更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2015年07月  】 

平均寿命百歳の世界③

余白の人生

2015.07.31 (Fri)

  平均寿命百歳の世界③ 人の寿命はどこまで延びるのか? 「1年ごとに3カ月、人間の平均寿命が延びる」という傾向は、戦争や病気の流行にかかわらず、ここ200年の間変わらず見られてきました。バイオ技術の進化に左右されず、このまま平均寿命は延び続けるのでしょうか?この問題に対する意見は分かれています。 「このまま人間の平均寿命は延び続ける」とするのは人口統計学を研究するMax Planck InstitutesのJames Vaupelさんで...全文を読む

平均寿命百歳の世界②

余白の人生

2015.07.30 (Thu)

  平均寿命百歳の世界② 長寿の鍵はクジラが握っている? これまでにも老化を遅らせるという研究がなかったわけではありません。ノーベル賞を受賞した量子化学者のライナス・ポーリングさんはビタミンCを大量に摂取することで寿命を延ばせると発表しましたが、ビタミンCの大量投与には毒性があることが後の研究で明らかになっています。 また、10年ほど前にはSirtrisというスタートアップが赤ワインの有用性を模倣した薬を開発しよ...全文を読む

平均寿命百歳の世界

余白の人生

2015.07.29 (Wed)

  先進国の寿命は2030年に100歳へ がん治療などの医療や老化防止研究が現在のペースで進み普及すれば、人間の平均寿命が2030年までに100歳前後になる可能性が高いとの予測を米スタンフォード大のシュリパド・トゥルジャパーカー教授(生物学)がまとめた。ただし、恩恵は高価な先端医療を受けられる先進国に限られ、“命の南北格差”は拡大する見通しだ。 同大広報部が明らかにした教授の研究によると、世界各地の人口増加...全文を読む

新年の演説

時事評論

2015.07.28 (Tue)

  プーチン大統領 新年の演説(全文)親愛なる友人の皆さん!数分後には新たな年2015年が訪れます。いつもと同じように、私たちはこの祝日をどきどきしながら待ち、願い事をし、プレゼントを交換し合い、家族や近しい人々、友人たちと一緒に新年を迎えるというこの素晴らしい伝統を喜んでいます。雰囲気は良く、思いやりや寛大さが私たちの心をあたため、心は明るい考えや善良な行いのために開かれ、希望を抱かせます。もちろん、...全文を読む

「大審問官」②

雑学曼陀羅

2015.07.27 (Mon)

  バルナバスの福音書②堕落したユダヤ教社会に生まれたイエスが広めたのはユダヤ教の原点に還らんとする教えであり「キリスト教」なるものを広めたというのは間違いである。イエスの昇天の後になって一神教の道から逸れ、ローマ帝国領土内の土着信仰―多神教的偶像崇拝―の鋳型に嵌められたのが「キリスト教」である。その種を撒いた者こそがタルソスのパウロであった。イエスと使徒を激しく迫害したパウロは突然回心し偶像崇拝者た...全文を読む

「大審問官」①

雑学曼陀羅

2015.07.26 (Sun)

  バルナバスの福音書①バルナバスの福音書を巡る争奪戦、あるいは圧殺への戦いの劇(受難劇)は、まるで「レイダース」シリーズの一つのように面白く、また、法王庁(バチカン=カトリック)からの使者の「たとえ天からイエスが舞い降りようと、われわれのシステムは変わらない」という言葉は、ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」における「大審問官」を思わせる。だが、「大審問官」には、イエスの思想と権威を簒奪(本来は...全文を読む

冨の配分と還元

余白の人生

2015.07.25 (Sat)

  冨は全体の利益のために人間は、金持ちであれ、貧乏であれ、やがては人も金も地上から消えていく。老人になれば、金のあるなしにかかわらず、誰からも振り向かれなくなる。むしろ、金がある人の方が、株や預金高に脅え、相続税・骨肉の争いに巻き込まれることが多いだろう。貧乏人はその心配がなく枕を高くして眠ることができる。冨と人間の品格(人品)は、別物である。メディアで毎日吐き気がするほど炸裂するハーロー(後光)...全文を読む

『アナと雪の女王』

雑学曼陀羅

2015.07.24 (Fri)

