更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2015年08月  】 

完全変態スマートホテル

雑学曼陀羅

2015.08.31 (Mon)

   ハウステンボスが世界に勝てる次世代ホテル  全貌発表 フロントはロボット  20150128 配信ハウステンボス(所在地: 長崎県佐世保市)は1月27日、ハウステンボスと都内会場を中継した記者会見を実施し、7月15日に開業するスマートホテルプロジェクト「変なホテル~変わり続けることを約束するホテル~」の全貌を発表した。 完全変態の「変なホテル」同社は2013年5月より、東大生産技術研究所などと連帯した実験施設「ハウ...全文を読む

祝婚歌 吉野弘

文学・芸術

2015.08.30 (Sun)

  祝 婚 歌二人が睦まじくいるためには愚かでいるほうがいい立派すぎないほうがいい立派すぎることは長持ちしないことだと気付いているほうがいい完璧をめざさないほうがいい完璧なんて不自然なことだとうそぶいているほうがいい二人のうちどちらかがふざけているほうがいいずっこけているほうがいい互いに非難することがあっても非難できる資格が自分にあったかどうかあとで疑わしくなるほうがいい正しいことを言うときは少しひ...全文を読む

空手還郷

余白の人生

2015.08.29 (Sat)

  9年ぶりの空手還郷(クウシュゲンキョウ) 201501242006年3月末から2015年1月24日まで9年間、外国語大学・短期大学の専任教授として教壇に立てる幸運に恵まれ、廣田の自宅で留守を守る子や孫のもとに帰郷した。古稀をむかえお役御免になったことが実情であるのだが。自分がいなければもっといい環境ができていただろうと忸怩たる思いのこの高齢化社会の日本で、利己的に考えると本当にゆたかな恵まれた9年間だっ...全文を読む

ふるさと 室尾犀星 

余白の人生

2015.08.28 (Fri)

  室尾犀星 ふるさとふるさとは遠きにありて思ふものそして悲しくうたふものよしやうらぶれて 異土の乞食となるとても帰るところにあるまじやひとり都のゆふぐれにふるさとおもひ涙ぐむそのこころもて遠きみやこにかへらばや遠きみやこにかへらばや(現代語訳)ふるさとは遠くにあって思うものそして悲しく歌うもの例え落ちぶれて 異土の乞食になったとしても帰るところでは無いだろうなあひとり都の夕暮れにふるさと思い涙ぐむ...全文を読む

伊勢物語絵巻四五段(行く蛍)

文学・芸術

2015.08.27 (Thu)

  伊勢物語むかし、をとこありけり。人のむすめのかしづく、いかでこのをとこにものいはむと思ひけり。うち出でむことかたくやありけむ、もの病みになりて死ぬべき時に、かくこそ思ひしか、といひけるを、親きゝつけて、泣く泣くつげたりければ、まどひ来りけれど死にければ、つれづれとこもり居りけり。時は六月のつごもり、いと暑きころほひに、よひは遊びをりて、夜ふけて、やゝ涼しき風吹きけり。蛍たかう飛びあがる。このをと...全文を読む

道の駅

時事評論

2015.08.26 (Wed)

  なぜ道の駅は儲からなくても店を出せるのか  地方活性化とは名ばかりの「産直販売施設」 道の駅は誰が作っているのか「民間業者が、普通に地元の特産品などを買える便利な商業施設として営業している」、と思っている方も多いと思います。 しかし、実は、道の駅の約8割は行政が設置しているという、立派な公共事業の一つです。 そのため、売上げを伸ばしていこうという努力が足りなかったり、そもそも立派な建物すぎてコストが...全文を読む

敬天愛人

雑学曼陀羅

2015.08.25 (Tue)

   西郷伝説  西郷隆盛の「敬天愛人」  西郷がよく書いた「敬天愛人」の出典は、新約聖書であったことが分かってきた。最初にこの文言を用いたのは、イギリスから帰って来た旧幕臣中村正直(敬宇)であった。かれは徳川家の静岡藩でキリスト教を「敬天愛人説」(一八六八年)として紹介し、一八七一年スマイルズ『西国立志伝』の訳を刊行した時、訳者「緒論」でもこの語を用いた。一六七一年清の康煕帝が「敬天愛人」という扁額...全文を読む

史実なき歴史の曖昧性

雑学曼陀羅

2015.08.24 (Mon)

