更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2013年06月  】 

子宮頸がん接種勧めず・・・医療現場混乱

時事評論

2013.06.30 (Sun)

  世界経済を暗示するイタリア・ピサの斜塔新ワクチン・新薬は安全なのか?(1)わたしは、医者ではないし、ワクチンや薬の専門家でもない。ずぶの素人である。しかしながら、現代のネット時代には、警鐘、誇大宣伝、フィッシング、ありとあらゆるサイトの有益有害な情報が入手できる。自己責任、自己選択、自己決定の時代であるから、自分や家族の身の危険に関する、危機管理、安全管理の情報は、日頃から自己管理のため目を通す...全文を読む

白磁

やきもの

2013.06.29 (Sat)

 白磁・青白磁の魅力若いときは、絵付け、釉薬のかかった古陶磁に惹かれたが、年齢とともに、無地の陶磁器に美を感じるようになった。侘びた高麗青磁、李朝白磁の魅力は言うまでもない。わたしの友人に無地の白磁・青白磁・青磁の古陶磁をめざす作陶家がいる。やきしめ陶とは質の異なる静寂とエロスの美がある。一般に、電動ロクロの技術を会得した伝統工芸士は全国に数え切れないほどいる。彼は、陰刻、陽刻、鎬(しのぎ)、細工物...全文を読む

不思議な光景

2013.06.28 (Fri)

 奇観・・非日常空間の旅世界には、まるで地球上のものとは思えないほどの、美しく神秘的な景色が広がる場所がある。それは、普通の概念では解き明かすことのできない、まだ解明されていない謎やミステリーにあふれた真実なのだ。そんなロマンを感じられる不思議な場所を紹介。アメリカ合衆国のカリフォルニアに、乾燥した湖の底の表面を移動するレーストラック・プラヤと呼ばれる神秘的な石がある。乾燥した地面の上をゆっくりと移...全文を読む

透かし彫り 神秘的な幻想美

忘れえぬ光景

2013.06.27 (Thu)

 透かし彫りの3次元空間陰陽の表現形式には、一つは陽線透かし彫り、いわゆる画面線で繋がっている透かし彫り芸術、もう一つは陰線透かし彫り、つまり画面線に切れる芸術である。透かし彫りの芸術の重要なのは空いた部分と表示部との関係、つまり正負の形関係にあると言える。彫刻芸術の透かし彫り技法は、切り紙細工芸術と影絵芸術が重なる。立体的な視覚御馳走、錯覚現象といってもよい。透かし彫りの最も不思議なことは、2次元...全文を読む

北大路魯山人

やきもの

2013.06.26 (Wed)

 魯山人 織部 蟹絵皿陶芸家・美食家としての魯山人北大路 魯山人(きたおおじ ろさんじん、1883年(明治16年)3月23日 – 1959年(昭和34年)12月21日)は、芸術家。本名は北大路 房次郎(きたおおじ ふさじろう)。 晩年まで、篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家などの様々な顔を持っていた。魯山人は母の不貞によりできた子で、それを忌んだ父は割腹自殺を遂げた。生後すぐ里子に出され6歳で福田家に落ち着く...全文を読む

愛石家垂涎の銘石

2013.06.25 (Tue)

 愛石家垂涎の銘石見たこともないような石がわたしの懐に飛び込んできた。古代中国の文人は珍しい石をこよなく愛した。日本の水石文化の源流とも言える。隠者(仙人)の隠れ家としての石室『洞庭』や『地肺』などの大洞窟に関する伝承、あるいはユートピア願望といった様々な要素が介在していたに違いない。理想郷が名山勝地の奥深くに実在すると信じられた神仙思想、永生者達の棲む別天地のことである。この石は、寛10cm、高7cm...全文を読む

統計学は現代の錬金術

時事評論

2013.06.24 (Mon)

 「内定率」カラクリ 実際は60~70%?統計学というのは、数字に弱い人間の頭脳を欺く錬金術である。統計を提供する側の不利にならないように、都合のいいように、望むように、数字を操る技術である。学生時代に、半世紀も前に統計学の講義で、教授がそう言ったのを思い出す。内閣の支持率、顧客満足度、品物の回転率、調査する側の思惑でどうにでもなる。電話やインターネットで調査したというが、集計時に分母や分子、調査対...全文を読む

泥縄窯:此岸楽土魂瓶燈籠

やきもの

2013.06.23 (Sun)