  LET IT GO 「let it go」の意味と使い方   相手に悩みを打ち明けられた時に使う英語フレーズ   ボキャブラリー「let it go」はどんな意味なのでしょうか? 「let it go」の本来の意味は、「ほっておけ」、「そのままにしておいて」「あきらめろ」です。 「let go of it」、「let him go」、「let her go」などのフレーズと違って、「let it go」は抽象的なフレーズで、人の感情や思考に対して使います。相手が何かに悩...全文を読む

『セラフィタ』②バルザック 

文学・芸術

2015.07.22 (Wed)

  『セラフィタ』 バルザック 【両性具有】  『セラフィタ』の舞台はノルウェーである。主人公は両性具有者である。  両性具有のことはアンドロギュヌスともエルマフロジットとも言うが、バルザックはセラピム伝説を下敷きに、そこに北欧世界から生まれたセラフィタ(セラフィータ)という世にも妙(たえ)なる偶像をつくりだした。  ヨーロッパの両性具有の伝承や神話は、プラトン(799夜)にもグノーシスにも芽生えてい...全文を読む

『セラフィタ』①バルザック

文学・芸術

2015.07.21 (Tue)

   『セラフィタ』 バルザック 東の孟子に対するに、西のバルザック。 とても変な作家です。 野心家で、やたら稠密で、獰猛で、 夫人大好きで、純粋精神の探究家で、 途方もない構想の持ち主。 バルザックは「文芸編集システム」そのもので、 「欲望のアパラタス」そのものです。 こんな作家はめったにいない。 バルザックは変である。大変である。母親が育児に自信を失ったため里子に出されたからとか、ベルニー夫人をはじめ多...全文を読む

エロスの遊戯

文学・芸術

2015.07.20 (Mon)

  谷崎潤一郎 「鍵」谷崎のこの小説は「鍵」についてのくだくだしい言い訳から始まる。そのいいわけとは、56歳の大学教授が書いている日記のなかでなされる。その日記の中でこの老教授は、妻への色々な注文(それは主に45歳になる妻とのセックスに関することであるが)を書くのだが、それを是非妻に読んでほしいと思う。しかし自分から読むように勧めるのは気恥ずかしいので、妻が偶然この日記の存在に気づき、ひっそりと隠れて読...全文を読む

孤高という不遜な日本語

余白の人生

2015.07.19 (Sun)

  孤高という不遜な日本語独身人生は両親が死んでから本当の天涯孤独の人生がスタートする。貯金なんて役に立たない。今の時代、年金がまともに出るかなんの保証もない。自分の老後って、老後、老後と貯金や年金くらいしか今の現役世代は考えてないんじゃないだろうか?確かに老後にお金があれば急な医療費や困ったときに食材の宅配なども頼めるし、身体が不自由な分、周りにお金で助けてもらえることは多い。だけど、最近思うのは...全文を読む

孤高の男

雑学曼陀羅

2015.07.18 (Sat)

  孤高の男などいつの世も存在しない 高倉健に元女優の"養女"が!  昨年、高倉健が亡くなって週刊誌では数多くの追悼企画が掲載された。中でも年末に発売された「週刊文春」(文藝春秋)15年1月1・8日特大号の記事は衝撃的だった。これまで世間に全く知られることのなかった高倉健の「養女」が登場し、その関係を告白していたからだ。 「週刊文春」によれば、高倉の「養女Tさん」は現在50歳の元女優。記事には高倉とTさんとの関...全文を読む

ちはやふる

雑学曼陀羅

2015.07.17 (Fri)

  ちはやふる「ちはやぶる(=枕詞(まくらことば))神代(かみよ)も聞かず竜田川(たつたがは) 韓紅(からくれなゐ)に水くくるとは」 出典 古今集 秋下・在原業平(ありはらのなりひら)詞書(ことばがき)に、紅葉の流れる竜田川を描いた屛風絵(びょうぶえ)を題として詠(よ)んだとある。紅葉を浮かべる竜田川のさまを、くくり染めの織物に見立てた歌である。ちはや-ぶる 【千早振る】枕詞①荒々しい「氏(うぢ)」と...全文を読む

ガン発症の原因

雑学曼陀羅

2015.07.16 (Thu)

  がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半 【AFP=時事】がんは、家族歴や環境的要因ではなく、細胞分裂時に起きるランダムな変異の「不運」に見舞われることによって発生する場合が多くを占めるとの研究論文が、2日の米科学誌サイエンス(Science)に発表された。 米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)の研究チームが主導した今回の研究は、さまざまなヒト組織に発生する多様ながんを含めた統計モデル...全文を読む

