内で「(障害者と健常者が)同じ人間として怒ったり笑ったり、思いを重ねることがホンマの感動。一方的な感動の押しつけは差別だ」と話した。

 「バリバラ」は「バリアフリー・バラエティー」の略。2012年に始まり、障害者の性や結婚、高齢化などを当事者らが本音で語る場を提供してきた。「笑い」の要素も大きく、障害をネタにする当事者も出場する、お笑いコンテスト「SHOW-1グランプリ」も開催。今春からは障害者のほか性的マイノリティーなどに対象を広げ、生きづらさを抱える当事者の声を伝えている。



▲PageTop

Menu

プロフィール

イシコロおじさん

Author:イシコロおじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

<カレンダー>

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

アクセスカウンター