余白の人生

断捨離で身軽に

 ←聖書は 「フィクション」? →大愚は人を呼ぶ
00 to 桃花紅 大清康熙年製 江豆紅釉 柳葉瓶 h22 cm




 断捨離で身軽に
 

断、捨、離のそれぞれの意味は

断=入ってくる不要なモノを断つ
捨=自分の中にずっとある不要な心とモノを捨てる
離=モノへの執着から離れる

従来の「もったいない」「まだ使える」というモノを軸とした考え方ではなく、「このモノは私に相応しいのか?」と問いかけてみる。
つまり、人生の主役はあくまでも自分であり、モノではなく「自分の心」である。
我々は、愚かなことに他者との比較によって物事を評価するという愚行をくり返している。
「モノと自分との相対性」を軸に取捨選択していく技術のことを言っているである。

断捨離の時間軸は、いつも今、「今を生きる」なのだ。守・破・離の心境にも似ている。
今持っているモノ、1つ1つに対して、今の自分にとって必要かどうかを問いかけて、取捨選択していくことである。

思い切ってモノを手放すことで、空間・時間・エネルギーにゆとりが出て、それが気持ちのゆとりにつながる。
引き算の法則(必要なもの以外は減らして捨てていくこと)で人生の停滞を取り除き、新陳代謝を促すことができる。

足し算ばかりを考える人間には、こころの平穏が訪れることはないだろう。
老人になればわかることだが、自分の人生が±0の世界に生きていることがわかるであろう。
とはいうものの、まだ生きていたい欲と食欲だけは捨てることができない、この矛盾が残る。
人間は、多かれ少なかれ、未練という諦めきれない世界に生きている。
しかし、それがどうだというのだ!

この変貌する最先端技術の時代に、モノや人間の価値観はめまぐるしく変化している。
過去の栄光(その度合いは人によりけりだろうが)、入手した金銀や智慧はもはや何の役にも立たないではないか。
それを後生大事にすることは罪ではない。
が、新たなパラダイム(価値観)についていけない人間たちの愚かさを物語るだけである。

嗚呼 いとしきものたちよ! 汝の思い出は自分の記憶のなかに止めるだけにせよ。
なぜならば、黄泉の国までは持っていけないからだ。
死ねばそれでおしまいなのだ。
金銀財宝の遺産であれ、地位・名誉であれ、子孫には身を滅ぼす粗大ゴミとなるばかりなのだ。


s-DSCF0029.jpg


 断捨離の効果

断捨離することで、思ってもないような様々な効果が得られる。

・片づけられない原因がわかる。
・捨てられないと思っていたものが捨てられるようになる。
・整理できるようになる。
・整理された状態を維持できる。
・大切なことに集中できるようになる。
・余計なことに煩わされることがなくなる。
・仕事や他人との関係も見直すことができる。
・自分軸をもっと大切にする生き方ができるようになる。
・ストレスが減って気持ちが楽になる。
・心身ともに健康になれる。


00 to 桃花紅 桃花紅 peach bloom 大清康煕年製 香合 589000end


 断捨離の方法

 まずは断捨離の心構え、考え方を身につけよ

断捨離をうまく行うためには、考え方をしっかり身につけることが大切。
考え方がしっかりしてないと、断捨離はうまく進まない。

「モノというものは本来、自分の生活を豊かにするためにある」という考えを軸に、
今の自分にとって必要かどうかを問いかけ、思い切って捨てる。
欲を離れ、捨てること、これ一大事なり(西郷南洲)。かくありたし。

 次の言葉が、断捨離決行に役立つ。

・迷ったらゴミ
・使わなきゃゴミ
・なくしても買いなおさないものは捨てろ
・いつかは絶対来ない「いつか使う」は絶対無い
・使えるか、ではなく「使っているか」
・高いものはすぐ使え
・古い化粧品は女を古くする
・悩む理由が値段なら買え。それ以外ならどんなにお得でも買うな
・こんなに洋服持っていても、いつも同じ服着てるだろう?
・普段使ってないのにとってあるもの。災害時にそれ持って逃げますか?
・全部捨てたら未来だけ残る。
・思い出の品を捨てても、思い出は消えない。
・過去を捨てなくては、未来の場所がない。
・服があるから福が来ない  紙があるから神が来ない。
・心の隙間をゴミで埋めるな、 言い訳するより振り分けろ。
・明日は明日のゴミが出る。




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【聖書は 「フィクション」?】へ
  • 【大愚は人を呼ぶ】へ