胎生カエル 新発見

雑学曼陀羅

2015.07.15 (Wed)

 卵ではなくオタマジャクシを産むことが確認された新種のカエル(学名:Limnonectes larvaepartus)の雄(左)と雌。米カリフォルニア大学バークレー校ジム・マクガイア氏提供 オタマジャクシを産むカエル インドネシアで世界初の発見  AFP=時事 1月2日(金)10時37分配信 カリフォルニア大学バークレー校の研究グループが、インドネシアのスラウェシ島で非常に珍しい生態のカエルを発見した。なんとこの新種のカエルはヘビの...全文を読む

消える夜の宴会

時事評論

2015.07.14 (Tue)

   2015トレンド予測 夜の宴会2015年の飲食領域における流行予測は、女性の社会進出を背景とした企業の懇親会・歓送迎会を昼間に開催するという「部ランチ」だそうである。薄給な若者や子育ての主婦にとっては、気のあった友人たちと安い費用で楽しく会食するのが歓迎されるはずだ。参加したくもないのに、高い参加料や交通費(タクシー代、代行運転、ベビーシッターetc)でウンザリしている人がほとんどであろう。遠距離通勤の...全文を読む

ふたなりの世紀

余白の人生

2015.07.13 (Mon)

  ふたなりの世紀現代は、まさしくふたなりの時代である。現実社会を見ても男か女か判別できないような、老人の目には異星人が大手を振って闊歩している。メディアでも草食系・肉食系などという言葉でトランスジェンダーがもてはやされている。まさしく、性の倒錯転倒の世紀だ。欧米で加速的に進行する(退行する?)ホモセクシャル、レズビアンの同性婚も実に驚異的でイシコロのような老人には理解できない現象である。病理的現象...全文を読む

古稀の年頭

余白の人生

2015.07.12 (Sun)

  念ずれば花開く日の出(誕生)と夕日(消滅)は写真で見ても区別がつかない。ただ真っ赤に燃えている、これだけは共通している。光と闇のみごとな共演だ。念ずれば花開く、と、叩けよ!さらば開かれん、には大きな違いがある。念じるは脳内でただ思考すること、叩くとは行動に移すこと、これである。頭の中でいろいろ想像はしても、行動に移さなければなにも実現することはあり得ない。われ思う、ゆえにわれあり、ひと(他者)思...全文を読む

マザーグースの歌

教育評論

2015.07.11 (Sat)

  Where are you going ? マザーグースの歌から「どこへ おでかけ」 (壺齋散人訳)  “どちらへお出かけ おじょうさん”   “ミルクをしぼりに行きますの”   “ご一緒してもよろしいですか”   “どうぞ お気に召されるまま”   “お父さんは何をなさってる?”   “お百姓さんをしてますの”   “あなたの財産は何ですか?”   “お顔が私の財産です”   “じゃあ君とは結婚できないね”   “お構いなく 私も望みません...全文を読む

「偽娘」

雑学曼陀羅

2015.07.10 (Fri)

  偽娘 中国版ニューハーフ生物学的には男として生まれながら、女としての性同一性を感じる人々を、最近の日本語ではニューハーフというのだそうだ。女として生まれながら、男としての性同一性を感じる人々については、そうはいわないらしい。もともと芸能界起源の言葉だという。このニューハーフのことが中国でも話題になり、近年は彼らが積極的に自己主張するようにもなった、と人民網などは伝えている。中国語では彼らのことを...全文を読む

初日の出

忘れえぬ光景

2015.07.09 (Thu)

  初日の出 特集 初日の出の思い出  大晦日になると思い出す   8つ離れた兄貴たちが  中学生の頃   紅白歌合戦が終わると  友達が自転車に乗って  集まりだす   懐中電灯を持って  二つ岳にくりだす  目的は  初日の出を  拝むこと  おいてけぼりの僕は  いつも  悲しい思いをしていた   月日が流れ  ようやく  僕も中学生になり  悪友たちと  二つ岳へデビュー  高校まで続けてたっけ みんながたき...全文を読む

『ダークホテル』

時事評論

2015.07.08 (Wed)

  旅先でのWifi接続に要注意 「ネットギャング」が狙っている  12月31日(水)16時6分配信  速いスピードと料金の節約を兼ね、旅先ではホテルなどの無料Wifiに接続するのが賢いネットの使い方。ところが、無料Wifiへむやみに接続するのは大きな危険と隣あわせでもある。アップデートに見せかけたウィルスに感染し、端末に記録されている貴重な情報を盗まれる被害が相次いでいるからだ。発見したカスペルスキー・ラボによって「ダ...全文を読む

