更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2013年01月  】 

鳥の歌

雑学曼陀羅

2013.01.31 (Thu)

 はじめてのミサゴ(磯鷲)との出逢い用事で玄関を出たとたんに、見慣れぬ鳥が眼にとまった。はじめ鳶かなと思ってよく見ると、頭も胸も足も白い。猛禽類のミサゴだ、直感した。急いでカメラを取りに戻り、シャッターチャンスを待った。電柱の支柱に陣取り、下の川を狙っている。ターゲットの獲物を見つけたのか、しばしホバリングして放物線を描き急降下した。あっという間もなく、大きなハヤを捕らえていた。今日は、日中の外気温...全文を読む

クオリア・イニシエーション

忘れえぬ光景

2013.01.30 (Wed)

 クオリア(qualia:質感)との遭遇子どもであれば誰でも体感したことがあるだろう。この原体験は、なに人にも邪魔されることなく、深層の泉の羊水ゆりかごに護られて眠り続け、それぞれの人生の中で、ときどき目を覚まし、生きるよろこびを実感させてくれるのである。クオリアとの遭遇 私がクオリアと遭遇した日、その日初めて、今まで無意識という深い闇に閉ざされていた精妙なる五感の世界が私の意識上に顕在化したのである。 ...全文を読む

スカーレット・ゾーン

2013.01.29 (Tue)

 京都加茂川の「紅流し石」とよく似た石質の自採石。溶岩の岩肌と言わずに、紅を流す、という表現はみやびである。緋色へのあくがれ:scarlet zone紅、深紅色、赤色には、不思議な力がある。情熱、燃える炎、落日、嫉妬、戦闘、たぎる血潮、青春朱夏、連想すればかぎりがない。緋毛氈、紅い絨毯、僧服、軍服はむかしから高い地位や官職の象徴でもあった。人は、一生のうちにどれだけこの色にあくがれて染まるのだろうか。ココ・シャ...全文を読む

金子みすゞの世界

文学・芸術

2013.01.28 (Mon)

 金子みすゞ詩集より還暦を過ぎた老人は、二度わらしに還っていく。たまには、金子の童謡詩もいいものだ。  お魚海の魚はかわいそう。お米は人につくられる、牛は牧場でかわれてる、鯉もお池で麩(フ)を貰う。けれども海のお魚はなんにも世話にならないし いたずら一つしないのに こうして私に食べられる。ほんとに魚はかわいそう。 芝居小屋むしろで拵(コサ)えた芝居小屋、芝居はきのう終えました。のぼりのたってたあたりでは、仔...全文を読む

冬のエチュード

2013.01.27 (Sun)

 冠雪した冬の連峰に無数の星が煌めく、かって幼い日に見たことがあるような荘厳な景色である。 北の海海にゐるのは、あれは人魚ではないのです。海にゐるのは、あれは、浪ばかり。曇つた北海の空の下、浪はところどころ歯をむいて、空を呪つてゐるのです。いつはてるとも知れない呪。海にゐるのは、あれは人魚ではないのです。海にゐるのは、あれは、浪ばかり。 「在りし日の歌」 冬の詩ー中原中也 より「空を呪つている」とい...全文を読む

多数決の正統性

文学・芸術

2013.01.26 (Sat)

 インカ帝国の都市、マチュピチュも民主主義都市国家であったに違いない真の民主主義は存在するのか多数決で勝った者たちが「正統」を名乗る民主主義は、旅行バッグのようなものである。どこの國に持参しても、民衆の多数決を獲得すれば有効な権利を発揮する。場所が、専制君主制、独裁制、共産主義制であれ、なんらかの形で住民の身の安全が保証されない國。 自由に発言や行動ができる法治国家であれ、組織の不当な圧力や買収によ...全文を読む

ベトナムの真黒石

2013.01.25 (Fri)

 文化は呑吐なり呑吐(ドント)とは、息を吸い込んだり吐いたりする自然な呼吸作用のことである。かって、文化には国境などない。と言った。クロマニヨン人までさかのぼって、地球規模で俯瞰するかぎり、文化とは、民族の混淆、交易、交流によって生じた副産物のようなものだ。これは、まちがいなくわが独自の文化であると主張しても、そのルーツをまじめに辿ってみれば、先に文明が進化し、発達した地域の模倣作にすぎない。現代人...全文を読む

