更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2016年06月  】 

風車

忘れえぬ光景

2016.06.30 (Thu)

  クレマチス テッセン(鉄仙・鉄線) カザグルマ(風車)テッセンは茶花として夏に好まれる花である。床より高い花器(釣船、瓢箪型、掛花入れ)に投げ入れたら一輪でさまになる。花が大きいので、複数の花は多すぎて気品がなく茶花にはならない。花の咲き加減は、初花・当季・名残りのいわゆる「一花三季」があって、花びらの形がきれいなので開花が一番よさそうだが、これから咲く花も椿の蕾同様に初々しく清楚である。カザグルマ...全文を読む

お蚕さま

忘れえぬ光景

2016.06.29 (Wed)

  蚕起食桑:かいこおきてくわをはむ 東洋人の自然に対する感性は独特の美学があり、西洋人には真似ができない。 特に、日本人の文学、音楽、和歌、短歌、俳句においては、自然が奏でる音色を好んで取り込んだ。 この音色は、立体的、空間的に奥行きが広がり、色彩的にあざやかでもある。 現代の喧噪で無機質な人工音に曝されていると、自然の静謐な音は耳には届かない。 大自然のなかで、耳を澄ませれば、生物が奏でる歌ほど...全文を読む

深山幽谷

余白の人生

2016.06.28 (Tue)

  深山幽谷の花 久しぶりに先輩からの季節の花だよりである。 花に優劣はつけられないが、深山の花にはなぜか孤高なる気品がそこはかと漂う。 先輩(撮り手)の清らかであるがまま澄心無碍の写像がじかに傳わってくる。 人間の手が加わらない無為自然の世界であるからだろう。 ニンゲンとはそれほど脆弱でちっぽけな存在なのだ。 とはいうものの、たかがニンゲン、されど人間。 どうにも、困ったもんだ。   こんばんは!...全文を読む

カモとサギ

余白の人生

2016.06.27 (Mon)

  カモとサギカモ:サギさんは、いつも僕たちの後をついてきてどうして朝食の邪魔をするんだい。サギ:君たちがホテイソウの根をつつき回すと、ザリガニが驚いて飛び出してくるんだよ。サギ:君たちは植物しか食べないから迷惑にはならないだろう。    ぼくたちは、ザリガニ、魚、カエルが大好物なんだ。サギ:ほらまた飛び出してきた。今朝はこれで6匹目だ。   ああ、この喉ごしがたまらないよ。カモ:わかったよ。...全文を読む

「因幡の白兎」

雑学曼陀羅

2016.06.26 (Sun)

  「因幡の白兎」と蒲の穂「ガマ(蒲)」はガマ科の多年草で、日本全土の池や沼に分布しており、水の中に地下茎をのばして生長し、葉の高さは1~2mになる植物です。葉は幅1~2㎝で、長さは50cm~150㎝になり、茎の先には円柱型の花穂をつけます。穂の上部は細く、雄花が集まっており、下部は赤褐色で太く、雌花が集まっています。花期は6~8月で、黄色の雄花穂は花粉を散らした後は軸を残して落ちます。緑褐色の雌花穂は熟して茶褐...全文を読む

朝露

余白の人生

2016.06.25 (Sat)

  朝露 くちなしの花 月下美人  ムラサキツユクサ 蒲の穂 里芋...全文を読む

『子育てごっこ』③

雑学曼陀羅

2016.06.24 (Fri)

   『子育てごっこ』■昭和52年/1977年 【京三(46歳)・千尋(14歳)】 ・1月18日 京三、『子育てごっこ』により第76回直木賞を受賞。  ――以下引用は、受賞後のインタビュー記事。これ以後も、千尋本人は小説のモデルにされることを嫌がっていた、と各種記事に書かれる。「受賞作では妻のことや少女のことをあしざまに書いている。「別に悪いとも思ってはいません。事実なんだから仕方がないんだという気持ちです」。モデル...全文を読む

『子育てごっこ』②

雑学曼陀羅

2016.06.23 (Thu)