日本の神話

雑学曼陀羅

2015.07.07 (Tue)

  日本神話のセクソロジー古事記には、男女の性交や女性器への言及など、性的な表現があちこちに散りばめられている。特に神代の場面に、頻出するのであるが、それらを読んでも淫猥な感じは受けず、むしろほほえましいとの印象を抱く。これは、古代の日本人が、性というものに対して、大らかであったことの表れであるのかもしれない。この古代日本人のセクソロジーともいうべきものを、まず、イザナギ、イザナミの国づくり神話から...全文を読む

海外の10大ニュース

雑学曼陀羅

2015.07.06 (Mon)

  2014年海外の10大ニュース  2014年12月28日 12時00分  【1位】エボラ出血熱でWHOが緊急事態宣言  致死率が極めて高いエボラ出血熱の感染が西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネを中心に拡大、8月8日には世界保健機関(WHO)が緊急事態を宣言した。 米国やスペインでは、受け入れた患者を治療した医療従事者が二次感染するケースもあった。WHOの集計では死者は7500人を突破した。これまでの最悪だっ...全文を読む

今年の10大ニュース

雑学曼陀羅

2015.07.05 (Sun)

  2014年日本の10大ニュース  2014年12月27日 12時36分  【1位】御嶽山噴火で死者57人、行方不明者6人  9月27日午前11時52分、長野、岐阜両県境の御嶽山おんたけさん(3067メートル)が噴火した。山頂付近にいた登山者が噴火に巻き込まれ、57人が死亡、6人が行方不明になるなど、戦後最悪の噴火災害となった。 噴火当時、山頂付近には登山者ら約250人がいたとみられる。救助、捜索には警察、消防、自衛...全文を読む

英語を話せない理由

教育評論

2015.07.04 (Sat)

   「英語」は本当に必要なのか? 大学関係者から漏れる“英語不要論”  12月25日(木) 8時5分配信  英語をめぐる中高生の意識 文部科学省の中央教育審議会で、子供たちが実用的な英語を学ぶ環境づくりを進める議論が本格的に始まった。平成28年度にも改定される新学習指導要領では、小学生高学年から教科として導入される見通しだ。高校でも討論や交渉力を高める方針が示されている。だが、英語教育の“抜本的改革”は過去幾度...全文を読む

ペルシャ青釉銀化壺

やきもの

2015.07.03 (Fri)

  ペルシャ青釉銀化壺ペルシャ陶器とはイスラム時代のペルシャ地域で作り続けられた陶器で有り、イスラム時代のメソポタミヤ地方やウズペキスタンはペルシャの政治圏、文化圏に含まれる事が多いため、この地域の陶器もペルシャ陶器の中に含められます。我国も時に地域を広げ、イスラム時代の中東地域で作られた陶器を「ペルシャ陶器」と全般的に指して使われています。11世紀の中頃、セルジュク部のトグリルベイに率いられたトルコ...全文を読む

『陰翳礼讃』

文学・芸術

2015.07.02 (Thu)

  『陰翳礼讃』 谷崎潤一郎谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」は、日本家屋の特徴を論じたもので、要するに日本の伝統家屋には陰影がつきものだということを論じている。その小文に感心したのは、谷崎が論じる日本家屋の特徴を、我々の住んでいた家にも見ることが出来たからであった。というのも当時の家は、書院造の純日本風の家で、藁葺の巨大な屋根を持ち、家の周りに縁側を巡らし、外の空気とは、雨戸を取り払えば、障子一枚で隔てられ...全文を読む

ムツゴロウのラブコール

雑学曼陀羅

2015.07.01 (Wed)

  ムツゴロウのラブコールムツゴロウといえば有明海の名物として知られていたが、最近は干拓が進んだので、ムツゴロウも住みにくくなったことだろう。この写真にあるムツゴロウは、有明海のムツゴロウではなく、タイのリゾート地クラビの干潟で目撃されたものだ。ムツゴロウはトビハゼとともに東アジアの干潟に広く分布するのだ。泥の中をスキップする姿から、英語ではマッド・スキッパー(Mudskipper)という。ムツゴロウはほぼ2...全文を読む

前月     2015年07月       翌月

Menu

プロフィール

イシコロおじさん

Author:イシコロおじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

<カレンダー>

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

アクセスカウンター