雑学曼陀羅

耶律楚材の実像

 ←耶律楚材 →トランスジェンダー
z 耶律楚材像a




 陳舜臣『耶律楚材』(上・下)集英社


 コーエーのPCゲーム「チンギス・ハーン 蒼き狼と白き牝鹿」が好きです。このゲームに登場する将軍に耶律楚材という人物がいます。彼は戦闘力は34とほとんど使い物になりませんが、政治力が最高の100で知謀も93、内政特技は全部○という内政担当としてはこれ以上いない人物。ゲーム中彼に対抗できる内政力を持つのは、政治力94、知謀98を有するフランスのフィリップ2世くらい(フィリップは戦闘力も90ありますが、彼は君主ですから別格ということで)。この耶律楚材を主人公にした小説です。

 耶律楚材は、その姓からわかるように遼の王族ですが、生まれたのは遼滅亡後かなり時間の経過した1190年(遼の滅亡は1125年、実質的には1122年に首都燕京が陥落している)。彼の父は遼を滅ぼした金に仕えた官僚で、楚材も金に仕えた人物でしたが、1215年にモンゴル軍が燕京(北京)を占領した際にチンギス=ハン召し出され、以後第2代オゴタイまで仕えました(オゴタイの死とともに失脚したらしい)。

 彼の墓は現在北京の頤和園(西太后の避暑地として有名な世界遺産)にあり、清代に建てられた墓碑の文字は清朝第6代高宗乾隆帝の筆によるものです。小説にも登場する楚材の息子の鋳は、元の世祖フビライに仕えています。

 この小説で耶律楚材は、天下万民のために全力を尽くす天才として描かれています。強大な力を有し覇者となりつつあるモンゴルを、単なる武闘集団から文明的な集団に変貌させ、モンゴルの軍事力を平和を維持するために活用しようとしたのが楚材だったというわけです。

 モンゴル軍の慣習である「屠城」を戒め、文明を守り、人々が人間らしく生きていけるように彼はあらゆる手段を尽くします。集めた情報を分析して事態を予測し、君主にアドバイスして信頼を得て政治の中枢に参画し、また道教の長春真人と語らい、仏教と道教が対立していることを装って論争することで、モンゴルに文化的雰囲気をつくりだそうと腐心します。

 ちなみに長春真人は、教科書に出てくる全真教の教祖王重陽の高弟で、ゲーム「チンギス・ハーン」には政治力91、戦闘力1、知謀78の将軍として登場します(戦闘力「1」って....)。耶律楚材の活躍もさることながら、モンゴルの諸将たちも生き生きと描かれています。特に第2代オゴタイなどは、親しみやすく描かれていると思います。

 上下2冊ですが、戦闘中心の上巻、政治中心の下巻といった流れも見事です。 耶律阿海や完顔陳和尚といった、ゲーム「チンギス・ハーン」に出てくる諸将たちが登場するのも、個人的には楽しかったです。私は完顔陳和尚(政治力は36ながら戦闘力95、知謀83)という人物が好きで、配下にはいったら必ず「婿将軍」にします(笑)。

 ゲームで「宴」に耶律楚材を招くと、「酒を控えるように」との諫言をするイベントがあり、OKを出すと君主の寿命が延びます。これは小説中下巻の182ページに出てくる、酒を控えるようにオゴタイに意見したエピソードをモチーフにしているようです。ゲームの攻略本『ハンドブック』でも、耶律楚材は大きく紹介されています。

 この耶律楚材ですが、以前は浜島書店が発行していた世界史の授業用資料集にもコラムが載っていました。確か、この小説の221ページに出てくる中原政策について述べられていたと記憶しています。

 この本の帯には、「大モンゴルを支えた名宰相」「チンギス・ハンを覇者にした名宰相伝」「諸葛孔明を超えた男、耶律楚材の生涯」「歴史に新しい偉人を発掘!」といった言葉が踊っていますが、杉山正明氏の彼に対する評価は極めて否定的です。

 『モンゴル帝国の興亡(上)』(講談社現代新書)の中で杉山氏は、「物語やイメージはともかく、現実の耶律楚材は、ややウソでもいいから虚栄の肩書きを好む、少しねじけた人格の持ち主」だと述べています。「愛とやさしさの政治を命を賭して主著した傑物」という描写とはエライ違いです。

 杉山氏が言う「物語」とは、おそらく陳舜臣氏のこの本のことでしょう。『耶律楚材』の出版が1994年で、一方 杉山氏の『耶律楚材とその時代』(白帝社)『モンゴル帝国の興亡』の出版はいずれも1996年です。「虎の威を借る狐」「傲岸、尊大な態度に引き比べ、実際には哀れを誘うまでに、無力に近かった」という評価等、この小説との落差には驚かされます。