  『子育てごっこ』三好京三さんと受賞作 『子育てごっこ』。直木賞にまつわる数多くのテーマが、凝縮されて詰まっています。 純文学と大衆文学との区別。純文学への憧れ。東京と地方との温度差。権威欲。名誉欲。週刊誌を中心とした、あることないことのゴシップ。そこから生まれた印象が独り歩きしての、文学とは何の関係もない批判や批評の雨あられ。…… とくにゴシップについては、直木賞界広しといえども京三関連の右に出る...全文を読む

『子育てごっこ』①

雑学曼陀羅

2016.06.22 (Wed)

  『子育てごっこ』 「子育てごっこ」(『文學界』昭和50年/1975年12月号) 選評の概要 この回の全概要 見方・注意点 候補者 三好京三 男45歳 選考委員 評価 行数 評言 水上勉 男57歳 ◎ 36 「作者の目は、よくゆきとどき、狡くて、かしこくて、おしゃまで、手に負えぬ少女をよく描き、教師夫妻の受け身な心理も、おもしろく納得できた。」「この作者の心田を買った。とにかく温かい。」「東北の寒地にこういう文学が芽をふいた...全文を読む

『名人伝』ここにあり

余白の人生

2016.06.21 (Tue)

  『名人伝』ここにあり親子の絆、家族の絆、人間の絆・・がますます希薄になっていく現代。ふと、三好京三の『子育てごっこ』の世界を思い出した。「血は水よりも濃い」、「遠い親戚より近い他人」。人によって、家族によって、該当する中身が違ってくるだろう。少子化、核家族化、3世代同居、いろいろ問題を抱えている。これまで、先進諸国における少子化の原因が、論じられてきたが何ら進展していない。エンゼルプラン、国の施...全文を読む

ミラン・クンデラ

文学・芸術

2016.06.20 (Mon)

  『存在の耐えられない軽さ』 今までに読んだ本の中で、大切な一冊がある。ミラン・クンデラの『存在の耐えられない軽さ』である。大学に入って、当時最新の日本文学(安部公房、大江健三郎、高橋和己など)を読んでいたときに、本屋で見かけた。日本人作家も世界的な名声はあるが、クンデラに比べるとスケールが小さすぎる。今でも、この後遺症は続いているのだが、そんな小さな世界で満足していた自分が恥ずかしかったと同時に...全文を読む

動画と静止画Ⅲ

文学・芸術

2016.06.19 (Sun)

  Photo and MovieⅢフイルムカメラ撮影の感性と哲学について検索していたらヒットした。PhotoとMovieの共棲性・芸術性について、写真の素人にもわかる格調高いアカデミックな論文が展開されていて興味深い。映像・画像のアナログ文化とデジタル文化についても、改めて考えさせられた。確かに、一枚の写真は、人間の瞳やすべての感覚器官を総動員して、見る人の主観で判断し、百人百様の未完成・未完結の解釈ができる。したがって、...全文を読む

動画と静止画Ⅱ

文学・芸術

2016.06.18 (Sat)

  Photo and MovieⅡフイルムカメラ撮影の感性と哲学について検索していたらヒットした。PhotoとMovieの共棲性・芸術性について、写真の素人にもわかる格調高いアカデミックな論文が展開されていて興味深い。映像・画像のアナログ文化とデジタル文化についても、改めて考えさせられた。確かに、一枚の写真は、人間の瞳やすべての感覚器官を総動員して、見る人の主観で判断し、百人百様の未完成・未完結の解釈ができる。したがって、...全文を読む

動画と静止画Ⅰ

文学・芸術

2016.06.17 (Fri)

  Photo and MovieⅠフイルムカメラ撮影の感性と哲学について検索していたらヒットした。PhotoとMovieの共棲性・芸術性について、写真の素人にもわかる格調高いアカデミックな論文が展開されていて興味深い。映像・画像のアナログ文化とデジタル文化についても、改めて考えさせられた。確かに、一枚の写真は、人間の瞳やすべての感覚器官を総動員して、見る人の主観で判断し、百人百様の未完成・未完結の解釈ができる。したがって、...全文を読む

フイルムカメラ

余白の人生

2016.06.16 (Thu)

  フイルムカメラ撮影の魅力ネオイチで写真をとり続けていると、望遠やマクロで、被写体をピンボケすることなく鮮明に撮るために、連写や追尾などの技術面に神経が集中してしまい、いささか疲れてきた。撮影後、無制限の膨大な画像の中から気に入った一コマを選択する作業も、ルーティンワークとなり楽しみの一つになった。ただ、毎回の膨大な捨像の繰り返しに、正直言って虚しさも感じる。技術力のスキルアップと退屈しのぎのため...全文を読む