 現世楽土魂瓶やきしめ燈籠大自然とともに、家族や庭まわりの生き物とともに、生きていることの歓びを讃美したやきものを紹介する。人間だけでなく周囲の生き物に囲まれ癒される歓びがみごとに表現されている。曼陀羅蓮の花、鳩、亀、トカゲ、蛙、犬、猫、かくれんぼする子どもたち、家のまわりの親しいものが写し出されている。遊びをせむとや生まれけむ。戯れせむとや生まれけむ。遊ぶ子どもの声聞けば我が身さえこそ揺るがるれ。...全文を読む

泥縄窯2012晩秋窯開き

やきもの

2013.06.22 (Sat)

 焼き締めの魅力 美はその人の審美眼によって異なる。百人百様の鑑賞法があって当然であろう。 焼き物の始まりである土器は、野焼きなどの方法でとりあえずの使用に耐えるものが出来上がる。このときの温度は約800℃程度であるが、穴窯などを用いさらに温度を上げ1000~1200℃で焼成すると硬く焼き締まった陶器になる。石を原料とするものを磁器といい、土を原料とし釉薬を施したものを陶器と呼ぶが、陶器の中でも釉薬のないものを...全文を読む

泥縄窯2012初夏窯開き

やきもの

2013.06.21 (Fri)

 焼き締めの魅力 美はその人の審美眼によって異なる。百人百様の鑑賞法があって当然であろう。 焼き物の始まりである土器は、野焼きなどの方法でとりあえずの使用に耐えるものが出来上がる。このときの温度は約800℃程度であるが、穴窯などを用いさらに温度を上げ1000~1200℃で焼成すると硬く焼き締まった陶器になる。石を原料とするものを磁器といい、土を原料とし釉薬を施したものを陶器と呼ぶが、陶器の中でも釉薬のないものを...全文を読む

インド性道徳腐敗の真相

忘れえぬ光景

2013.06.20 (Thu)

 宝石を贅沢に使用した衣装、チェーンで髪に繋いだ鼻ピアス、手には独特のボディーペイント(メヘンディ、ヘンナタトゥー)が施された、インド・上位カースト家庭の花嫁姿。この一方、インド10億人口の約半数が貧困と飢えに喘いでいるという。インド性道徳腐敗の元凶はゆるぎないヒンドゥー教とカースト制度インドにおけるカースト制度 基本的にはカースト間の移動は認められておらず、カーストは親から子へと受け継がれる。結婚も...全文を読む

植民地支配の功罪

余白の人生

2013.06.19 (Wed)

 Beautiful indian brides インドの華やかな結婚式「植民地支配」に対する考え方の違い 多くの日本人は一般に、反戦争、反植民地支配の思想を持っている。太平洋戦争やその当時の大東亜共栄圏思想などは従って、私達日本人のほとんどにとってもっとも憎むべきもののひとつに他ならない。もちろん、その態度そのものは間違いではない。 実際現在の日本は自衛の場合を除いては一切の戦争を放棄しているし、戦争や支配につきまとう虐...全文を読む

インドの性的道徳観 深刻な現状

雑学曼陀羅

2013.06.18 (Tue)

 インドには性革命が必要・・禁欲的文化を変えよウォール・ストリート・ジャーナル 5月28日(火)配信  インドでは年に2回、春と秋にヒンズー教のお祭り「ナブラトリ」が行われ、9日間にわたって毎日、異なる女神に祈りをささげる。ナブラトリは、いわゆる乙女参拝の日に最高潮に達する。近隣地区の父親や家長に伴われた若い女性をどの家庭も招待、そして、彼女たちの前でお辞儀をし足を洗って祈りをささげ、特別に用意された菜食主...全文を読む

どうして? いつも対応の遅い日本

時事評論

2013.06.17 (Mon)

 次世代半導体 蠢く中国企業 米国人技術者、謎に包まれた死2013.6.4 12:50 [中国]いつもニュースを見て、辟易していることだが、日本の知識人、政府首脳部は何をしているのだろうかと、悲しくなることが多い。危機管理、安全管理、と下部組織には敏感に危機と通達の指示を出しているのに、国益、セキュリティ対策、知的財産権のガードになると、実に対応が甘く、後手後手になる。本当に対応できる有能な人材がいないのだろうか...全文を読む

森鴎外 『雁』

文学・芸術

2013.06.16 (Sun)

 知る瞬間は、喪失する瞬間でもある『雁』は、森鴎外の作品群にあって、異彩を放つ存在とされている。鴎外の作品の随所に見られる高踏的な思想性が、 この作品にあってはあまり見られないからだろうか。『舞姫』と並んで、最も広く人口に膾炙した小説である。しかし『雁』は単純な古典的テクストではない。『雁』に関する先行研究を俯瞰すると、「余韻あふれる哀感」を読むパラダイムというものがあるようだ 。「余韻」という、いか...全文を読む

