更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2017年07月  】 

惜陰柳條庵

忘れえぬ光景

2017.07.31 (Mon)

 「雨風朝に強ければ掩門して不出家 酒を温め還座して石榴と朋友と(與)歓笑するも亦々一樂 壱州山人」 行きつけの寿司屋さんに頼まれ、四季折々の漢詩入り書画冊を四冊贈呈した。先般5年前公務で訪ねたら12年前に進呈した一冊が掛けてあり嬉しくなった。よくもまぁ文人気取りで恥も外聞もなく描いたものだ。岩絵の具ではないので経年で色あせていたのが印象的。 惜陰柳條庵 復古録 20151225 我家の少私寡欲なモナリザ誕生...全文を読む

小曽根乾堂

書画・骨董

2017.07.30 (Sun)

  小曽根乾堂 小曽根 乾堂 (こぞね けんどう、文政11年5月2日(1828年6月13日) - 明治18年(1885年)11月27日)は、江戸時代末期から明治時代の日本の事業家・書家・文人画家・篆刻家である。明治政府の勅命により御璽・国璽を刻したことで知られる。また坂本龍馬のよき理解者であり財政面を支えている。幼名を六郎太、六朗。諱を豊明、字を守辱、乾堂は号で室号を鎮鼎山房・浪平釣叟とした。通称は栄。長崎の人。小曽根家の遠...全文を読む

惲 寿平

書画・骨董

2017.07.29 (Sat)

  惲 寿平惲 寿平(うん じゅへい、崇禎 6年(1633年) - 康熙29年(1690年)は中国清代初めの文人画家・書家。清初六大家の四王呉惲の一人。初名は格だったが、後に字の寿平が名前のように通用したので別に字を正叔とした。 号は南田・東園生・白雲外史・雪渓外史など。日本では惲南田と称されることが多い。 江蘇毘陵(現・常州市武進区)の人。 略伝惲一族は明代には毘陵の名家であったが、清軍によって多くの同族を殺され零落...全文を読む

「ダース・ベイダー」

雑学曼陀羅

2017.07.28 (Fri)

  「ダース・ベイダー」が日本で愛される理由 日本の甲冑からヒント。人間機械の登場と社会への受け入れを予感?  「彼は今や人間というより機械だ...」  禁欲的なジェダイマスターであるオビ=ワン・ケノービは、映画『スター・ウォーズ』 3部作の中で、サイバネティクス技術で機能を強化した敵役のダース・ベイダーについて、こう断言した。この架空のサイボーグは長い間、シリーズでの最も注目される人気キャラクターとなっ...全文を読む

『影武者』

忘れえぬ光景

2017.07.27 (Thu)

   『影武者』『影武者』 は、1980年(昭和55年)に公開された日本映画。監督は黒澤明。カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した。当初、予算難で制作が危ぶまれていたが、フランシス・フォード・コッポラ及びジョージ・ルーカスの助力で予算を確保し、完成させることができた。黒澤作品では唯一、実在の戦国武将にまつわるエピソードを取り上げたスペクタクル巨編である。黒澤は、次回作 『乱』の撮影準備(リハーサル)として...全文を読む

アブダクション

教育評論

2017.07.26 (Wed)

    (ビッグデータを構成する各種データ例)  アブダクションアブダクションとは、仮説形成、仮説形成法、仮説的推論、発想推論、アブダクティヴな推論、最良の説明への推論。リトロダクション(英: abduction, abductive reasoning, inference to the best explanation, retroduction)とは、個別の事象を最も適切に説明しうる仮説を導出する論理的推論、仮説形成や仮説的推論などと訳されている。古くはアリストテレスがア...全文を読む

「代悲白頭翁」

文学・芸術

2017.07.25 (Tue)

  「代悲白頭翁」洛陽城東桃李花 飛來飛去落誰家 洛陽女児惜顔色 行逢落花長嘆息 今年花落顔色改 明年花開復誰在已見松柏摧為薪 更聞桑田変成海 古人無復洛城東 今人還対落花風 年年歳歳花相似 歳歳年年人不同寄言全盛紅顔子 応憐半死白頭翁 伊昔紅顔美少年 公子王孫芳樹下 清歌妙舞落花前 光祿池台開錦繍将軍楼閣画神仙 一朝臥病無相識 三春行楽在誰辺 宛転蛾眉能幾時 須臾鶴髪乱如糸 但看古来歌舞地 惟有黄...全文を読む

退職祝賀帖

書画・骨董

2017.07.24 (Mon)