あなたがそこに

余白の人生

2016.06.15 (Wed)

  あなたがそこに 鳶は人間大好きです   20150601 0645 朝靄、曇天、黄砂のため、軽量GEの望遠が冴えない あなたがそこにただいるだけで、その場の空気が明るくなる。あなたがそこにただいるだけで、みんなの心がやすらぐ。そんなあなたに私もなりたい。 - 相田みつを -...全文を読む

水墨画の鷺

余白の人生

2016.06.14 (Tue)

  まさに水墨画『松林図屛風』 蒼鷺の淡彩  20150531 薄曇り...全文を読む

ツメバケイ

雑学曼陀羅

2016.06.13 (Mon)

  ツメバケイ鳥の世界は、高雅で深淵かつ神秘的である。羽、眼、足の色彩も色とりどりで、言葉や絵画で表現できないほど美しい。人間は、自力で大空を自由に高く飛べないから、美しい羽がないから、あこがれるのかもしれない。たしかに、人間ほど色彩的に単調で醜い生物はいないだろう。それは、自然界で美しくたくましく生きる意志・意欲を失ってしまったからだ。うつくしい自然、掛け替えのない地球を破壊する文明の進化に何の意...全文を読む

バンの求婚

余白の人生

2016.06.12 (Sun)

  バンの求婚 予期せぬ出来事  20150531 撮影開始以来、はじめてバン(ツル目クイナ科でカモではない)のラブシーンに遭遇した。...全文を読む

韜晦と露顕

余白の人生

2016.06.11 (Sat)

  韜晦と露顕久しぶりに懐かしい漢字「韜晦」に遭遇した。現代は、露顕・自己顕示の時代、世紀だと思う。実に、無機質であり情緒・感性のカケラも霧消して、味も素っ気もない時代である。これも西洋思想的資本主義に席巻され、魂まで売り渡したツケが回ってきた結果だ。世におもねる曲学阿世の輩が大手を振って跋歩し、教養も哲学もない人間が増殖する。世の中があまりにも強欲浅学のため、清貧博学な人間は隠遁し韜晦を余儀なくさ...全文を読む

人間と動物

文学・芸術

2016.06.10 (Fri)

  人間と動物「動物」とは「人間界」の「外部性」であり、人間のように「存在了解」を持てない点で、根本的に我々とは異なる存在であると規定されてきた。アガンベンの企ては、リンネが規定した「ホモ・サピエンス」の定義の本質的な“曖昧性”を問い質すことで、新たに「人間」と「動物」の意味を根源的に思索する壮大な試みである。 「動物」とは何かアガンベンは動物学、存在論という二つの方向性から「動物」についてアプローチ...全文を読む

アカマイ

雑学曼陀羅

2016.06.09 (Thu)

  アカマイ  世の中には地味だが凄い奴がいる。  インターネットの利用者のほとんどが知らないアカマイもそのひとつだろう。スマホ、フェイスブック、ツイッターなどのソーシャルメディアを使っているユーザーは、ほぼまちがいなくアカマイのお世話になっている。インターネットのトラフィックの半分をグーグルと分け合っているほどだ。  そうではあるのだが、アカマイは個人ユーザーのために出来上がった企業ではない。それゆ...全文を読む

一雨潤千山

余白の人生

2016.06.08 (Wed)

  一雨潤千山(いちうせんざんをうるおす)   いよいよ、梅雨の季節にはいります。 禅語に、上記のような語句があります。 最近は、地球温暖化や地球環境破壊のためか、あちこちで火山が爆発したり、一晩の豪雨で大洪水になり尊い人命が奪われたりしています。・・・ 「一雨奪千人」 宗教の教義も禅語も、人間にとって目を背けたくなるような不快で残酷な事柄・現象をできるだけ避けて、世の中のためになるような心地よい徳...全文を読む

「360度パノラマ」

雑学曼陀羅

2016.06.07 (Tue)

