更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2013年05月  】 

台湾の隠蔽された歴史

忘れえぬ光景

2013.05.31 (Fri)

 台北國立故宮博物院の白菜と豚肉の精緻な玉製品二・二八事件台北の國立故宮博物院見学が目的で、はじめて台湾を訪れた。念願の中国5千年の至宝・美術品を目の当たりに鑑賞し、生涯忘れえぬ旅行となった。観光地を巡るうちに、台湾の悲しくも残酷な歴史を知り、どこの國にも同じような隠蔽された事件があり、割り切れない気持ちとともに帰国した。表層の美と隠蔽・改竄された歴史的恥部は、権力闘争の繰り返しである歴史の趨勢であ...全文を読む

世界の水石 イタリア

2013.05.30 (Thu)

 KOKORO-NO BONSAI TEN 2013 EXHIBITION"Exhibition of the soul, of the mind and of the heart"22nd-24th February 2013世界中に、盆栽、水石の愛好家がいて、それぞれ大規模の愛好会を創り活躍している。日本の水石とはひと味違う。伝統にこだわらないグローバルな視点やセンスが芸術的でおもしろい。今回は、イタリアItalian Association of Suiseki Loversの作品を紹介する。...全文を読む

but の後に筆者の真意がある

教育評論

2013.05.29 (Wed)

 北海道石狩川産の神居古潭(カムイコタン)石逆接の心理を読み解くひさびさにこころ踊る夕べを満喫した。在学中に、英語教育法、教職教養を受講して、母校で高校英語教師3年目の彼が訪ねてくれた。10ヶ月ぶりに一緒に食事をした。はるか遠い駆け出しの頃を彷彿させる夕べとなった。3年の進学コースの担任を任され、その重責に生き甲斐を感じると同時に緊張します、と話してくれた。3年目で3年の担任というのは、普通は異例の...全文を読む

美しき母に捧ぐ

忘れえぬ光景

2013.05.28 (Tue)

 美(は)しき母に捧げるバラードいろいろ言いたいことはあるだろうが、母は母である。母がいくつになっても、子どもを一人前の大人と認めないのと同じである。男にとっては、父より母の面影しか残っていない。たとえどんな頼りない駄目な母であっても、母の存在は絶対である。父の偉大さよりも母の優しさしか残らない。不思議なものである。父との臍の緒がつながっていないためだろう。いつの時代にも、権力闘争に明け暮れ、家庭を...全文を読む

太魯閣(タロコ)渓谷 台湾の奇岩

2013.05.27 (Mon)

 人は悲しみを体験しなければ強くはなれない、そしてやさしくもなれない。子どもたちは、それなりに、年齢なりに、父と母のことを配慮しながら生きている。幼児は幼児なり、青年は青年なりに。親は、特に、父親はそのことに気づかない。父親よ! 巌のごとく、闘う家長の権威を取り戻せ!そして思う。自分の悲しみは、自分の胸だけにとどめておこうと。人は、他者の悲しみ、不運に耐えるだけの充分な免疫を備えている。自分や肉親の...全文を読む

スーパーコン補助金として1000億円

時事評論

2013.05.26 (Sun)

 スーパーコンピュータ「京(けい)」は、2012年6月に完成し、11月から運用が開始されている。気象モデリング、医薬品開発、ナノチューブやナノワイヤといった次世代半導体材料の解析など、幅広い用途に利用される。1000億円という途方もないスーパーコン補助金2013年5月10日 20時36分スーパーコンピュータに1000億円を国の補助金として出すというニュースを見て、常識外れの金額だと思った。国内におけるスーパーコン市場は富士通...全文を読む

奇岩・奇峰そして生命の水

2013.05.25 (Sat)

 青の洞窟(ギリシャ)Amazing Places Around The World You Need To Visit Before You Die.(死ぬ前に訪れたい、世界中の驚くべき場所)こんな光景を見せてあげたい。これまで気づかなかったことがある。わたしの大自然、古美術や骨董へのあこがれは、すべて視覚を前提にした色彩のハンターであった。ところが、全盲の学生さんと話をするうちにそうではないことに気づいたのである。カラーワイアで創った自作の教材を提示したとき...全文を読む

老婆心・・・贈る言葉

教育評論

2013.05.24 (Fri)

 若い夢追い人へ贈る18箇条1. 30歳、40歳、50歳と歳を重ねて行くときに、歳をとったと感じないだろう。大人とは、歳をとった子どものことだ。年齢を重ねても、自分が歳をとったと感じることはない。ほとんどの場合、自分が今感じる以上のことを感じることはないだろう。ほんの少し若いときより賢く、自信を持っているだけだ。今までの人生で、この世界に自分の場所を作り、何が大切かを学んできたはずだ。成長することを恐れる...全文を読む

