雑学曼陀羅

男の更年期障害

 ←花開蝶来 良寛 →夏を彩る貴婦人
マチュピチュ matyupityu1




 「男性更年期障害」


 「最近まったくヤル気が出ない」「気分が落ち込む」「ちょっとしたことでイライラする」。仕事をする意欲がわかず、なにもかもおっくうで、「オレって、ひょっとしたらうつ?」とひとり悩んでいる方も多いのでは……。

 実際、日本の気分障害(うつ病、双極性障害を含む)の患者数は、1999年の44.1万人から、2014年には111.6万人に急増している(厚労省)。会社でもうつ病を発症する人が多く、ビジネスパーソン全体の3%がうつともいわれている。いまやうつ病は、ビジネスパーソンにとってきわめて身近で深刻な病気となっているのだ。

 だが、「ヤル気が出ない」といったうつ症状の原因として、うつ病以外のもうひとつの病気の可能性を指摘する医師が増えている。男性ホルモン(テストステロン)低下による「男性更年期障害」が、深刻なうつ症状の原因となっているというのだ。女性更年期のように広く認知されていないが、男性更年期障害が40代以上のビジネスマンに急増しているという。

 最近注目を集めはじめた、この男性更年期障害(LOH(ロー)症候群)の実態と正しい対処法を、このたび『うつかな?と思ったら男性更年期を疑いなさい』を上梓した堀江重郎・順天堂大学医学部教授に聞いた。


 うつ病と思い込んでしまうケースも

 ――うつ病だと思い込んでいる人の中には、「男性更年期障害」の人が多いのですか?

 男性更年期障害の症状には個人差がありますが、中には体調不良で寝込んだり、気分が落ち込んでうつ病と思い込んでしまうケースもあります。

 実際、うつ病患者の多くが、男性ホルモン「テストステロン」の不足に陥っているのに、ほとんどの場合はその可能性すら顧みられていません。そればかりか、大量の抗うつ薬を投与されても治らず、かえって悪化させているケースもあります。抗うつ薬のなかには、テストステロンを下げるものもあるのです。

 私のところにきた患者さんでも、2年間にわたり、うつの薬を飲んでいたという方がいらっしゃいました。抗うつ薬を4種類飲んでいたのですが、テストステロンはかなり下がっていました。これまで、テストステロンが下がっているうつ病の患者さんでは、5割を超える人が、テステステロンを補充することで症状が改善しました。

 ――男性にも更年期障害があったのですね。

 男性ホルモン、主にテストステロンというホルモンですが、40歳を過ぎると徐々にこのホルモンが少なくなってきます。

 あまり大きく減ってしまうと、元気がなくなって気分が落ちこんだり、イライラしたり、朝起きられなかったり、不眠になったりします。身体面でものぼせたり、汗が出たり、冷え性になったりと、さまざまな健康障害が起こります。

 これこそが「男性の更年期障害」なのです。更年期障害というと、なんとなく「女性特有のもの」と受け取られがちですが、実は男性にもあるのです。そればかりか、女性以上に深刻であるともいえます。

 テストステロンが減少して男性更年期症状が出る病気を、医学的には「LOH(ロー)症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」と呼びます。このLOH症候群が、いま、日本人男性に急増しているのです。


 男性更年期障害は女性より深刻

 ――女性以上に深刻とは、どういうことなのでしょうか?

 よく知られているように女性の更年期障害は、一般的に40代後半から50代で、のぼせ、多汗、動悸、立ちくらみなどの症状を訴える人が多いようです。イライラや不安感、ヤル気が出ないといった精神症状を訴える方もいらっしゃいます。

 でも、女性の更年期障害は、閉経の前後5年以内の一過性のできごとです。程度の差はあるものの、どの女性も通過する症状です。年をとるにつれて治まります。

 しかし、男性の更年期障害は、テストステロンなど男性ホルモンの減少に伴う病気です。じっとしていてもよくならず、正しい対処をとらなければ、一生続くこともあるのです

 ――なぜ、男性更年期はあまり知られていないのでしょうか?

 男性ホルモン不足というと、男性機能の低下に結びつけて考えられることが多く、そのことが男性更年期についての啓発を遅らせた面があると思います。

 「男性ホルモンの治療」というと、「精力増強」と思い込んでいる人も多く、うつ症状と結びつけられることはまれです。そうしたことが、男性更年期についての正しい知識の普及を遅らせているひとつの原因だと思います。

 たしかに、男性ホルモンであるテストステロンの不足は、男性機能の低下とも大きく関係しています。しかし、大多数の男性、特にビジネスマンにとっては、さまざまな精神症状のほうがより深刻な問題なのではないでしょうか。


 ――最近、ビジネスマンに男性更年期障害が急増している原因は何なのでしょうか?