  「360度パノラマ」 カメラ日本人は名ばかりのブランド・メーカー製品に弱い。野球は巨人、空の旅はJAL、カメラはニコンかキャノン、・・・神話になりつつある。好物の芋焼酎も、大量生産で質の落ちた白波・黒霧島より木挽のほうが芳醇な芋の香りがして美味しい。ところで、ドッグイヤーで急変する時代の流れに取り残される企業が増えている。経営者の時代について行けない、アグラをかいた殿様商法と、消費者の愚直な思い込...全文を読む

心象風景

文学・芸術

2016.06.06 (Mon)

  写真家の心象風景カルティエ・ブレッソンは、絵画は瞑想であり、写真は射撃であると言いました。決定的瞬間を重要視した写真家、ブレッソンには、写真家の作業が被写体を射撃するようなのに、画家の作業は、対象物を熟視して想像力を働かせて感動をキャンバスに再構成すると見たのです。画家は屡々心象風景を描きますが、心象風景は心の中に思い描いたり、浮かんだりする風景です。多くは現実の風景から触発された風景です。画家...全文を読む

マクロの世界

余白の人生

2016.06.05 (Sun)

  GEマクロ(接写5cm)の世界 早朝の散歩道で出逢った花たち; 時計草、撫子、黄色ヒゴタイ?(阿蘇のヒゴタイはブルー)、南天。 共存するアリや蜘蛛・蜂も写っていた。 人間も動・植物も昆虫も、すべての生物が、持ちつ持たれつ共存共栄の世界だ。 軽くて携帯しやすい、手のひらサイズのGE望遠ネオイチも隅に置けない。 ズームとマクロの世界をこれだけ描写できれば云うことはない。 20150528 6:45 曇天...全文を読む

有名貧乏作家転落記

文学・芸術

2016.06.04 (Sat)

  年収1億円から困窮生活へ 芥川賞作家・柳美里が告白「なぜ、私はここまで貧乏なのか」  芥川賞作家の柳美里氏が、3月に上梓した『貧乏の神様 芥川賞作家困窮生活記』(双葉社)が話題になっている。昨年10月に柳氏が公表して話題となった雑誌「創」(創出版)の連載エッセイの原稿料未納問題や、困窮のためネット回線が止められ、公共料金や仕事の電車賃、あげく食費にも困るという作家の実情がつぶさに書き綴られているのだ。...全文を読む

孤独の絶対性

文学・芸術

2016.06.03 (Fri)

  孤独の質 井伏鱒二の世界  作中の「私」の孤独を問題にしている点では一致である。井伏の処女作『山椒魚』の「寒いほどひとりぼっちだ!」という孤独感と比較しながら「人間はさびしいものだ、という原罪意識にも似た寂寥感が『屋根の上のサワン』の底を流れている」といい、「サワンに托したわたしの心情の切なさ、サワンとわたしの思い屈した心情の象徴的存在として、一種の人間的哀愁がこめられていることをみのがしてはな...全文を読む

屋根のアオサギ

忘れえぬ光景

2016.06.02 (Thu)

  「屋根の上のサワン」早朝の散歩の途中で、「屋根の上のアオサギ」を撮影した。ふと、むかし読んだ井伏の「屋根の上のサワン」を思い出した。この時のアオサギの心境は、わたしの突然の闖入者に朝の食事を邪魔され、はやく元の位置に戻りたい一心の顔をしていた。マズローの法則のように、生きるための日々の食事・住居だけで精一杯なのだ。人間は、自分の都合の良いように願望で状況を描写しようとする。身勝手な人道主義、徳義...全文を読む

釣り銭で逮捕

雑学曼陀羅

2016.06.01 (Wed)

  コンビニで「約5万円」のお釣りを受け取り逮捕  ――気づかなくても「犯罪」になるのか? 弁護士ドットコム  5月26日(火) コンビニの会計で、本来よりも多くのお釣りを受け取ったと気づきながら、そのまま持ち去ったとして、宮城県石巻市の女性が5月下旬、詐欺の疑いで宮城県警に逮捕された。 報道によると、女性は今年3月下旬、石巻市のコンビニで携帯電話料金を支払った。その際、本来なら約3000円の釣り銭のはずが、約4万80...全文を読む

前月     2016年06月       翌月

Menu

プロフィール

イシコロおじさん

Author:イシコロおじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

<カレンダー>

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

アクセスカウンター