やきもの

青磁神亭壺・日月壺

 ←純白のエロス →世界の内村航平
青磁神亭壺 abc2009020513




青磁神亭壺


中国古陶磁に魅了された愛好家なら、青銅器と同様に避けて通れない稀有の美術品である。

中国における「やきもの」の誕生は1万年前に遡り、その後、土器に黒や褐色の顔料で文様を描いた彩陶や灰陶が作られた。

商の時代には器面に釉薬を施した灰釉陶器が生み出され、後漢時代の成熟した青磁へと発展し、南北朝時代には白磁が出現した。

また戦国時代に始まった厚葬(手厚く葬ること)の風習は、秦時代から漢時代にかけてますます盛んとなり、貴人の墓の副葬品(明器)として人の形をした傭や青銅器、漆器を写した灰陶や加彩などが数多く作られた。それとともに鉛釉、褐釉の明器が前漢時代後半から盛んに作られた。

神亭壺は古越磁を代表する器形の一つ。三国(呉)から西晋にかけての南京や浙江省一帯の墓葬から出土する。当時の来世観を示しているとともに、豊穣な江南地方の風景を映している。

中国では「穀含罐」(穀物の倉)」 「堆塑罐(塑像をつんだ壺)」 「魂瓶(魂の宿る瓶)」などの名称があるが、日本では神仙の住む館と考えて神亭壺と呼んでいる。帰依瓶とも言う。後漢代の「五管瓶(五つの壺が組み合わされた瓶・五穀豊穣を意味する)」 から発展した。

上部に小さな壺が付けられ、そこに穀物に群がる鳥が表わされるのは、農作物の豊かな実りを示している。その下には蛇・トカゲ・亀・蟹・鳥など水に係る生物が貼り付けられている。豊穣への祈り・神仙世界への憧れ・死後の世界観など様々なものがこの壺の中に込められている。

罐の肩部より上は楼閣になっており、下層の四組の建物は殿と望楼で構成されているのは稀少。明器である。造形・釉の掛かりなど、素晴らしい作品が多い。

当時の青磁神亭壺の釉薬は、明時代以降の透明な翡翠色ではなく、不透明な秘色と呼ばれる。



青磁神亭壺 abc2009031919
青磁神亭壺
越州窯(大阪市立東洋陶磁美術館所蔵)
呉~西晋時代・3世紀
高さ:48.5cm
唐以前の越州窯青磁には、動物意匠の特殊な器形がしばしば見られるが、本器もそのうちの一つである。壺の口部を高く層状に作り、楼閣や人物、動物などを貼り付けた神亭壺と呼ばれる明器(めいき)で、後漢時代に盛行した五連罐から展開したものである。浙江省を中心とした地域の、三国から西晋にかけての墳墓より出土しており、用途とともに地域的、時代的に限定された器物といえる。上層部の形態と装飾の内容に基づいていくつかのグループに分類が試みられている。亀趺(きふ)が負う碑には「會稽出始寧用此喪葬宜子孫作吏高遷衆無極」の語句が刻まれている。



青磁神亭壺(中国・西晋) 141_01
青磁神亭壺 Buring Vase with Applied Decoration, Celadon
西晋(3世紀)
壺の上に楼閣をのせた器を神亭壺、魂瓶という。墓室の隅に置かれ、亡き人の魂が宿るところからその名が付けられている。この神亭壺は3層式で、各層には屋根がせり出し、屋根の上には鳥がいる。鳥は豊穣を意味するとともに、死者の魂を天空に運ぶ役目をすると考えられている。胴の周りには鬼面が5つ配されている。一種の魔除けである。この神亭壺は3~4世紀にのみみられ、南朝時代には姿を消す。


以下、収蔵品。


s-DSCF0024.jpg


s-DSCF0027.jpg


時代が下り、宋時代になって、神亭壺が簡素化され、青白磁釉(秘色から白磁に変わりかける過渡期の釉薬)が発達して、副葬品の「日月壺」と呼ばれる。龍が日月を追いその下に12神将(かっては、宮中の歌舞音曲雑伎団であったが。この画像の頭が黒い人物を墨頭と呼んだ。)のレリーフが主流となる。最上部の鳥と瑞雲、龍、稚拙であるが優美である。蓋が散佚したものが多いがこれは無傷完品である。入手当時は、下図のように土錆で覆われていたが、青白磁の美しさを出して、賞玩に値するよう磨き下部に土錆の原色を残した。中国-宋時代。


s-ab 宋 青釉長頸瓶  魂瓶or帰依瓶 収蔵品


ab 宋 青釉長頸瓶6  魂瓶or帰依瓶 高さ47.5 口径8.8 胴径16cm 重量 3.7kg 100万円


青白磁日月壺t02200439_0385076810898072970
青白磁日月壺 南宋時代、蓋が散佚している。




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【純白のエロス】へ
  • 【世界の内村航平】へ