若き挑戦者たちへ贈る言葉(2)

教育評論

2013.05.23 (Thu)

 あなたの未来はあなたの心の中にある潜在意識は無限の宝庫潜在意識は創造的な洞察力(insight, comprehension)や直感力(intuition)の無限の宝庫です。研究に従事している発明家や科学者たちの多くは、これを真理だと認めています。フランスの科学者たちの研究のやり方を調査したところによれば、その内の75%は、彼らが意識的に調査研究に従事している時には、決して重大な発見は起こらなかったと述べています。彼らの発見は、心の...全文を読む

若き挑戦者たちへ贈る言葉(1)

教育評論

2013.05.22 (Wed)

 あなたの未来はあなたの心の中にある信念の力人は心で考えるとおりに行動します。念ずれば花開く。人が心に描くことは、必ず達成します。静止しているものはこの世にはありません。全宇宙のすべてが変化しているのです。もちろん、あなたも私も変化しています。人生も同じ。何をしようかと決めることで、前進するのです。信念の力とは、心の創造力のことです。成功者はすべて、意識的にか無意識的にか、この力を引き出してきました...全文を読む

台湾の野鳥

雑学曼陀羅

2013.05.21 (Tue)

 台湾の美しい鴛鴦鴛鴦は、絶対に浮気をしないと言われてきた。そんなはずはない、と考え調査したひまな人がいた。その張り付いた調査研究によれば、嘘だったそうだ。願望はいつも神格化される。現場を目撃しなかっただけのことである。最近では、雌のほうが積極的だとも報告されている。雄のツバメのイケメン基準は尾羽の長さだそうだ。人間も鳥も、地球上の生物は種の保存で生きている。こんなことに翻弄され、諍いをする人間社会...全文を読む

孫 文

文学・芸術

2013.05.20 (Mon)

 孫文の肖像画の台湾ドル紙幣孫 文孫 文(そん ぶん、1866年11月12日 - 1925年3月12日)は、中国の政治家・革命家。初代中華民国臨時大総統。中国国民党総理。辛亥革命を起こし、「中国革命の父」、中華民国では国父(国家の父)と呼ばれる。また、中華人民共和国でも「近代革命先行者(近代革命の先人)」として近年「国父」と呼ばれる。海峡両岸で尊敬される数少ない人物である。中国では孫文よりも孫中山の名称が一般的であり、...全文を読む

皐月の海岸探石

2013.05.19 (Sun)

 今日一番うれしい遠山形の緑泥岩。眼にもあざやかな五月の新緑。萌葱色が丘陵全体に広がり、下方の棚田まで届く。日本のなつかしい故郷の原風景である。北海道の高価な神居古潭(カムイコタン)緑石に優るとも劣らない。かけだしの頃は屹立する高山をよく採集したが、最近ではなだらかな稜線の丘陵と平野に眼がいく。この沿岸では滅多にお目にかかれない稀少石。寛20cm 0.8kg、今回で2度目の揚石だった。背面から観ても様になって...全文を読む

西瓜石 台湾台東古道

2013.05.18 (Sat)

 台湾の石・・西瓜石ほか「鵝」と、日本で通常用いられる「ガチョウ」の「鵞」は異体字の関係にあり同義、要は鵞鳥の卵みたいな石がごろごろ転がっている海岸とイメージして貰えればいい。様々なサイズ、色、模様の卵形の石がずらりと海岸に打ち上がっている。又、波が打ち寄せる度に波打ち際でそれらの石がゴロゴロ擦れ合う音は卵製造器さながらだ。余りに見事な自然の造形にほとほと呆れ果ててしまう瞬間でもある。大概の人はここ...全文を読む

奇石怪石 野柳海岸 台湾

2013.05.17 (Fri)

 台湾の奇石怪石 野柳地質公園野柳地質公園は、萬里郷にあり、北海岸に突出した細長い岬。1000万年におよぶ地殻運動、海蝕、風蝕の影響を受けて、奇怪な岩石が奇抜な海岸景観を展開しています。全長1700メートルの長さの岬は、大自然の石彫芸術!見る者を圧倒し、台湾の代表的な観光スポットの一つでもあります。キノコ岩とも言われる蕈状石が野柳の中でもっとも多く目を引きますが、これは岩層の割れ目が海水の浸蝕を受けて、長い...全文を読む

ペーター・パウル・ルーベンス

文学・芸術

2013.05.16 (Thu)

