時事評論

晩節を汚す極楽老人天国

 ←「国見岳」「多良岳」登山 →白椿帖
老人の面 0
この古い西洋絵画を観て、どんな物語を思い描くだろうか? 盲目の老人と孫のような少年が寄り添っている。





 晩節を汚す極楽老人たち


「晩節を汚すな」と叫んでいた元東京都知事が、豊洲疑惑で焙り出されている。
沈みかけている泥舟に乗った極楽老人たちの醜い争いだ。



市役所を放火した人の年齢が63歳であった。まさに不良老人時代と言っても過言ではない。万引きも若者よりも老人の増加率が増えている。老人といえば、やさいいイメージがあるが、実態はそうではない。強姦する老人、殺人する老人などさまざまだ。

日本は儒教社会である。だから老人は敬わなければならないと教えられる。しかしそれは、代々老人が辛い時代を生き延びてきたからであり、高度経済成長による日本有史以来の極楽老人ではないのだ。

極楽老人は社会的な責任を放棄し、自らの利益のために行動することが多い。人間が多いから世論を動かすが、若い者のためにというやさしさは感じられない。

最近の日本の衰退ぶりはまさに不良老人によってなされたものだと思う。新しい産業を自分が理解できないからとつぶし、IT産業などを育成させないようにした。竹中平蔵氏が言っているように、社外取締役に反対する不良老人会社も多いそうだ。自分のことばかり考えるこれらの老人は後世、最悪の老人として語り継がれるだろう。

老人のいじめはこれからも続く、若者の雇用を奪い、仕事をとりあげ、新しい時代に抵抗し、昭和を回顧する。残念ながら不良老人は日本という国を奈落の底に引きずり込む悪魔と化しているのだ。

老人による犯罪も増え、まさに現在は老人をみたらxxと思えという時代に突入しつつある。当分、老人による公害は続くのだ。

巷では老害と呼ばれて久しいが、若者は媚びて誰も声をださない。私は親も死んだので老人の知り合いはいない。だから媚びる必要もない。

ただただ老人達はこれから来る時代に怯え、そのため激しく抵抗する。「やだやだ昭和に戻りたいよ。」と、過去に戻ることができないのに、すでにインターネットによる世界的な革命が起きているのに、本屋がコンピュータ会社になることを理解できない。日本でgoogle企業をつくれないように妨害してきた老人。司法をゆがめた老人。枚挙にいとまがない。

リテラシーの低い老人は今では犯罪並のやっかいな人達なのだが、残念ながら政府は彼らに媚びているのだ。


老人の面 a


もっとひどいのが政治家である。投票率の低下による老人達の比率が高まることで、老人たちをのさばらせる法律ばかりだ。国会議員はろくな政策も考えず老人ホーム巡りばかりしている。「懐かしい昭和に戻しましょうよ。」というわけのわからないことを口走って物事の本質を理解しようとしない。

情弱といってあわれみする老人や元気なのにシルバーシートに座る老人など、老人という特権を思う存分利用している。老人に席を譲るくらいならば、派遣で疲れた若者に譲ったほうがましなのにだ。

老人が多いこの社会は変革が遅れ何れ滅びることは歴史が証明する。若い革新的な国家こそが新しい社会構造をつくりあげることが可能なのだ。それが生命が死を発明した理由だからだ。

昭和100年になるまで日本は何もできないだろう。たたただ老人たちの搾取による日本の衰退を待つだけだ。彼らは言う。「俺たちが稼いだ金を使うのは勝手じゃないか」。正論のように聞こえるこの言葉はただアメリカが半植民地政策により、軍事費を免除したことによる偶発的な経済成長である認識は全くない。

アメリカ製品の追従さえしていれば何も考えなくても良かった。あとは工場長が愛人を作って機械を稼働すればいいからだ。テレビテレビテレビと訳のわからない老人たちは死ぬまでテレビを愛し、作り続けるのだ。

どんな産業でも旬がある。まして日本は明治以降重厚長大産業ばかり目を向けていた。そして戦後、大量の優秀な日本人が戦死し、残った劣等日本人たちがこの日本をつくりあげてきただけなのだ。

今こそ日本は変わらなければならないのに、老人たちはいつも自分のことばかり考えている。もちろん少なからず将来の日本を危惧している者もいるだろう。しかし、結局集団になれば悪い利己主義による差別、偏見、いじめをおこなっているとしか思えない。

世界経済が悪いからではないのだ。アメリカがものを買ってくれないからでもないのだ。戦略もなくただただごますりをして出世したサラリーマンは日本よりも子供の塾代を稼ぐことに必死で、気が付いたら子供が就職できる会社が激減し、入っても出世できず、ブラック企業による過労死が待ち構えている。こんな単純な理屈も理解できないのは老人が無視を決め込んでいるからだ。

優秀な老人は言う。「何故若者は暴動をおこさないのか」と。しかし、それは新聞、テレビを使って戦略がなくてもいいから真面目であれば幸せになれるという全く理解できない考え方で若者を洗脳したからだ。料理の作り方も覚えられない居酒屋の店員に「一生懸命働くことこそ幸せになれる」というわけのわからない宗教をおしつけている。

世界では高度な知識を持っていなければ相手にされないのは明白なのに、未だに「どっこい大作」のように知的勉強より根性によって給料を増やそうというわけのわからない理屈をこねている。全くナンセンスだ。

自分達こそ新しい日本のお手本になるべき世代がただひきこもっている今の老人は、私には全く理解できないのだ。

どんなに反論しても今の状態を作ったのは今の老人たちであることは疑いがない。子供が悪いということは論理的にありえない。何故認めようとしないのか。本当に腐った人達が増えたと思う。

もう、若者は日本を見捨てるだろう。そうして日本は消滅するのだ。

( Posted by Smart Blog )



 
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【「国見岳」「多良岳」登山】へ
  • 【白椿帖】へ