忘れえぬ光景

3.11 福島原発事故 特集

 ←滝の観世音菩薩 →『チェルノブイリの祈り』
0 c 3.11 福島原発事故 特集



 3.11 福島原発事故


2011年3月11日14時46分の福島原発事故から7年目を迎える。

我が生涯に忘れることのできない悲惨な出来事、冥途の土産に、存命中に検証しておく。

いつの時代も、どこの国でも、真実は、不都合な想定=想定外の出来事(原発事故だけでなく不可抗力の災難事故)として隠蔽・処理しなければ、民衆の暴動、クーデターが勃発するからだ。

ニンゲンは、自ら造りだした言葉・文明によって、欲望や快楽を貪り、慈悲や恩愛を分かち合う生物なのだ。地球上の他の生物となんら変わるところはない。

原発事故による、今なお、悲惨でおぞましいねつ造ニュースはマスコミに任せる。

喜怒哀楽、禍福、幸不幸は人の常、「耐えがたいニンゲン存在の軽さ」を体験し、鍛えられて、思考することができる人間へと止揚(アウフヘーベン:aufheben)できたことを、この齢になって感謝せずにはおれない。



0 c 3.11 福島原発事故b 特集


 お薦めしない本・・・「チェルノブイリの祈り」 
 

 「熊谷さとしのフィールドニュース」より
  2007年09月30日付
 


 チェルノブイリの本を読んでいる。

「えっ、今更?」と言われるかも知れないが、この本は事故後10年目に出た本だ。
だからこそ、当事者がぼちぼちと真実を話し始めたインタビュー形式の本だ。
 原子炉の消火に日本とアメリカのロボットが活躍した・・・しかし放射能で故障してしまい、5分しか使えなかった・・・こんなジョークがある。

 「日本とアメリカのロボットは5分で壊れた・・・しかしソ連のロボットは二時間動く・・・」と、なぜならソ連はロボットではなく人間だったからだ。その人間でさえ二時間しか持たなかった(本来は40秒でも危険なのだが・・・・妨害工作の爆発だと伝えられていたから、Tシャツ1枚で、ぐじゅぐじゅしている核燃料の上で消火作業をしていたという・・・へぇっ、核燃料って「ぐじゅぐじゅしている」んだ・・・・)

 「チェルノブイリのリンゴは大きくておいしそうだけれど、食べても平気ですか?」
 「いいですよ、でも、食べ残しは深く土に埋めてください」・・・これもジョークだ。

 カラオケ・ツナミという言葉は世界共通語になっているけれど、ロシアでは「ヒバクシャ」という言葉が普通に使われている。当時被爆者達は、こぞって広島長崎のことを(被爆したであろう自分たちの「その後」という意味で)知りたがったが、事故直後に全ての図書館から原爆関係の本が撤去された。
 
 俺は幸い、「生き地獄」というのを経験したことはない・・・広島・長崎・コソボ紛争・スペイン内乱・ルワンダ内戦・ホロコースト・硫黄島・沖縄戦・・・文献や映像で自分なりに理解するだけだ。それとて、どこまで理解できているかは、はなはだ疑問だけれど。

 チェルノブイリの映像はいろいろ出ており、俺もいくつか持っているので検証したけれど、ウソばっかりだよ。(今だからこそ「ウソだった」というのがわかる)俺らは「たいした事故ではないし、原発事故というのは人の力でナントカできる」という、世界に向けてのウソの「プロパガンダ映像」を見せられていただけだったのだ。

 今まで文献や映像で知った全部の悲劇がこの本に詰まっている。しかもそれは過去のことではなく今も進行していることなのだ。

 ・・・この本はキツイ・・・今現在、この本が出版されてから10年目、事故後20年目なわけだけれど、この本で「・・・でも、もうあの人達は死んでいるでしょう・・・」と取材に語った本人さえも、死んでいる。だからこそ「今更」ではなく、20年後に読む意味があると思った。


0 c 3.11 福島原発事故a 特集


 チェルノブイリ地域の人達は、(今は「チェルノブイリ人」という差別用語にくくられており、子どもを産むことは「罪」とされている)「ソ連の原発は世界一安全だ」「赤の広場に作ってもいい」「夢のエネルギーだ」「白い服を着た立派な人たちがボタンを押している」・・・ということを信じていた人たちだ。

現在の日本人と全く同じではないか? 
今の日本で「原発のことはしっかり考えないと・・・」と言ったら、そう言う人のことを恨むだろう、まるで旧約聖書の「ノア」扱いなのかもしれないな。

 当時、チェルノブイリの人たちは「スウェーデンの野郎が余計なことさえ言わなければ・・・」と、スウェーデンを恨んでいた・・・なぜならば、事故の2日後、スウェーデンの原発が、空気中に異常な高濃度の放射能を感知したために事故が発覚し、公表せざるを得なくなったのだ。

 スウェーデンさえ余計なことを言わなければ、ソ連は事故を隠したまま、普通にメーデーを祝っていられたのだから・・・・。
 だからこの本はお薦めしない・・・「フィクションだよね」と思える人だけ読めばいい。

 では「教訓」になっているのだろうか? 事故の資料はアメリカが全部持っていった・・・「原発が危険なのではなく、原発従事者が未熟だったための事故」という結論にするという条件で、取り引きしたのだ。

米ソ(古い言葉だが、当時はね)の原潜が沈んでも、お互いに「原因を追及しないことにしようね」、「引き上げないこと」という取引と一緒だ。
 そう、ちょうど「731部隊」の資料を全部提出する代わりに、彼等を「戦犯」には問わない。と取引したのと同じだ。その連中は死刑にならず、各医大の重鎮だったり、例の「ミドリ十字」の役員に収まった。

「見えないことは信じない」・・・放射能は見えない・・・(はずなのだが、セシウムのかけらが青や赤に光って庭に落ちていたという・・・「ラジウム」を発見したキューリー夫人も「青く光る」と言っている、キューリー夫人は晩年、人前では帽子を脱がなかった・・・エジソンやウィルバー・ライト(ライト兄弟の)の葬式でも脱がなかったそうだ、おそらく髪の毛が抜けて禿げていたのだろうな)

 チェルノブイリ事故の消火に使ったヘリコプターや車両は、被爆墓場に捨て置いてあったはずなのだが、10年後には全て誰かが持ち去っていた・・・・。
 放射能に汚染されたウシもウマもブタもトナカイも全て処分された・・・はずだった・・・しかし処理場に運ばれてくるウシのヒレ肉とモモ肉は全部切り取られていたそうだ。

 我が国でも「ミートホープ」のような食肉業者ならやりそうなことではないか。
 福井県で養殖ハマチが放射能排水で汚染されたことがあった・・・背骨が曲がったり鱗がはげ落ちたハマチを処分するために、浜辺に積み上げていたら、ある大手スーパーのトラックが持ち去ったのだそうだ。

  ワカメが原発の放射能漏れ排水に汚染されたために、漁師は電力会社から莫大な補償金を受け取っておきながら、そのワカメを塩漬けにしておいて、事故のほとぼりが冷めた頃に売りに出したことがあった・・・「このように、原発を誘致すれば二倍儲かるのです」と宣う市長がいるのが我が国だ。



スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【滝の観世音菩薩】へ
  • 【『チェルノブイリの祈り』】へ