 ペーター・パウル・ルーベンス(独 Peter Paul Rubens)ルーベンスの人と生涯を描くことは、きわめて楽しい気持ちである。われわれは他の偉大な巨匠にその比をみないほどに、じつに多くのところでしあわせと善意に合う(ヤコブ・ブルクハルト)ギリシャ神話の神々は彼の構想の中心をなしている。神話に主題を求めるとき、バロックの作家としての彼の真骨頂が発揮されるのである。彼は神話の世界を現実に自由の世界へと導く。しかも...全文を読む

偶然か?必然か?(4)

忘れえぬ光景

2013.05.15 (Wed)

 長谷川等伯の松林図屏風ではない。人類の飽くなき欲望のため盗伐、伐採され破壊されていく世界各地の森林。偶然と必然の神秘性偶然ではなく、地球浄化作用という必然限定核戦争 アメリカとロシア、アメリカと中国との間で、核戦争が勃発すれば、全面核戦争はまぬがれない。一方、北朝鮮、インド、パキスタン、イスラエル、テロ組織が核兵器を使う場合、局所的な核戦争ですむだろう。この中で、懸念されているのが、テロ組織による...全文を読む

偶然か?必然か?(3)

忘れえぬ光景

2013.05.14 (Tue)

 偶然と必然の神秘性偶然ではなく、でっち上げられる必然 ふるきよき時代と違い、現実は数の上で、悲観論者が楽観論者を圧倒する。 嫌な予感がする今日この頃である。 一般に、未来予測と言えば「当たるか当たらないか」。予測の意味を考えれば、まぁ、当たり前なのだが、忘れてはならないのが、バイアス(偏り、でっち上げ)がかかっているかどうか。権威づけされた予測は、たいてい、それを口にする者の利害に歪められているか...全文を読む

偶然か?必然か?(2)

忘れえぬ光景

2013.05.13 (Mon)

 男女不平等のB級進化論もある。ダーウィンも苦笑いだ。偶然と必然の神秘性進化論と創造論 「物理学」最強の量子力学によれば、この世界で何が起こるかは、無知な人間のみならず、神でさえ予測できない。ところが、この「偶然至上主義」は生物学の世界でも主流になっている。その象徴がチャールズ ダーウィンの「種の起源」、いわゆる「ダーウィンの進化論」である。  「ダーウィンの進化論」は、明確に偶然が支配する世界である...全文を読む

沖縄が中国領土になる?(2)

時事評論

2013.05.12 (Sun)

 九・一八歴史博物館: 中国は九・一八事変といい、爆破された線路の脇に九・一八歴史博物館を建設して反日運動の拠点にしている。専守防衛の軍事力がない國は併呑される 戦後のアジアの大戦争 話を戦後の日本にもどそう。日本が金儲けに勤しむ間、世界中で武力紛争が頻発していた。中には、市民を巻きこむ総力戦にまで発展したものもある。それも、地球の裏側ではなく、すぐ隣の中国と朝鮮半島の話だ。 1946年、中国で、蒋介石...全文を読む

沖縄が中国領土になる?

時事評論

2013.05.11 (Sat)

 レーダー照射を受けたという護衛艦「ゆうだち」写真左時代を先読みしなければ生き残れない隣接する国々と、領土問題でいがみ合いが続いている。尖閣諸島、竹島、北方領土、一触即発の地域もある。今頃になって、国も慌てて憲法第九条改正の必要を表に出してきた。いつもそうであるが、やや遅すぎる観がする。外交戦略を観てそう感じる。軍事評論家ではなくても、これだけネットが普及した時代に、我が国の将来を憂う、良識ある国民...全文を読む

偶然か?必然か?(1)

忘れえぬ光景

2013.05.10 (Fri)

 1970年11月25日、日本の歴史に残る大事件を起こしている。この日、三島由紀夫ら「楯の会」のメンバーは、陸上自衛隊東部方面総監部の総監 ・益田兼利陸将を訪問した。その後、総監室で談話中、突然、三島らは総監を人質にして、籠城したのである。三島はバルコニーから自衛隊員に向かって、決起するよう呼びかけたが、罵声をあびるだけで、思いはとどかなかった。失望した三島は、部屋にこもり、割腹自殺する。短刀を腹に突き刺し...全文を読む

良寛のことば(5)

文学・芸術

2013.05.09 (Thu)

 良寛のことば(5)良寛の言葉(詩歌、愛語、信仰)中編 前編に引き続き、良寛その人の生涯と思想を見てゆくことにします。 その1 忍 是れ功徳の元良寛は忍(耐え忍ぶこと)を大切に思い、その生涯をとおして実践した人でした。仏法においては忍辱(にんにく)という言葉が使われます。耐えられそうもないという状況を耐え忍び、恨みを残さないことを表します。その忍の向こう側に真の功徳が待っていることが表現されています。...全文を読む