日本水石名品展

2013.01.24 (Thu)

 「奇峰、怪石、幽谷、秀水、溶洞」は、武陵源の「五絶」日本水石名品展・盆栽展 2012年明治神宮案内ポスターのとおり、名品展が開催され、ネットで拝見した。それも、毎年訪れる外国人愛石家のネットだった。日本人のネットを検索してみたが、見つからなかった。すべての展示品がすばらしいとは思わないが、中にはさすがだと言えるものがある。まず、使用する台座、水石飾り机・棚、掛け軸、この脇役がすばらしい。これだけで途方...全文を読む

イノベーションと 知的財産権

時事評論

2013.01.23 (Wed)

 エイズで亡くなった人のミイラで、母体感染で子供も被害を受ける・・タイのロップリーにある、エイズホスピスの【ナンプー寺】で知的財産権とイノベーション マイケル・A・ゴリン特許、著作権、その他の知的財産を保護するための効果的なシステムは、独占権と利用可能性を両立させることによって、イノベーションを促進する。マイケル・ゴリンはワシントンD.C.のベナブルLLP法律事務所の共同経営者であり、「公益のための...全文を読む

イノベーションと企業や国が取り組むべき課題

時事評論

2013.01.22 (Tue)

 最高時速300kmで23名を運ぶ電気自動車「スーパーバス」プロジェクト:オランダイノベーションと企業や国が取り組むべき課題アレックス・スジョンキム・パン科学者と企業人はこれまで以上に、共同でイノベーションを生み出す方法を学びつつある。アレックス・スジョンキム・パンは、「未来研究所」の研究ディレクター、オックスフォード大学サイード・ビジネススクールのアソシエートフェローで、スタンフォード大学「科学技術の歴...全文を読む

ニッコロ・マキャベリ名言集

文学・芸術

2013.01.21 (Mon)

 ニッコロ・マキャヴェッリの肖像画ニッコロ・マキャベリ名言集「ニッコロ・マキャベリ」(1469~1527)イタリアのルネサンス期の政治思想家。理想主義的な思想の強いルネサンス期に、政治を宗教・道徳から切り離して現実主義的な政治理論を創始した人物。代表的な著書に『君主論』、『戦術論』、『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考(ディスコルシ)』などがある。 仮に運命が思いのままに人間活動の半分...全文を読む

イノベーションとは何か(2)

時事評論

2013.01.20 (Sun)

 ニコロ・マキャベリの著書「君主論」の中で「マキャベリスト」ー権謀術策の理想的君主ーの代表とみなすチェーザレ・ボルジアの発祥の地。人間としての魅力とともに政治家としての才能は抜群であった。人々の結び付き 私たちは、イノベーションと集団的知性が対を成すものだということを理解するようになってきている。知的で創造的な人には発明の才がある。集団として考えれば、知的な共同体にはイノベーションを起こす力がある。 ...全文を読む

イノベーションとは何か(1)

時事評論

2013.01.19 (Sat)

 日本の閉塞状況を新しいソフトで脱けだそうとする起業紹介番組「ガイアの夜明け」イノベーションとは何か このような表現をすれば、大袈裟で不遜な感じがするかもしれない。わたしたち日本人は、政治・経済について素人で衆愚的であるが故にいつも裏切られ失望ばかりしてきた。政権担当を選ぶ総選挙から地方の選挙に至るまで、候補者が決まって口にすることばがある。マニフェスト:公約の筆頭に来るのが、「新しい(刷新的、革新...全文を読む

石の鑑賞と評価

2013.01.18 (Fri)

 中国新疆彩陶石 美しい色を出すため磨き石が多い 人の数だけ正しい主張や評価がある「世の中には、人の数だけ正しい主張がある、と思えば、目くじらを立てて腹を立てる必要もない。」と言う心境に達したのは、40代も後半になってからのことだった。人間の宿命とも言える、人から、世間からできるだけ高く評価されたい、という自己愛への願望や欲望があるかぎり、人の審美眼や鑑識眼は曇ってしまう。より高価なもの、より有名な...全文を読む

クローズアップ

愛娘 Erika

2013.01.17 (Thu)

