国宝玉璧 中国華北文化が源流?

 ←寒芍薬と青高麗 →『壽則辱』 高鳳翰
zh 玉石彫刻b-3 鏡 剣 玉器 玉珮




 日向・曽於から出た国宝玉璧



 宮崎県串間市王の山銭亀塚石棺?より出土

国宝・紀元前2世紀頃の完品  伝世品
「中央に穴(孔)がある円形で直径が三十三・三センチメートル、中央の穴の直径が六・五センチメートル、厚みが〇・六センチメートル、重さ一六〇〇グラムの完全な玉器である。
 璧は、硬玉で鉄より硬いといわれる。
 この璧の表裏両面に見事な文様が施されている。
 この璧の表面には、同心円で三帯に区切られている。一番外側には五つの竜首文が配され、外周と内周の間に璧を識別する穀粒文が、整然と並んでおり、一番内側の内周には、三体の鳥文が波形状に彫刻されている。」

1818年に農夫・佐吉という人物が発見。玉壁ともに玉・鉄器があったとされるがそれは紛失。
穀璧とも呼ばれる。
明治時代に箱書きがそえられ、そこには

「文政元年戊寅二月 日向国那珂郡今町農佐吉所有地字王之山掘出石棺所獲古玉鉄器三十余品一蓋日向上古之遺跡多矣所謂王之山亦必非尋常古塚
明治十年丁丑十二月 湖山長愿題」
大意 「文政元年戊寅(1818年つちのえとら)の二月宮崎県那珂郡今町(この頃は穂佐ケ原あたりまで今町といった)に住む農家の佐吉が自分の畑の字「王之山」を耕す時、ここから石で作った棺おけが出てきた。これを開けてみると宝物の古い球や鉄製品が三十余り出た。

 この宝の球もその中の一つである。
思うに宮崎県は古い昔からのいろいろな器物などが今に至るまで残されていることが多い。世にいう「王之山」もまた間違いなく普通の古墳ではないのである。」


 箱書きした湖山とは

■湖山長愿(こざんちょうげん)
 「湖山は、小野湖山で近江の国(滋賀県)に生まれた。
 湖山は「号」で、長愿は氏名である。幕末より明治にかけて活躍した漢詩人である。明治十年十二月、加賀百万石(石川県)の旧藩主前田公爵家でこの品を見せられ公爵に頼まれて壁の由来を書いたものといわれる。
箱の裏には、「多気志樓蔵」と書いてあることから前田家の所有となる前には、松浦武四郎の所蔵品であったことがわかる。」

今、この玉壁は前田家の前田育徳会が保管している。

王の山には隼人系墳墓である地下式横穴墓が多く、特に華北の漢代に多い土洞墓(どどうぼ)とよく似た構造をしている。
漢代の横穴墓である満城漢墓から、王の山のものとよく似た唐草を持つ玉壁が出ている。


zh 玉石彫刻b-4 鏡 剣 玉器 玉珮


■満城漢墓(まんじょうかんぼ)=中山王・劉勝とその妻の墓

 劉勝→「劉 勝(りゅう しょう、? - 紀元前113年)は、前漢の皇族・諸侯王。第六代皇帝景帝の第八子。生母は賈夫人、同母兄に趙の敬粛王・劉彭祖がいる。武帝の異母兄に当たる。諡号は靖王。」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%89%E5%8B%9D

■璧(へき)・・壁ではなく璧 

中国歴代王の愛すること銅鏡をはるかに上回る装飾品。
ガラスや玉で作られドーナツ状のもの。内にはさまざまの装飾がほどこされている。
「玉壁とは円形(ドーナツ状)の玉で、肉(穿孔の縁から外郭に至る間の部分)と好(穿孔)の比が2:1のものをいいます。


zh 玉石彫刻a 鏡 剣 玉器 玉珮 2点 直径15 剣16cm


古代から中国では装飾品(装身具や帯止めとして使っていた)や副葬品として珍重されただけでなく、貨幣経済が発達する前は貨幣の代用品(商品交換の媒介物)として使われていたようです。のちの鋳造貨幣は玉壁から変形・発展したものだとされます。また、玉そのものが貴重だったことから魔除けの効果があるものとされ護符代わりに使われた側面もありました。」


zh 玉石彫刻b-5 鏡 剣 玉器 玉珮


zh 玉石彫刻c-2 剣 玉珮



■串間以南から大隈あたりまで、古代「日向」

日向国名自体は遅い時代に分割されてできるが、大隈半島にあった古代曽於郡の範囲は宮崎県中央部の西都原古墳群くらいまであったと考えられ、大隈隼人の雄族だった曽君細麻呂(そのきみ・ほそまろ)が「日向の隼人」として出てくる。いち早く隼人を帰順させて外従五位をさずかっており、それが710年(和銅三年)のことである。
彼等はいわゆる記紀に「熊襲」と書かれた南九州の球磨族・曽於族のひとつで、熊襲から早々に分離している。曽於は奈良時代に二文字になったが、もとは曽ひと文字である。曽君は西都原古墳群に葬られたという考え方もあるが、宮崎県に多い群集墳である地下式横穴墓の被葬者であるとも考えられる。

「扶余王の庫に玉璧、珪、さん(いずれも玉器)数代へたものありて、代々宝物として伝えている。老人たちは王の祖先が賜ったものだと申している」『魏志』東夷伝夫余条
とあるように玉璧は中国王家から下賜される王侯の印だったと見られる。つまり北部九州の奴国や伊都国の王よりも、僻遠の地であるはずの曽於の豪族の方が、一級品の玉製品の、それも完品が伝世されてきたということになる。
ただし、あくまでもこれが伝世品で、確かに串間市の王の山遺跡から出たかどうかが不明であるため、考古学的には第二次的遺物扱いになってしまう。国宝指定は現代なら行われなかっただろうが、芸術品としては超特級品。美術品としては国宝指定は当然。

南九州のかつての豪族は、免田町(あさぎり町)の?金鏡もあるので、よそから持ち込まれたとは考えにくい。おそらく狗奴国の中心だった熊・襲のさらに中心地だった曽於の王族?が直接漢とのえにしで下賜されたものかと思われる。

なお曽於族は大隈隼人を帰順させた王族であるが、その隼人で最後まで抵抗したのが薩摩半島南端にいた肝属らの隼人を率いた三人の女酋長たちである。→衣君県(えのきみのあがた)・久売(くめ)・波豆(はず)・薩末比売(さつまひめ)・肝属難波(きもつきのなにわ)。肥人を率いて国まぎし=国衙の長・刑部真木らを拉致し、20年戦争(隼人の乱)を引き起こし(700年)、720年に大量殺害されてようやく帰順。この霊を祭るのが正八幡・鹿児島神宮と大分の宇佐八幡宮である。隼人にもさまざまあり、球磨族にもさまざまあった、つまり連合体だったのが熊襲、狗奴国なのだろう。熊襲の残照は720年まで消えていない。その後も在地では大小のもめごともあったのだろう。もちろん中央に行った隼人もまた、政治的な裏での動きもあったはず。日本の歴史で完全消滅した氏族など存在しない。それは豊臣や織田も同じ。この国は怨霊の跋扈する異界なのだから。

 ( Posted by Kwakatsu)



スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【寒芍薬と青高麗】へ
  • 【『壽則辱』 高鳳翰】へ