全国最年少の28歳市長誕生

時事評論

2013.06.15 (Sat)

 <最年少市長>28歳藤井さん当選 アジアへの旅が原点 6月2日(日)22時32分配信  2日投開票された岐阜県美濃加茂市長選で、無所属新人の前市議、藤井浩人さん(28)が初当選し、北海道夕張市の鈴木直道市長(32)を抜いて現職では全国最年少の市長が誕生した。支持者からもみくちゃにされた藤井さんは壇上で何度も万歳。選挙戦でかすれた声を絞り出し、「市民のみなさんの選択肢を重く受け止め、美濃加茂を誇れる街にして...全文を読む

2013カンヌ映画祭

雑学曼陀羅

2013.06.14 (Fri)

 Best Dresser in 2013 by Ishikoro JudgeBest Dressers in 2013 Festival International du Film de CannesLadies with Best Dresses Selected by Ishikoro Judge映画を楽しむ老人としては、タイトル、観客を感動させるプロット(場面設定)、パトス、演技力、そして時代考証、コスチュームが大切になる。最近の日本のドラマ・映画は、あまり魅力を感じないのでほとんど観ることはない。その点、カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映...全文を読む

オリエンタリズム= 西欧による一元的世界認識

文学・芸術

2013.06.13 (Thu)

 『オリエンタリズム』 エドワード・サイード著現代は、グローバル化という状況下で、相変わらず、欧米による一元的世界認識が維持されている。戦後、アジアの諸国は経済的復興を果たし、我が国を含め、欧米に肩を並べる國も出現している。しかしながら、政治・経済的戦略、先端科学技術、学術的・医学的研究、健康福祉政策分野においては、ノーベル賞受賞者数が証すように、その差は歴然としている。オリエント(東洋)の民族が、...全文を読む

ときめき老人

余白の人生

2013.06.12 (Wed)

 根拠のないドーパミン説、血液型、占い、・・・・・歳をとると、若いときのように胸がときめく回数が減少することは否めない。情熱や体力が衰えていくせいかもしれない。さりながら、自分の興味・関心については、若いときに体験しなかった新しい発見や未知との遭遇に、これまで以上のときめきを感じることも多い。したがって、他者の仮説など当てにはならないのである。三浦雄一郎さんが、80の高齢でエベレスト世界最高峰登頂の...全文を読む

進化しない「男のガラパゴス症候群」

文学・芸術

2013.06.11 (Tue)

 『存在の耐えられない軽さ』ミラン・クンデラ最近よく「ガラパゴス化」という表現を眼にする。生物の進化が、孤立化のため、ある時期から停止してしまい、抜け出せない状況のことであろう。フェミニズム運動の女性の地位・待遇。時代から落伍してついていけない企業・組織・人間。ともすれば、社会や時代の弱者に当てはめる残酷でシニカルな表現である。男性上位か女性上位か、TPOによって目まぐるしく変わる現代でもある。男と女...全文を読む

名画鑑賞 台北國立故宮博物院所蔵

忘れえぬ光景

2013.06.10 (Mon)

 范寛 宋代:谿山行旅図画面上半に圧倒的な重量感で聳える主山、険峻な山腹を直下に流れおちる滝、岸壁にそって鬱々と沸きあがる雲烟。下半の丘陵には鬱蒼たる樹林のうちに寺宇が配され、偉大な大自然のなかを、かすかな行旅の一群が遅々たる歩を進めます。人類の至宝とも称すべき不朽の名品。蘇漢臣 宋代:秋庭戯嬰図蘇漢臣は宋の画院画家として名を残し、道釈画や人物画を得意とし、とくに童子の画に優れます。秋の気配ただよう...全文を読む

郭熙 『早春圖』

忘れえぬ光景

2013.06.09 (Sun)

 郭熙『早春圖』 濃墨を重ねた樹幹の描写、淡墨で描くその梢。山や岩の輪郭の重厚な筆づかい、樹々の芽吹くさま、精妙をきわめる山頂へと立ちのぼる早春の雲烟。郭煕の胸中理想の無限の境地が、卓越した技倆で表現されている。 雪舟などの日本の画家には描けない、独特の峻法で玄妖にしておどろおどろしく鑑賞者の魂を揺さぶる心象風景である。西洋の古典画では味あうことができない東洋美の極致と言える。書画を学び鑑賞する者に...全文を読む

「ライチ 茘枝」 冷果の女王

忘れえぬ光景

2013.06.08 (Sat)