 オトシャマ、なんかはずかしか~。こがんちかくでとらすと~。シワの目立つけんイヤ~~エリカのハイビジョン映像後輩の友人たちと自宅で新年会をした。例の一眼レフを自在に駆使するセミプロ氏が、エリカをモデルにして数十枚撮影してくれた。エリカは最初恥ずかしそうにしていたが、モデルは慣れているので、ハイ、ポーズ!でなんとか応じてくれた。人間同様に、接写になると恥じらいや不安などの内面がより引き出される。このよ...全文を読む

円空と木喰

文学・芸術

2013.01.13 (Sun)

 木喰の代表的自刻像(日本民俗館)円空仏と木喰仏円空も木喰も、燃えさかる熱い祈りをもって、仏像を刻した。ルオーのキリストの絵を見たことがあるが、どこか共通したインパクトを受ける。そんな祈りが観る側のこころを惹きつけて離さないのかもしれない。円空、木喰は江戸時代の遊行(ゆぎょう)僧で作仏をしながら全国を廻行した。遊行先で求めに応じて鉈(なた)を振るって木を伐りだし、鑿(のみ)をふるって仏像を刻んだ。生き...全文を読む

「長楽未央」

文学・芸術

2013.01.12 (Sat)

 『長楽未央』(ちょうらくみおう)は漢時代に建築された「長楽宮」と「未央宮」に共通して用いられた瓦当といわれ、吉祥文字瓦当瓦の典型といわれる。「長楽は未だ央(つ)きず」と読み、ざっくばらんに「長い楽しみはこれから・・・」というムードを持つ瓦当藝術の言葉で、いかなる立場にある人にとっても、いかなる人の心のひだに触れても生きている限り、人生の中にある楽しみは長く永くこれからも・・・という永続性を心願する言葉で...全文を読む

李朝 鶏龍山

やきもの

2013.01.11 (Fri)

 白を基調とした刷毛目に鉄絵文(高麗人参の葉)の鶏龍山俵壺。初夏の草花(矢筈ススキ、しもつけ草)がよく映る。鶏龍山俵壺の正式名は刷毛目鉄絵草花文俵壺 〈はけめてつえそうかもんたわらつぼ〉と言う。 鶏龍山(けいりゅうざん‥ケリョンサン)のやきもの 1392年、倭冦や中国紅巾賊の侵入を阻止して、実権を握った高麗の将軍・李成桂(イ・ソンゲ)は、元を北方へ追いやった新興の明に近づき、李氏朝鮮を建国し、「太祖」とし...全文を読む

雨森芳洲と朝鮮通信使

忘れえぬ光景

2013.01.10 (Thu)

 雨森芳洲庵のケヤキ 対馬藩の名宰相・雨森芳洲現役時代、仕事で数回対馬に出張したことがあった。防人の國、若田硯の産地、韓国に一番近い県、ぐらいしか知識はなかったが、雨森芳洲という人の業績と人柄に触れて感動したことを覚えている。現在、韓国、中国との外交がぎくしゃくしてうまくいっていない。それは、この東アジアにおける歴史の勝者(日本国)の記録を優先させ、過去のあやまちや恥部を隠蔽しようとするからにほかな...全文を読む

マヤ文明と終末思想

雑学曼陀羅

2013.01.09 (Wed)

  終末思想とマヤ文明の崩壊 昨年12月21日。そう、世間で話題になった「世界滅亡の日」である。しかし、何も起こらなかった。 それもそのはず、元々マヤ暦は世界が終わることなど予言してはいないのだ。ではなぜ話題になったのか。今回はそのことについて見てみる。マヤ長期暦とは? いわゆる終末思想とマヤ暦が結びつけられたのは、マヤ人が持っていた独特の暦のうち、長期暦という暦の「ある区切りの日」が2012年12月21日だか...全文を読む

地球の悲鳴

雑学曼陀羅

2013.01.08 (Tue)

  米国西部を襲う干ばつの脅威 豊かな水資源を利用して開拓され、発展を続けてきた米国西部。だが今、深刻な干ばつによって森林が乾燥し、各地で山火事が発生している。この大規模な山火事は、世界各地で毎年のように頻発している。 原因は、温暖化だけではなく、文明の進化により複雑な原因が絡み合っている。 記憶に新しいところでは、ギリシャ、スペイン、オーストラリアなど最近のことである。 ナショナル ジオグラフィック...全文を読む

「色即是空 空即是色」の解釈

文学・芸術

2013.01.07 (Mon)