  返樸(朴)帰眞帖の背景  少私寡欲 「素(そ)を見(あら)わし、樸を抱け。私を少なくし欲を寡(すく)なくせよ」というのはどういうことなのか。 素というのは、質素、素朴ということだろう。つまり飾り気を取って素地を顕わにせよと言っているわけだが、その素地というのがどんなものであるかが問題である。次の「樸」という言葉は他の章でもたびたび出てくるが、本来の意味は、山から切り出したばかりの木のことである。...全文を読む

五體字と吉祥文字

書画・骨董

2017.07.23 (Sun)

  五體字類と吉祥文字賀状の季節になると忙しくなる。曲りなりにも書を嗜んだものとしては、表書きだけは筆と決めているからだ。高田竹山の『五體字類』で楷書・行書・草書・隷書・篆書の五体字を学び、良寛和尚の直筆が読めるようにと枕絵(浮世絵・春画)で草書体の練習をしてなんとか読めるようになった。甲骨文字を読むためには、書物だけではなく本物の甲骨(牛や鹿)を探し求めた。金文体を読めるようにと、本物の中国古代の...全文を読む

Andy's Cute Children

余白の人生

2017.07.22 (Sat)

  Andy & Alvira の子供たちAndy Gordon は、現役時代の終焉高のALT:Assistant Linguistic(English)Teacher ; 英語指導助手として、配置され大活躍してくれた。UK(英国)出身で日本語が会話でき、易しい漢字が書ける優秀なALTだった。2年間の在任中に、日本語学習に磨きをかけ、外国人日本語検定1級を獲得する熱心で育ちのよい英国紳士だった。日本に招聘されるALT として、こんなに熱心で性格ともに優秀な人物は珍し...全文を読む

ネオナチの台頭

時事評論

2017.07.21 (Fri)

  ネオナチの台頭世界同時不況の中、ドイツではネオナチ、フランスでは極右政党が台頭してきていると聞いたのですが・・・・ネオナチって根本的になんですか?かつての国家社会主義ドイツ労働党の様に党があり若者を指導しているのでしょうか?ドイツでネオナチが台頭するのは今に始まったことではないです。東西ドイツが統一されて、未来はばら色であったはずが旧東ドイツの貧しさに旧西ドツの豊かさが足を引っ張られたときもそう...全文を読む

社会の序列

雑学曼陀羅

2017.07.20 (Thu)

  知名度の効果心理学用語に、ハーロー(後光)効果というのがある。有名人が、商品を宣伝すると質の善し悪しとは関係なくよく売れる。文明の進化で情報伝達が世界中にくまなく行き渡り、長短はあれどすばらしいことだ。資本主義経済の成果でもあり弊害とも言えるだろう。知名度は平凡な庶民の心理に多大の影響を及ぼす。商品の販路拡大だけにはとどまらず、社会の成り立ちに大きな鍵を握ることになる。知名度の高い当該者の人間性...全文を読む

サイバー犯罪

時事評論

2017.07.19 (Wed)

  広がるサイバー犯罪の脅威 知らない間に家を盗られていた ウォール・ストリート・ジャーナル 12月11日配信  【ニューヨーク】不動産を所有する元看護師のシビル・パトリックさん(79)は、手掛かりは何カ月も前からあったのに、それがどういうことなのか考えたことはなかった。パトリックさんがハーレム地区に所有するブラウンストーン張りの家には誰も住んでいなかったが、鍵が交換されたり、家財道具の置き場所が変わったり...全文を読む

エロスとタナトス

文学・芸術

2017.07.18 (Tue)

  エロスとタナトス 生きる情動と死の衝動。 生のエロスと死のタナトス。この二つは何としても切り離せない。 二つの発現を少しずつ瞬間のほうに縮めていけば、エロスとタナトスは表裏一体になる。それをフロイトは「無意識」にとじこめた。この二つは、その本来の姿のまま取り出してはまずいのか。どうすれば「文化」になっていけるのか。 ぼくが知るかぎり、「エロスとタナトス」という言葉が大好きで、これをやたらに連発する...全文を読む

青白磁日月壺

書画・骨董

2017.07.17 (Mon)

  青磁神亭壺・日月壺  中国古陶磁に魅了された愛好家なら、青銅器と同様に避けて通れない稀有の美術品である。中国における「やきもの」の誕生は1万年前に遡り、その後、土器に黒や褐色の顔料で文様を描いた彩陶や灰陶が作られた。商の時代には器面に釉薬を施した灰釉陶器が生み出され、後漢時代の成熟した青磁へと発展し、南北朝時代には白磁が出現した。また戦国時代に始まった厚葬(手厚く葬ること)の風習は、秦時代から漢...全文を読む

好かれる人

雑学曼陀羅

2017.07.16 (Sun)