 法然と親鸞をめぐる高校・倫理の教科書の主な記述(写真:産経新聞) 浄土宗、教科書に異例の反論 2015年1月19日(月) 20時37分掲載 法然、親鸞の師弟関係に「不適切な記述」  浄土宗、倫理教科書調査へ   高校で使われている倫理の教科書に、浄土真宗の宗祖、親鸞との師弟関係をめぐる不適切な記述があるとして、法然を宗祖とする浄土宗(京都市東山区)が4月から調査研究に乗り出すことが分かった。大半の記述は「法然が...全文を読む

Page 3

時事評論

2015.08.23 (Sun)

  英新聞サンのヌード写真に女性たち「ノー」  1月19日(月)15時9分配信 英大衆紙サン(タブロイド版)の3ページ目には毎日、女性のヌード(トップレス)写真が掲載される。「ページ3(スリー)」と呼ばれるこの欄の人気もあって、同紙の発行部数(約220万部)は英国最大だ。しかし最近、子を持つ女性を中心に「ページ3」への反対が高まってきた。女性たちは「女性の胸で新聞を売るべきではない」と「ページ3」廃止を求め...全文を読む

帰化人の国

雑学曼陀羅

2015.08.22 (Sat)

  大陸の動乱とボート・ピープル  弥生人の主力が渡来人であれ、縄紋人であれ、年々小規模の長期にわたる渡来の波は、日本列島の人類史を大きく変えていったことは確かである。これらの渡来は、実際には数次にわたる渡来の波があったと思われる。 上田正昭氏『帰化人』(中公新書)によると、渡来の波は四段階あった。 紀元前三世紀の弥生前期の第一の波、五世紀ころの第二の波、五世紀後半から六世紀初頭の時期の飛鳥文化の成...全文を読む

海を渡る富裕層

時事評論

2015.08.21 (Fri)

  中国:海を渡る富裕層 「投資で永住権」 中国が移民ブームに沸いている。国連の統計で1990年に408万人、2000年に549万人だった中国人の海外への累計移民数は、13年には934万人と急増し、世界4位に浮上。特に富裕層やエリートが増えている。世界第2の経済大国・中国で、なぜ富裕層は海外を目指すのか。【北京】 国内先行き不安が後押し 「英語がしゃべれなくても、投資さえすれば永住権が取れます」。昨...全文を読む

サバクダニの唄

雑学曼陀羅

2015.08.20 (Thu)

  サバクダニの唄谷の両端に足をかけ道化師は今日も唄をうたっている過ぎ去りし時はどこかと過ぎ去りし日々はどこかと愛し合うものたちの間を憎しみあう者たちの間を切ないほどの郷愁に指をかける一瞬を時は通り過ぎていく永遠とは流れることがすべてその終わりなき通過運動を私たちは己の肉体を滅ぼしながら伝え続けている過ぎ行く時の狭間で歌いながら自分が思っているよりもたくさんの喪失を経験したと気づいた数限りない喜びの...全文を読む

ときめきのアンチエイジング

雑学曼陀羅

2015.08.19 (Wed)

  同窓会は心のアンチエイジング シニア世代の出会いの場として注目されているのが、同窓会だ。シニア世代の性愛事情に詳しい作家の亀山早苗さんは言う。「最近、同窓会で焼けぼっくいに火がつくケースをよく聞きます。特に40代から同窓会は急増しますね」 亀山さんの知り合いには、中学、高校、大学と年に一度は必ず同窓会を催すというツワモノがいるという。「その都度、すごく盛り上がるそうです。シニア世代にとって同窓会は...全文を読む

過ぎ去りし日 それはきのう

余白の人生

2015.08.18 (Tue)

  過ぎ去りし日のアイノウタ 吉見一星胸を締め付ける二人のPhoto色褪せずまるで昨日の事会話すら全部思い出せる程…君は「きれいだね」って言ってた二人で見てた深夜のTV君は「ほら見て!」って嬉しそうに無邪気過ぎる君を僕は不意に抱き締めた事もあった散りゆく花に抱かれ 君と過ごした春「あなたはそのままでいい」って言ってくれた事…忘れていないよ今も…あの頃みたいに笑ってますか?あの日の泣き顔がよぎる春夏秋冬いつも無理...全文を読む

歴史修正(歪曲)主義

雑学曼陀羅

2015.08.17 (Mon)

  歴史修正(歪曲)主義 真相は藪の中戦場において兵士たちが相互に殺しあう。それが戦争である。しかし戦場となった地域の一般庶民は、つねに犠牲者となってきた。家は焼かれ、田畑は荒され、女たちは犯された。住民が皆殺しにされた例は無数にある。病人や老人は、味方の軍隊から足手まといとされることもあった。一一八五年の檀の浦の戦いで、源義経は、潮の流れが変わると、平家の船の漕手である舸子たちを射ることを命じた。...全文を読む

