雑学曼陀羅

椿 斑入葉・斑入花

 ←イイダコ →タイラギの刺身
s-DSCN2820.jpg




 椿 斑入葉・斑入花


s-DSCN2987.jpg


予告なき旅立ちのまえに、

珍しいものを見ておきたい。


2016 00 t 斑入り獅子絞り咲椿1


食べておきたい。

嗚呼 ニンゲンの飽くなき欲望には際限がないことよ。 


2016 00 t 斑入り獅子絞り咲椿2


 斑入り花ツバキと枝変わりの花


枝変わり(芽条突然変異)を生じたツバキの花を公園で見つけました。このツバキの花の花弁は、本来、白地に赤の斑入りです。ところが、枝変わりした花は全体が赤です。ちょうど斑入りの花と枝変わりの赤い花が上下並んで咲いていましたので、おもしろい被写体と思い、写真に撮りました。


s-2016 00 t 斑入咲椿


このツバキの斑入りは、トランスポゾン(動く遺伝子)によるのではないかと思われます。赤い色素の合成に必要な遺伝子の一つ(仮に赤色遺伝子とする)にトランスポゾンが入り込んで、赤色遺伝子が機能せず、花弁の地が白くなる。しかし、そこからトランスポゾンが他所に移動すると、赤色遺伝子の機能が回復し、その部分が赤い斑となる。このトランスポゾンの移動は、花弁の発達の早い時期や遅い時期にあちこちの細胞で起るので、大きな斑や小さい斑が入り混じるというわけです。


2016 00 t 斑入咲椿1


さらに、花が生じる以前に、枝の細胞の中でトランスポゾンの移動が起ったとすれば、その細胞から発達してできた枝の花は、もはやトランスポゾンが入っていない赤色遺伝子をもっていますがら、花弁全体が赤くなります。つまり枝変わりです。


2016 00 t 斑入咲椿2


しかし、以上は全く推測によるもので、実験によって実証されなければ、どうしようもありません。因に、アサガオのトランスポゾンによる斑入りは、実験によって実証されています。



 
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董
         
イイダコ ←イイダコ    →タイラギの刺身 タイラギの刺身

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【イイダコ】へ
  • 【タイラギの刺身】へ