余白の人生

上弦の月

 ←貧困と貧乏の違い →ナ忘レソ 麦秋
km 上弦の月




 上弦の月



僕の欲しいものは何だろう

少なくとも『死』ではなかったはずだ

だから失っていいものは何かと考えてみる

要らないものは何だろう、と



鏡に映るのは逆さまの自分

見つめ返す像は逆さまの姿

正対の自分を自分で見ることは誰にも出来ない

夜空には上弦の月

地上から見上げる限り

誰も月の裏側を見ることは出来ない



受け入れられていることを知っていて

安堵している僕

なのに

ジリジリとした不安

いたたまれない焦燥感

決して居心地が悪いわけじゃないというのに

だから

これは我儘にしか過ぎない呟き



それでも見たい

知りたい暴きたい

要らないものを削ぎ落として

切り捨てて

身体も心もぎりぎりまで研ぎ澄まして

色も味も匂いもない水のようになって

そして

そしてそれから



月明かりのもと冴え冴えと

僕は考える

魂も痩せ細るまで考え続ける

考えても考えてもキリのない

『欲望』についての考察を




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【貧困と貧乏の違い】へ
  • 【ナ忘レソ 麦秋】へ