緑茶の由来

雑学曼陀羅

2015.08.16 (Sun)

  負の遺産? 鎖国 茶の語源 茶をティーと発音する地域と、チャを発音する地域がある。語源は中国の広東語のCH’Aと福建語のTAYである。広東語のCH’Aは東北アジアに伝わって日本(日本語ではチャ)にも到来し、陸路モンゴル(乳茶、塩味の緑磚茶)、チベット(バター茶)、インド、中近東(ペルシャでは苦く黒く、ういきょうの実か丁子を入れる)、東欧に伝わった。西ヨーロッパの例外はマカオから輸入したポルトガルだ...全文を読む

古式ゆかしいドーパミン民族

雑学曼陀羅

2015.08.15 (Sat)

  二〇世紀の神前結婚式 若い人々が豪華な結婚式をあげることが流行している。ブライダル産業は大繁盛である。式や披露宴のスタイルはあらかじめ決められており、創意・工夫をする余地は少ない。「みなさん、こうしていらっしゃいます」と業者にいわれると抵抗しにくいのだそうだ。わたくしたちの若いころは無宗教で会費制が多かったと思うが、今は神前結婚がかえって増大した。 しかし神前結婚は日本の伝統ではない。もともと結...全文を読む

ジャパネットたかた

雑学曼陀羅

2015.08.14 (Fri)

  ジャパネットたかた社長の「普通の低い声」   1月17日(土)16時21分配信  通販大手「ジャパネットたかた」の高田明氏(66)が2015年1月15日、社長から退任した。16日には、長男の旭人(あきと)新社長(35)とともに会見に臨んだが、そこでの「声のトーン」がネット上でにわかに注目されている。 甲高い声でおなじみだった「名物社長」の退任あいさつに、ネットユーザーは「あの声がなくなるのか...」と惜しむ一方で、会見時...全文を読む

東大 軍事研究再開

時事評論

2015.08.13 (Thu)

  東大大学院 軍事研究一定程度可能に 1月16日 11時54分東京大大学院情報理工学系研究科が昨年12月、軍事研究の禁止を定めた指針を見直し、「研究には軍事利用と平和利用の両義性があり、両義性を深く意識しながら研究を進める」と改めていたことがわかった。「成果が非公開となる機密性の高い軍事を目的とする研究は行わない」と定めているが、この研究科では、一定の制限の中で、軍事研究が行われる可能性も出てきた。東大で...全文を読む

ユニクロ残酷工場

時事評論

2015.08.12 (Wed)

  ユニクロ"残酷工場"で何が起きているのか   「地獄のような危険な労働環境」――。香港のNGOであるSACOMは1月15日、厚生労働省で記者会見を行い、カジュアル衣料店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの製造を請け負う、中国企業2社の労働状況に関する報告書について説明した。  48ページに上る「中国国内ユニクロ下請け工場における労働環境調査報告書」では、2社の基本給が最低賃金であることや時間外労働が月100時間を...全文を読む

不老不死 「NMN」

余白の人生

2015.08.11 (Tue)

   不老不死 「NMN」NMNという物質についての発表があった。メスのマウスの寿命が16%のびたとか。ミズーリ州 セントルイスに今井眞一郎教授がいる。NMNの効果を世界で初めて発見した。白い粉だ。最強の“若返り薬”への可能性が開かれる。実験で明らかになった「NMN」の重要性とは?老化の原因を発見し、老化の進行を逆戻りさせることに成功したそうだ。学者たちは、細胞老化の原因を発見し、老化の進行を逆戻りさせる薬を開発し...全文を読む

ツガネ

忘れえぬ光景

2015.08.10 (Mon)

  二十数年ぶりのツガネ(モクズガニ)今年3月に退職する教え子の記念品購入のために出かけた。途中でジゲモン(農作物販売所)に立ち寄ったらなつかしいツガネがあった。友人のやきしめ作陶家は蟹に眼がないので、昼食の肴に早速仕入れた。タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニと比べたら淡水産の小振りの蟹である。海産の蟹と比べたら、身は少ないが蟹味噌は味が濃縮され抜群の美味しさである。肥前地方の人々(数寄者)は、このこと...全文を読む

宇宙船SSⅡ

時事評論

2015.08.09 (Sun)

  宇宙船SSⅡの墜落 2014年11月 4日 アメリカの宇宙産業会社ヴァージン・ギャラクティック社がカリフォルニアで打ち上げた宇宙船スペースシップⅡがモハーヴェ砂漠に墜落し、二人の乗務員のうち一人が死亡、一人がパラシュートで脱出したものの重傷を負った。この事故を巡っては、直前にスペースX社の開発したロケットが爆発したことも併せて、民間会社による宇宙開発の限界を指摘する向きもあり、宇宙旅行の実現は当分先延ばしに...全文を読む