  できなくても好かれる人 「優れたところがありながら疎んじられる人がおり、欠点だらけでも好かれる人がいる」  --- ラ・ロシュフーコー ---人気というものは不思議なものだ。できる奴が人気があるということではないからだ。ちょっとできれば、「ちょっとくらいで鼻にかけやがって!」と妬まれる。ダントツであれば「すごい人!」と尊敬される。でも世の中この「ちょっとくらいできる」人の方が多い。ダントツになれないか...全文を読む

賀状の品格

忘れえぬ光景

2017.07.15 (Sat)

  年賀状の季節が巡ってきた現職の時と比べれば、当然のことながら加齢とともに賀状の枚数も減ってくる。おそらくは、これから生涯顔を合わせることもない人々から、年に一度の便りは嬉しいものだ。その人との一期一会の場面を思い出してなつかしい。賀状の文言や写真でその人の性格や生き様が伝わってくる。年始のご挨拶代わりとしての賀状は、自分の家族の幸せを見せつけるものではない。送信相手先ご家族の繁栄・健康・幸せを祈...全文を読む

呉鎮 元末四大家

書画・骨董

2017.07.14 (Fri)

  呉鎮 1280‐1354呉鎮(ごちん、1280年(至元17年) - 1354年(至正14年)は、元時代の文人画家。字は仲圭、号を梅花道人(梅道人)、梅花和尚。浙江省嘉興の魏塘鎮出身。黄公望、倪瓚、王蒙と並ぶ元末四大家の一人で、元の山水画様式を確立した。漢詩や書にも通じたが、終生仕官せず易卜や売画をしたり、村塾を開くなどしながら終生清貧と孤高の隠遁生活を楽しんだ。巨然の点描法を学び、墨竹は文同に学んだ。元末四大家は、他の...全文を読む

沈没船の財宝

雑学曼陀羅

2017.07.13 (Thu)

 コロンビア北部カルタヘナ沖で見つかったスペインのガレオン船「サンホセ号」。 沈没船の財宝 2015年12月07日 海底に沈んでしまったものの中で「最も引き揚げる価値のあるもの」と考えられてきた、307年前に金銀財宝を積んだまま沈没したスペインのガレオン船「サンホセ号」の残骸が発見された。 発見された船の残骸は、もともとは「サンホセ号」と呼ばれたスペインのガレオン船のもので、この船は多くの人々が追い求めた「究...全文を読む

手足の描写力

文学・芸術

2017.07.12 (Wed)

  バッカー・ジェイコブ・アドリアンツ (BACKER, Jacob Adriaensz) ( b. 1608 、ハーリンゲン、 d. 1651 、アムステルダム)  ジェイコブ Adriaensz BackerジェイコブAdriaensz Backer(ハーリンゲン、オランダ、1609 - アムステルダム、1651年8月27日に)、オランダの黄金時代は、画家でした。彼は、20年でおよそ140の絵を製作しました。彼のスタイルでは、彼はWybrandデGeest、ルーベンスとA・ブルーマールによって影響...全文を読む

枯葉

余白の人生

2017.07.11 (Tue)

  Beautiful Falling Leaves 【Les feuilles mortes】 French Oh, je voudrais tant que tu te souviennesDes jours heureux où nous étions amisEn ce temps là la vie était plus belleEt le soleil plus brûlant qu'aujourd'hui Les feuilles mortes se ramassent à la pelleTu vois je n'ai pas oubliéLes feuilles mortes se ramassent à la pelleLes souvenirs et les regrets aussiEt le vent du nord les emporteDans la...全文を読む

食品安全過剰反応

時事評論

2017.07.10 (Mon)

  食品安全への過敏反応餓えや食糧危機に直面しているのは、発展途上の貧しい国々ばかりではない。先端科学技術で、豊かになったと錯覚している先進文明諸国も食糧危機・財政危機に瀕している。世界一の食の安全・安心を誇りにして、喧伝するあまり、まだ使用できる貴重な食料品が毎日ナマゴミの山と化して、何兆円にも値する札束が無残にも焼却されている。貧しさに耐える免疫がある国々より、飽食に狎れた文明諸国のほうが崩壊・...全文を読む

芸能界も高齢化

時事評論

2017.07.09 (Sun)

 自宅の滝モミジの大木から落下して、未生から芽吹いた2年生モミジもしっかりと世代交代をめざして紅葉している。ニンゲン界だけが欲に眼がくらみ世代交代を果たせないのが不思議である。 メディアの哀しい現実日本人はどうしてこんなにも発想が乏しい、貧しい民族なのだろうか?次世代を担う子どもや若者を育てる報道や番組など金にならないからだろうか?芸能界と芸能人の話である。先進諸国のどこよりも超高齢化社会に直面する...全文を読む