女性の深層 エーリッヒ・ノイマン

文学・芸術

2013.05.08 (Wed)

 女性の深層 エーリッヒ・ノイマンErich Neumann紀伊国屋書店 1980 [訳]松代洋一・鎌田輝男 森に迷いこんだ異国の王子タミーノは、夜の女王の娘パミーナの絵姿を見てたちまち激しい恋情を懐(いだ)く。夜の女王はパミーナが邪悪なザラストロの手に奪われていったことを嘆いて、なんとかタミーノに救出を頼む。タミーノは陽気な鳥刺しパパゲーノを連れて、魔法の笛と杖を与えられ、ザラストロの神殿めざして救出に向かう。 御存知...全文を読む

戦慄する非日常の恐怖(2)

時事評論

2013.05.07 (Tue)

 女性にしか判らない心理描写をみごとにとらえ、受賞した女性監督ヤスミラ・ジュバニッチ戦慄する非日常の恐怖(2)4 炸裂を経て負の記憶の一切を吐き出した母、幻想の否定によって向かっていく強さを発現した娘物語の最も厳しい展開の先をフォローしていく。母と娘の直接対決において、初めに炸裂した娘の心情こそ、最も悲哀を極めた様態を現出した。「ウソよ!私のパパはシャヒードよ!」泣け叫ぶサラの悲哀を、もう、誰も吸収...全文を読む

戦慄する非日常の恐怖(1)

時事評論

2013.05.06 (Mon)

 戦慄する非日常の恐怖「アラブの春」はまだまだ遠い。終結するどころか、シリアでは、アサド大統領が独裁政権を維持せんがために、禁じ手の化学兵器・神経ガスのサリンを使って、同国人である反体制派との内紛抗争が続き泥沼状態に陥っている。人はだれも、平和な状況下にあるときは、なんの変哲もないマンネリ化した退屈な日常から抜け出して、非日常にあこがれ、旅行をしたり、美味しいものを食べたり、日頃できないことを楽しん...全文を読む

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2)

余白の人生

2013.05.05 (Sun)

 第84回アカデミー主演女優賞を受賞したメリル・ストリープが演じるマーガレット・サッチャー避けて通れない「老いの孤独」の実相と強い信念「正しいと信じ切る能力の強さ」を具現化していった代償、支払ったものの大きさ「大切なのは、生き方よ」と言い放つ彼女のルーツは、以下の言葉に集約されるだろう。「“考え”が“言葉”になる。その“言葉”が“行動”になる。その“行動”が、やがて“習慣”になる。“習慣”が、その人の“人格”となり...全文を読む

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(1)

余白の人生

2013.05.04 (Sat)

  「鉄の女」マーガレット・サッチャー:Margarett Thatcher 「正しいと信じ切る能力の強さ」を具現化していった鉄の女「“考え”が“言葉”になる。その“言葉”が“行動”になる。その“行動”が、やがて“習慣”になる。“習慣”が、その人の“人格”となり、その“人格”が、その人の“運命”となる。“考え”が、人間を作るのよ。私の父の言葉。言っとくけど、私は健康よ。」・・マーガレット・サッチャー愛、人道、徳義、信念・・人はまことしやか...全文を読む

ユキノシタ

雑学曼陀羅

2013.05.03 (Fri)

 ユキノシタの天ぷら毎年、早春から初夏にかけて、山野草、山菜を食するのが我が家の恒例グルメになっている。蕗の薹、ダラの芽、芹、石蕗、フキ、タケノコ、ヨモギ、ユキノシタ、お茶の新芽・・天ぷら、おひたし、白和え(およごし)など、それぞれ好みのレシピで春の薫りと味覚を堪能している。味覚をたのしむ前に、山菜を求めて春の野山を散策するほうが、童心に還りたのしいのかもしれない。先日、ユキノシタの葉とヨモギの新芽...全文を読む

近親交配を事前に予知

時事評論

2013.05.02 (Thu)

 アイスランド の夏歴史的な近親交配を予告する先端機器間違えて近親結婚しないためのアプリ:アイスランド2013.4.22 18:47 [スマートフォンアプリ]  少ない人口が都市に集中し、命名の慣習から誰の子孫かがわかりにくいアイスランドで、「予期せぬ近親婚」を回避するアプリが人気になっている。  アイスランド人の大半は、700年代から800年代にかけてこの土地に移住してきたノルウェー人とケルト人の子孫であり、遺伝子プール...全文を読む

前月     2013年05月       翌月

Menu

プロフィール

イシコロおじさん

Author:イシコロおじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

<カレンダー>

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

アクセスカウンター