 新芽にウグイス「色即是空 空即是色」 般若心経(はんにゃしんぎょう)というお経がある。 大乗仏典の一つである「摩訶般若波羅蜜多心経(まかはんにゃはらみたしんぎょう)」の略で、「真理に目覚めるための大いなる智恵の教え」という意味だそうだ。 「色即是空 空即是色」などの名句で知られるが、今このお経に関心が高まっている。 不安な時代だからだろうか、5千余巻にもなるという仏教経典のエッセンスを、たった262...全文を読む

フランス小話

文学・芸術

2013.01.06 (Sun)

 白川郷・五箇山の合掌造り集落(文化遺産) カーンさんの靴屋フランス人は『粋』(いき)で、イギリス人は『お高く』、オランダ人は『ケチ』だとか。そして、フランス人は、ウィットやブラックユーモアがお好き。たくさんのフランス小話があるようです。 フランス小話(その1) 産院で二人の赤ちゃんがおしゃべりをしています。一人の赤ちゃんが、もう一人の赤ちゃんにたずねました。『君、男の子?、女の子?』『わかんな~い...全文を読む

世界の民話

文学・芸術

2013.01.05 (Sat)

 千夜一夜物語(アラビアンナイト)世界の民話正月松の内は頭がボーッとして思考力が働かない。したがって、世界の民話を紹介するにとどめる。王子と大亀の物語 アラビア『千夜一夜物語』 語り伝えられているところによれば、彼方昔、一人の権勢ある帝王[スルターン]がおり、神に三人の息子を授けられていた。三人の息子はいずれも不屈の猛者であって、長男はシャテル・アリー、次男はシャテル・フサイン、末弟はシャテル・ムハン...全文を読む

「働きがい」

余白の人生

2013.01.04 (Fri)

 青緑山水図 明時代 仇英実父「働きがい」のある職場今日は仕事始めである。退職して、現場の管理責任はなくなったものの、若いときから気にかけてきたテーマなので考えてみた。教職公務員という職業で、生存競争の激しい企業や会社の運営をしてきた訳ではないので実に甘い発想だとお叱りを受けることは覚悟の上である。したがって役に立たないこともわかっている。しかし、日本の現状を思うとき、このままでよいのだろうかという...全文を読む

歳寒三友(松竹梅)

文学・芸術

2013.01.03 (Thu)

 富岡鉄斎 歳寒三友図歳寒三友図歳寒三友(さいかんのさんゆう)は、宋代より始まった、中国の文人画で好まれる画題のひとつであり、具体的には松・竹・梅の三つをさす。三つ一緒に描かれることも多いが、単体でも好んで描かれる。日本では「松竹梅(しょうちくばい)」と呼ばれる。 松と竹は寒中にも色褪せず、また梅は寒中に花開く。これらは「清廉潔白・節操」という、文人の理想を表現したものと認識された。日本に伝わったのは...全文を読む

エリカと小鳥と真珠と

愛娘 Erika

2013.01.02 (Wed)

 オトシャマ、寒かけんはよ~して。モデルはいつも同じ場所やけん、雛ちゃんのごともっときれか場所で写してほしか~エリカと小鳥と真珠と元旦早々雨が降った。外気温6℃、冬の冷たい寒風の合間をぬって、エリカと雨上がりのベランダに出た。庭の雲龍柳の枝に白い真珠のように咲く露の花が、ときおり顔を覗かせる陽光に映えて美しい。これまでの生涯で、はじめて眼にする元旦の希有な光景である。昨夕準備しておいた小鳥たちの蜜柑...全文を読む

知性とは?

余白の人生

2013.01.01 (Tue)

  知性とは何か私たちが、人間と他の動物との間にある最も重要な違いと考えている属性は、高い知性である。しかし、知性が高いということは、具体的にはどういうことなのか。人はなぜ知性が高くなったのか。なぜネアンデルタール人が滅んだのか。を考えながら、知性を探ってみる。 知性が高いとは“知性 intellect”は、語源的には、ラテン語の動詞“intellegere”に由来し、複数の選択肢の“間から inter”“選ぶlegere”能力を意味する。...全文を読む

前月     2013年01月       翌月

Menu

プロフィール

イシコロおじさん

Author:イシコロおじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

<カレンダー>

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

アクセスカウンター