石打ち刑

雑学曼陀羅

2017.07.08 (Sat)

  石打ち刑 アフガニスタンの死刑イスラム法に基づく厳しい死刑制度を維持している国であり、死刑執行数は多い。死刑が適用される罪状もイスラム色が強く反映されている。背教罪、同性愛、姦通罪、麻薬、殺人など。石打ち刑・・・どの方法が主な処刑なのか不明だが、石うちの他に絞首刑、斬首刑なども存在する。 (世界の現行死刑制度より・・・写真はAmnesty Internationalのデモンストレーションで執行現場の写真は皆無)イス...全文を読む

イスラム世界⑫

雑学曼陀羅

2017.07.07 (Fri)

 イランの結婚式は3 3日間続くことがある  イスラム教とキリスト教⑫   結婚制度キリスト教は一夫一婦婚を原則としている。しかし、一夫一婦婚にはちょっとした問題がある。それは、夫婦間に子どもができないときの問題である。結婚の大きな目的の1つは、子どもを持ち、子孫を残したいという本能的欲求を満たすためである。この願いがかなえられないときは、どうすればよいのだろうか?一夫多妻制は、この目的を達成するために...全文を読む

イスラム世界⑪

雑学曼陀羅

2017.07.06 (Thu)

 「アラブの春」 20120703 イスラム教とキリスト教⑪   「裁き」と「刑罰」 「目には目を、歯には歯を」のことばは、紀元前18世紀の「ハンムラビ法典」にその淵源があるといわれている。それが、『旧約聖書』にとりいれられ「人に傷害を加えた者は、それと同一の傷害を受けねばならない。骨折には骨折を、目には目を、歯には歯をもって人に与えたと同じ傷害を受けねばならない」(「レビ記」)となったようである。しかし、こ...全文を読む

惜別哀歌

余白の人生

2017.07.05 (Wed)

  Good-bye 2015 Autumn Leaves  散るモミジ 残るモミジも 散るモミジ 散らばこそ いとどモミジ葉 めでたけれ   夜来風雨 惜落葉     鴻 雲柳 (鴻雲山房主人)  廣田城東紅葉散 飛來飛去落誰家  廣城女兒惜顏色  行逢落葉長歎息  古人無復廣城東  今人還對落葉風  年年歳歳栬相似  歳歳年年人不同  風雨朝強 齋室四方窓  惜別落葉 青釉甍銀化   波斯色鮮 是亦々一楽  平成 27年 (20151210 ) 師...全文を読む

歯牙数は貧困尺度?

時事評論

2017.07.04 (Tue)

  歯牙数は貧困尺度?このニュースを見て、いささか無神経で胸くそが悪くなった。年収600万の国民所得者は、過半数を超え膨大な数になるだろう。外国や発展途上国に何兆円もの巨額な支援出資をして物価高を押さえることができない。国民の低所得化を促進し、何ら改善・対策の努力もできない政府に言えたガラか。低所得の貧困にあえぐ国民に、こんな追い打ちをかける無慈悲な発表や報道は無神経さを超えて、同和教育、人権教育の...全文を読む

ペルシャ青釉銀化壺

書画・骨董

2017.07.03 (Mon)

  イスラミックブルー若いとき、古美術・骨董に興味を抱くようになって、6世紀頃のペルシャ陶器の目が覚めるような孔雀(青)釉に覆われた銀化壺に魅せられたことがあった。地中海沿岸とペルシャ湾沿岸にしか観られない、あのイスラミックブルーである。胎土が砂岩で粗く焼きが甘いために、青の釉薬が剥落しやすく、釉溜まりの厚い部分が銀化しやすい、かそけさを醸すフラジャイルなやきものだった。どういう訳か書斎の本棚の隅に...全文を読む

Cogito ergo sum

余白の人生

2017.07.02 (Sun)

  諦観 (レジグナシオン)成るべくして成る。成るようにしか成らない。在るべくして在る。Cogito ergo sum (我思う、ゆえに我あり) デカルト為せば成る、為さねばならぬなにごとも、為さぬは人の為さざるなりけり。この表現も、確かに当を得ている。がただ、この齢になり、来し方をふり返り、つまびら(諦)かにものを観るようになる。若いとき偶然だと思っていたことが、実は必然性に支配されていること、に気がつく。大変だと...全文を読む

前月     2017年07月       翌月

Menu

プロフィール

イシコロおじさん

Author:イシコロおじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

<カレンダー>

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

アクセスカウンター