ヤマトダマシイ

雑学曼陀羅

2015.08.08 (Sat)

  植え付けられた大和魂と武士道 天壤無窮の神勅  サクラ教科書の制定された翌年の一九三四年(昭和九)に、尋常小学校に入学された方の修身の試験答案を見せた頂いたことがある。一年から六年までの答案であるが、各学年とも三問あるうち、第一問と第二問は共通である。第一問は二月十一日は何の日か、それはどんないわれがあるかというものであり、第二問は天壌無窮の神勅を書けというものである。 天壌無窮の神勅というのは...全文を読む

日本人と櫻

雑学曼陀羅

2015.08.07 (Fri)

  日本人と櫻 サクラ前線  三月から六月にかけてサクラ前線が日本列島を北上する。各地の気象台の庭に植えてあるソメイヨシノのつぼみのふくらみ具合が、その基準となっているという。ソメイヨシノは日本のサクラの八割を占める品種である。 一九三三年(昭和八)から使われた尋常小学校の国語教科書の冒頭の一節は「サイタ、サイタ、サクラガサイタ」であり、俗にサクラ教科書という。しかし新学期が始まって四月十日前後にこ...全文を読む

日本海海戦

雑学曼陀羅

2015.08.06 (Thu)

  日本海海戦 次ぎは海軍の出番である。ロシア艦隊は、極東、黒海、バルチックの三艦隊を持っていたが、極東艦隊は旅順公に閉じ込められ壊滅、黒海艦隊は反乱を起こし、残るはバルチック艦隊のみであった。この年ロシアでは一月以来全土に革命が拡大していた。極東での意味のない戦争、長引く飢えが原因である。革命の波に覆われながらも、ロシア帝国は極東での戦争に勝つべく、虎の子のバルチック艦隊を極東に廻航した。バルチッ...全文を読む

乃木希典

雑学曼陀羅

2015.08.05 (Wed)

   無能将軍 乃木希典 日露戦争の旅順総攻撃を指揮した第三軍司令官乃木希典(一八四九~一九一二)は、長州出身(正確には支藩の長府藩士)で、吉田松陰の縁戚にあたる。有名な松下村塾は松陰死後も叔父の玉木文之進によって継続されたが、希典と弟の真人は幼時、かれに養われた。弟は文之進の養子となり、玉木正誼となった。希典は明治維新では長府藩報国隊の一兵士であったが、明治維新後は松陰の縁戚のため優遇され、実戦の...全文を読む

冷凍食品

雑学曼陀羅

2015.08.04 (Tue)

  冷凍食品は危険物だらけ?  一時期、2ちゃんねるスレッドに頻繁に立っていたスレがあった。「セブン-イレブンの食いもんがレベル高すぎる件」「セブン-イレブンで一番うまい食べ物が決まった」「セブン-イレブンのこれ美味すぎてヤバい」などの、セブン-イレブンのPB商品・セブンプレミアを絶賛するスレッドである。 なかでも評判なのが「つけ麺」。書き込みを見ると、「美味すぎるwww」「安価の割に美味かった」「ラーメン...全文を読む

ヘイトスピーチ

時事評論

2015.08.03 (Mon)

  ヘイトスピーチは隣人の悪口から この意味では、人の物を盗むな。嘘をつくな。弱い者いじめをするな。人の悪口を言うな。 はすばらしい我が民族の箴言である。憎悪とは、家族単位、共同体、地域、国家、民族へと発展しただけのことだ。悪口、不満・中傷、非難だけで済めばよいが、過去の怨恨までさかのぼれば殺人・テロに発展して深刻な状況を招く。哀しいかな、現代は世界中でこの争いが絶えない。このままでは、世界中の人々...全文を読む

「征韓論」

雑学曼陀羅

2015.08.02 (Sun)

  「征韓」論 耳塚 京都に豊臣秀吉を祀った豊国神社があるが、そこから一五〇メートル離れて耳塚と呼ばれる塚がある。最近までかけられている京都市の説明板によると、豊臣秀吉がおこした文禄・慶長の役で朝鮮人の鼻や耳を斬り、それをあとで供養したものだとあり、「耳などをきりとるのは当時の戦いにあっては必ずしも残酷とはいえない」とあった。日本の武士が首狩り族であったことをわれわれは見落としてはなるまい。武士たち...全文を読む

前月     2015年08月       翌月

Menu

プロフィール

イシコロおじさん

Author:イシコロおじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

<カレンダー>

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

アクセスカウンター