やきもの

まぼろしの桃花紅

 ←モナリザ古稀記念特集 →桃花紅 収蔵品
00 to 桃花紅 大清康熙年製 江豆紅釉 柳葉瓶 h22 cm




 まぼろしの桃花紅

 謎多き魅惑の釉薬



 桃花紅は、日本では、深紅・紅色・薄桃・鮮紅色・釉裏紅・・・を一纏めにして、赤色に発色する釉薬を「辰砂」と呼んでいるが、区別する技術が現在でも発達していないからである。

国内外の古陶磁の色を再現しようとして、死に物狂いで挑戦し、成功した作陶家が後世に名を残している。酒井田柿右衛門、荒川豊藏などがそうである。

中国から渡来した古陶磁の再現は未だに研究が進まず、国宝 曜変天目茶碗(稲葉天目)など、地元・中国でも日本でも成功していない。

古代より、中国では釉薬の研究が進み、この釉にはその色によっていろいろな名称がつけられているが、 一般には牛血紅,火焔紅、桃花片が有名である。
 


00 to 桃花紅柳葉尊 h18 cm 128,000end


   


00 to 桃花紅 桃花紅頻果緑釉

00 to 桃花紅 桃花紅頻果緑釉 2

00 to 桃花紅 桃花紅頻果緑釉 3

00 to 桃花紅 桃花紅頻果緑釉 4

00 to 桃花紅 桃花紅頻果緑釉 5


00 to 桃花紅 大清康熙年製 江豆紅釉 柳葉瓶b h22 cm


00 to 桃花紅 大清康熈年製桃花紅瓶 13110end


00 to 桃花紅 桃花紅辰砂釉 大清康煕年製 香合 199000end


00 to 桃花紅 桃花紅辰砂釉 大清康煕年製 香合a 199000end


00 to 桃花紅 桃花紅頻果緑刻紋尊瓶 大清康煕年製款 65666end


スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【モナリザ古稀記念特集】へ
  • 【桃花紅 収蔵品】へ