 「野蛮で無教養の武闘集団モンゴル」を「近代的な集団に変貌」させた、「野蛮なモンゴル人と違って教養がある漢人」という設定が、杉山氏は気に入らなかったのでしょうか?こうした読み比べをするのも、歴史小説の楽しみの一つかも。ちなみにゲームの攻略本『ハンドブック』(98年発行)では、参考文献に杉山氏の『モンゴル帝国の興亡』があげてありますが、耶律楚材については肯定的に紹介されています。



z 耶律楚材像b


 耶律楚材の実像


 「耶律楚材」と聞いて、どのようなイメージを抱くでしょうか? 「元の大宰相」「オゴディの懐刀」「野蛮なモンゴルに文化を与えた人」等でしょうか? 彼のついての説明として、『京大東洋史辞典』を繙いてみましょう。

 耶律楚材:1190-1244 元朝創業の功臣。遼の東丹王八世の孫で、父は履。父祖の代より金に仕えた。学を好み博学で天文地理律暦並びに釈老医卜の説にも通じた。進士に及第し、宣宗南渡後は燕京にとどまった。1215年蒙古が燕京を陥れたとき、太祖チンギス=カンに仕え、以後重用された。19年西域遠征に従軍し、チンギス=カンの死後、オゴタイ即位にあずかって力あり、重用された。34年金が滅ぶと楚材は漢土の経営に尽力し、蒙古の政治的・経済的基礎をかためた。オゴタイの死後、皇后ドレゲネは回教商人アブドラフマンを信任して楚材を斥けた。著書は『湛然居士文集』14巻、『西遊録』1巻。

 一般的なイメージは、大してこれと変わらないと思います。陳舜臣氏の『耶律楚材』は、この方向を極限まで追求した小説でしょう。私も、杉山正明氏のあの! 本を視るまではそう思っていました。

 そう、あの本 とは、『耶律楚材』です。この本を読んだとき、目から鱗が落ちた! というよりは、う~ん、やられた・・・ というのが正直なところでした。
 杉山氏の説くところの耶律楚材は、中華文人の英雄ではなく、モンゴルの一書記、それも帝国全土の経営に関わる重要人物ではなく、モンゴルの一地域にしかすぎない、河北・山西の事務を担当する地方行政官(というのもおこがましい)にしかすぎなかったのです。
 この指摘自体は、この本は学史的に振り子の揺り戻しという性格が強く、「ちょっと書き過ぎかな? 」と思うところもありますが、イスラム圏の史料も縦横に使い、中国に縛られず「モンゴル・ウルス」全体の視点から、耶律楚材の立場を捉えようとした氏の研究姿勢は一定の説得力を持って、読者に迫ってきます。細かいところは、実際に本を読んでみてください。

 では、何故これまでの楚材像が形成されたのでしょうか? それが杉山氏の本の主題にもなっています。
 氏は、『元史』耶律楚材伝の記述が、どの様な史料を用いて作成されているのかを説きます。それに拠れば、彼の文集・墓の前に刻まれた碑文(「神道碑」)等 が当たります。特に重要視されているのが、「神道碑」なのですが、これは故人の関係者が文章の上手い人に「故人を顕彰するようなものを作ってくれ」と頼むことが多く、結局、ちょっとした善行でも過大に記し、都合の悪い所は隠してしまいます(これは今でもそうですね。)。要するに、自画自賛的な史料を使って歴史を仕立てるのは、常に注意を要する! という事です。


z 耶律楚材像c


 これはたまたま杉山氏の専門である、モンゴル史の人物という理由で耶律楚材がやり玉に挙がったのですが、他の人物の伝を書く際、他山の石とすべき重要な指摘でもあります。

 この本の残念なところは、杉山氏も書いているように、耶律楚材が中国統治に関して何をしたのか? を書く紙面の余裕がなかったところです。これではまるで「耶律楚材伝を斬る! 」という題名がぴったりくるような・・・

 それを補うには、山川出版社『中国史3』や中央公論社『大モンゴルの世紀』等を読んでください。それを読んだ限りの私の感想は、漢地の宗教制作や、漢人軍閥・モンゴル諸王の中国領地の経営方針立案には関わったのかなあ? という印象を持ちました。

 ※ちょうどこの本が出た頃、陳舜臣氏の『チンギスハーンの一族』とかいう題名の連載小説がやっていました。当然陳氏の事ですから、自分の嘗て書いた本をベースとする耶律楚材像でしたが、杉山氏の本を読んだのかどうかは知りませんが、途中から楚材や彼の息子の扱いが尻窄みになったのは、何だなかなあ・・・(中国史コラムより)



スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【耶律楚材】へ
  • 【トランスジェンダー】へ