時事評論

死の欲動 『タナトス』

 ←ほたるの宿 →羊頭狗肉
s エロスとタナトス




 死の欲動 『タナトス』


ミーハー精神分析学がしばらく続く。
流行に晒される若者のミーハー心理は、いつも犯罪心理学と結びつく。

今回発生した、神奈川県相模原市の障害者施設で、真夜中に熟睡して身動きのとれない入所者19人が殺害され26人が重軽傷を負った事件である。

犯罪心理学の分析・解析は、犯罪予防にほとんど当てにならない。
事件発生後に、大学教授、元警察庁・弁護士協会の自称権威者たちが解説をする。

地震・竜巻・大津波の自然現象における気象予報と同様に、発生以前に予測するのは不可能に近い。
類型化・分類したことを解説するだけで発生予測にはつながらない。
ニンゲンも自然の一員だから、その心理・精神分析学においては百人百様で予測不能である。
なんの変哲もない、退屈な日常のなかで、真っ先によろこんで飛びつくのはマスメディアとそれに煽られるミーハー心理である。

この事件を分析して、真っ先に頭に浮かんだのが、歴史的ファシストで大量殺戮者(大量殺戮に無上のエロス・エクスタシーを堪能した)のヒトラーだった。

わかりやすく、ニンゲンの短絡で大雑把な心理で言えば、「生と死」である。
生きる情動と死の衝動。生のエロスと死のタナトス。であろう。
生物学的表現で言えば、雌雄双方に起こる「勃起と射精」の押さえることができない欲動と言った方がわかりやすい。

カミユの『異邦人』の中で、主人公のムルソーが、太陽が眩しかったから男を殺した。というあの心理だ。
精神科医や心理学者が後付け(事件発生後に言うコメント)、人間性、徳義、社会秩序が役に立たない「生きる情動・エロス ≒ 死への欲動・タナトス」という理由なき不条理の世界の心理である。

未経験で未発達の熟成していない若者たちが、純粋なる?が故に唯一神と思い込んで、攻撃するターゲットを追い求め自らを追い詰めて、無防備のニンゲンや生物を虫けらのように殺戮していくエクスタシーとタナトスの意識を奴隷化した欲動の世界とも云える。

イスラム国にあこがれ集まる世界の若者、死体の首を切り落としたり切り刻んでエクスタシーを覚える猟奇的殺人、歴史上の殺戮を弄んだ異常な独裁者たち、エロスとタナトスの魅力に嵌り込んだだけのことで、TPOを問わず、いつでもだれでも犯罪者になれる日常生活の中に潜んでいる原罪的心理でもある。


 過去ログより補足的説明

生きる情動と死の衝動。
生のエロスと死のタナトス。
この二つは何としても切り離せない。
二つの発現を少しずつ瞬間のほうに縮めていけば、
エロスとタナトスは表裏一体になる。
それをフロイトは「無意識」にとじこめた。

 とくに、われわれの真の欲求には無意識的なところがあって、そこには「生」(エロス)の本能とともに「死」(タナトス)の本能が付着しているということについては、もっと知られるべきであろうということだ。

 心理学というものは、人間の心のしくみやはたらきを解明しようとする学問である。しかしフロイトの精神分析学はその他の心理学とかなりちがっている。どこがちがっているかというと、その根底に「無意識」を前提においた。

 われわれは、自分は自分だと思っているが、それは自分らしきものを構成しているもののごくごく一部にすぎない。フロイトによれば、そういう自分や自己の正体は、「それ」(Es エス)と呼ぶしかないどろっとした海のようなものの中に「自我」(Ich イッヒ)という島のようなものが浮かびながら混在している状態にある。このエスやイドが「無意識」に押し込められ、埋められたままになっている。

 そこにはエロスとタナトスの本能が互いに表裏一体のような関係で織りこまれていて、そのことと人間の宿命、社会の本質、文明の特色などとは切っても切れないものとなっている。そうだとしたら、人間はここに「第三の審級」としての「超自我」のようなものを現出しようとするだろう。文明とは、この無意識・自我・超自我の互いに絡んだ歴史だったのではあるまいか。

 文明が進化し複雑になれば、『エントロピー増大の法則』(増殖・拡散を続ける宇宙のビッグバン現象で不可逆性の法則 )に運命的に従わざるを得なくなるだけだ。




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董
         
ほたるの宿 ←ほたるの宿    →羊頭狗肉 羊頭狗肉

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ほたるの宿】へ
  • 【羊頭狗肉】へ