 楊貴妃がこよなく愛した冷果の女王「ライチ 茘枝」台湾旅行の余韻がまだまだ続いている。ライチの時期が重なったのか、市場や道路脇の販売所に緑の枝葉のついたライチが無造作に束ねられて売ってあった。ライチの美味しさはよく知っていたので、飛びついて買った。台湾元で百元(380円)でヤマモモをもっと大きくしたような果実が30個ほどたわわについていた。試食したが、採れたての抜群の美味しさだった。旅行中全部食べきれずに...全文を読む

「生命の水」 21世紀の脅威

時事評論

2013.06.07 (Fri)

 「水に潤った」20世紀の終わり海外旅行して切実に体感することがある。それは飲料水の確保である。かならず、ペットボトルを携行して観光地巡りをしなければならない。日本ほど水がきれいで美味しい國はないと思う。この水の清らかさと美味しさが、良い意味での国民性や精神構造に大きな影響を及ぼしてきた。水のきれいな國や民族は、基本的な健康維持ができ、身も心も浄化される傾向がある。ミネラルウォーターは別として、いまで...全文を読む

千と千尋の神隠し

忘れえぬ光景

2013.06.06 (Thu)

 『千と千尋の神隠し』 癒しの効力昨夕、痛飲したにもかかわらず、今朝は心身ともにすがすがしい。山では、ホトトギスが、トウキョウトッキョキョカキョク・・・と鳴き耳に心地よい。ニーチェは言った。「人はみなあこがれへの旅人、そして、ふるさとへの巡礼者」非日常をあくがれて旅をしても、畢竟、日常の生活ほどいいものはないことに気づく。登山家の、「山を思えば人恋し、人を思えば山恋し」の心境に似ている。特に、料理な...全文を読む

万緑叢中紅一点 東洋の審美眼

忘れえぬ光景

2013.06.05 (Wed)

 日本人の審美眼石榴の花が美しい。この光景を詠んだ漢詩、「石榴」の「万緑叢中一点紅」が蘇る。この言葉を残した王安石は文学者としても優れ、散文家としては「唐宋八大家」の一人に数えられる。 詩人としては、典故を巧みに用いた知的で精緻な作風が特徴である。特に七言絶句は北宋第一とされ、欧陽脩や蘇軾のような人々からも高い評価を得ていた。また先人の詩句を集め、そのイメージを受け継いだり変化させたりすることによっ...全文を読む

美しさの尺度

教育評論

2013.06.04 (Tue)

 エリカは自然のままで~す。人間で言えば70歳になりま~す。身体改造願望は幸福につながるのか日本では、いま韓国ドラマブーム最盛期である。なるほど、内容も筋書きも、親を大切にする儒教の精神、人間性、過度の演出を控えた清潔感、ユーモアとペーソスにあふれ、なかなか見応えがある。むかしのテレビドラマに似ている。テレビ局が安価に仕入れることができることも原因のひとつだろうが、和製のドラマも見所が少なくなり視聴...全文を読む

非情城市 A City of Sadness

忘れえぬ光景

2013.06.03 (Mon)

 台湾北部の港町基隆市の近郊に位置する山あいの町・九份(きゅうふん)。1989年、それまでタブー視されてきた二・二八事件を正面から取り上げ、台湾で空前のヒットとなった映画『悲情城市』のロケ地となり、一躍脚光を浴びた。また、日本で、2001年に公開された映画『千と千尋の神隠し』のモデルになった町と紹介され、一般の観光客への知名度が一躍高まった。非情城市 A City of Sadness(1989年台湾・香港合作)1989年 ヴェネツ...全文を読む

台湾の黄金博物館

2013.06.02 (Sun)

 台湾の珍しい石たち台北・基隆市の金鉱が採掘されていた鉱山を訪れたら、小さな黄金博物館がイシコロを待っていた。日本の佐渡の金山に似て、金鉱原石の他に、採掘されていた鉱物、台湾中の石が所狭しと陳列してあった。水石愛好家にとっては、異国での最高のご馳走であった。念ずれば花は開くものである。イシコロの到着をひっそり待っていてくれた。...全文を読む

國の数だけ正しい主張がある?

時事評論

2013.06.01 (Sat)

 東京裁判主張者に不都合な真実は隠蔽され改竄されるこの年齢になると、他者の言うことが、そう易々と信じられなくなる。歴史や報道の真実性、信憑性については、どれが本当なのか判らない。人の数だけ、國の数だけ正しい主張があることは判るが、真相はいつも藪のなかである。戦勝国の主張、敗戦国の言い分。大戦中は日本が勝者、中国・韓国・台湾が敗者。戦後は、米国・連合国が勝者、日本が敗者、と歴史は目まぐるしく変わる。日...全文を読む

前月     2013年06月       翌月

Menu

プロフィール

イシコロおじさん

Author:イシコロおじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

<カレンダー>

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

アクセスカウンター