 競争の激化、成果主義の導入などにより、企業社会がより高ストレス化してきたことも背景にあるのではないでしょうか。男性ホルモン・テストステロンは、強いストレスがあると作られません。ストレスにより、テストステロンが低下してしまうのです。

 ――男性更年期は、具体的にはどのような症状なのでしょうか?

 精神症状としては、健康感の減少、不安、イライラ、うつ、不眠、集中力の低下、記憶力の低下、性欲の減少といったことが挙げられます。40代以上の方は、何かしら心当たりがあるのではないでしょうか。

 また、身体症状では、筋力低下・筋肉痛、疲労、ほてり・発汗、頭痛・めまい・耳鳴り、性機能低下、頻尿、いわゆる「朝立ち」の消失といったことが挙げられます。

 また、テストステロンは、メタボや糖尿病など生活習慣病とも大きな関係があり、テストステロンが不足すると、生活習慣病の発症リスクを上げるともいわれています。

 ビジネスと男性ホルモンの関係

 ――集中力や記憶力とも関係するのですから、テストステロンは、仕事力、ビジネス能力といったこととも大きな関係があるようですね。

 テストステロンの不足は、やる気の低下や無気力感などをもたらしますから、しっかり仕事をするには、テストステロンがしっかり出ていることが不可欠でしょう。経営者やビジネスパーソンにとって重要な、判断力、決断力の向上にも大きな影響を及ぼしますから、テストステロンが多いことが「できる人」の条件ともいえます。

 しかも、そうした能力面ばかりでなく、テストステロンは、社会においてどうふるまうかといった「男の生き方」も深くかかわっています。

 テストステロンの高い人は、チャレンジ精神、冒険など自分の世界を広げる意欲の強い人です。これは、企業家精神や、営業での新規開拓力といったことにつながるでしょう。また、テストステロンの高い人は、仲間と社会との協調を大切にする、健全な競争心の強い人でもあります。自分が不利益をこうむっても公平性を重視するといったこともテストステロンのなせるワザです。

 テストステロンが高い人は、そういった意味で、よきリーダシップを発揮できる人が多いのです。面白いことに、どこの会社でも、テストステロンが一番高いのは社長であることが多いようです。

 ――テストステロンを仕事に活かす方法はありますでしょうか?


s-DSCN2195.jpg


 テストステロンは夜寝ている間につくられます。したがって、朝がいちばん高くて、夕方になるにつれ、減っていきます。ですから、重要な決断をするのには、テストステロンが上がって決断力・判断力が高まっている朝がお勧めです。逆に夜は、大事な決断をするのは避けたほうがいいのです。

 また、テストステロンはシナプスの増加を促し、記憶力の向上に結びつくという発表もあります。そうしたことからも、朝をビジネスや学習に活用することは有効です。朝型生活や朝活を勧めるビジネス書が多いことも、知らないうちにテストステロン効果を活用しているのかもしれませんね。

 ――テストステロンは、人間関係においても有利に働くのでしょうか?

 実は、「男らしさ」「男の魅力」といったことはテストステロンに負うところが大きいのです。テストステロンが強く働いている人は、正義感が強く、いわゆる「男らしい男」「男の中の男」となります。男性は男性同士でそうしたことをかぎ分けるとされ、テストステロンの高い男性は、同性から支持される傾向があります。つまりテストステロンが高い人ほど、男性から人望があるといえるのです。これはビジネスにおいて、大きなアドバンテージになるのではないでしょうか。

 また、女性は、やはり男らしさに惹かれるものでしょうから、テストステロンの高い男は女性から人気があり、モテるといえるかもしれません。


 自分でできる「男性更年期障害」チェック

 ――テストステロンの高い低いは、どのようにすればわかるのでしょうか。

 外見から簡単にチェックできる方法があります。左右どちらでもいいですので、人差し指と薬指を見てください。簡単にいえば、薬指が長いほど、テストステロン値が高いのです。ですから、男性は、人差し指より薬指のほうが長い人が多いのです。

 これにはちゃんと根拠があります。指の骨にはテストステロンのレセプター(受容体)が存在するのですが、薬指には特にレセプターが多く存在するため、テストステロンが高い人ほど、薬指が発達するのです。




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【花開蝶来 良寛】へ
  • 【夏を彩る貴婦人】へ