雑学曼陀羅

宮城谷 昌光

 ←大学卒業式&退官式祝賀会 →『存在の耐えられない軽さ』 ミラン・クンデラ
z 宮城谷 昌光




 宮城谷 昌光


 宮城谷 昌光(みやぎたに まさみつ、1945年2月4日 - )は、日本の小説家、歴史小説・時代小説作家である。古代中国の偉人にスポットを当てた作品を得意とする。代表作に『重耳』、『孟嘗君』など。本名は宮城谷 誠一(みやぎたに せいいち)。


愛知県宝飯郡三谷町(現・蒲郡市三谷町)生まれ。愛知県立時習館高等学校を経て、早稲田大学第一文学部英文学科卒業。大学卒業後、出版会社勤務や家業の土産物屋の手伝い等を経て、郷里にて英語の塾を開いていたが、作家として名が売れるまでは苦しい生活が長く続いた。

その後、立原正秋と出会い、教えを受ける。立原に「必然性のない漢字を使ってはならない」と言われたことから、日本語と漢字に向き合う日々を送ることになる。長い間、自分の言葉を探し苦しんでいた昌光は、白川静の著書に出会ったことで光明を見出すことになった。後にその白川と対談したとき「あなたは勉強家だ」と白川を驚嘆させ、「文章も清新でよろしい」と評価されている。

最初は恋愛小説などを書いており、またフランスの現代思想家たちの著作を愛読していたが、次第に歴史に関心が移り、歴史小説を書くようになった。『史記』をはじめとする漢籍を修めただけでなく、白川に深い影響を受け金文や甲骨文字まで独学で学んだ。『史記』全文を筆写したことがあるという。殷、周、春秋戦国時代など古代中国に素材を求めた作品が多い。1990年代に入ったとたん、長い不遇が嘘のように一躍ベストセラー作家の地位を占めた。

近年は日本の戦国時代を題材にした作品も手がけているが、主に自分の郷里である三河を舞台とした作品を執筆している。なお、日本史作品の執筆にあたっては、それまで使用していた「中国史資料用」とは別の書庫を準備し、「これが完成するまでは日本史作品には手をつけない」と心に決めていたという。

『王家の風日』が500部刊行にも関わらず司馬遼太郎の目に止まり、はがきを受けている。また、『天空の舟』は司馬の激賞を受けた後、知人の経営する中小出版社から出版され、この作品が出世作となった。その後、自分の作品が刊行される度に司馬に送付しており、その度にはがきを受けたという。

1996年1月3日に編集者・和田宏の仲介により司馬と初対面する。喫茶室で懇談後、昌光の夫人同伴で夕食会を催す。司馬が他界する1か月前であった。司馬の死後、和田は「あの新年の陽光がいっぱいのホテルの喫茶室で、司馬さんから宮城谷さんに何かとても大きいものが引き継がれたのだ」と述懐している。

かつてはカメラを趣味とし、1981年には雑誌『日本カメラ』の年度賞で8位に入賞している。


 受賞・候補歴

1990年、『天空の舟』で直木賞候補。
1991年、『天空の舟』で新田次郎文学賞、『夏姫春秋』で第105回直木賞受賞。
1993年、『重耳』で第44回芸術選奨文部大臣賞受賞。
1996年、「中国歴史小説の分野に新境地を開く作家活動」の功績で中日文化賞受賞。
2000年、『楽毅』で第3回司馬遼太郎賞受賞。
2001年、『子産』で第35回吉川英治文学賞受賞。
2004年、第52回菊池寛賞受賞。
2006年、紫綬褒章受章。
2016年、第57回毎日芸術賞受賞。旭日小綬章受章。


z 宮城谷 昌光 旭日小綬章


 コメント1

 宮城谷昌光「三国志 第十二巻」読了! これだけ濃密な三国志は読んだことがない。知らない人は驚くかな。実は司馬遼太郎は三国志を書いていない。「項羽と劉邦」は書いている。実はこれがベストセラーらしい。もっとも、司馬遼太郎は日本史をたくさん書いているイメージなのだろうか。私は司馬遼太郎が三国志を書いていないと知って驚いた。

 それにくらべて宮城谷昌光は中国史のイメージを皆さんお持ちだろう。すごいです。一応漢文は外国語なのである。そこから、まるでその場を見ているように場面を立ち上げる文章力は驚嘆する。ため息が出るのである。

 本書あとがきによると、三国志を初めて意識したのは、神田の古本屋らしい。小説家志望だった宮城谷氏は学生時代、古本屋に友人と訪れ、陳寿の三国志(原文)を友人に手渡された。それをペラペラめくりながら、いずれ三国志の世界を描く予感を抱いた。

 そして三十数年後、三国志を描くことになった。三年もの月日をかけて、まずは年表を作成した。「長い連載のまえには、小説用の年表を作るのが、つねである。事件の取捨選択をおこない、小説に欠かすことのできない人物の履歴をあてはめて、記入する作業である。これをおこなうと、冷ややかにみえる歴史的事実も温かさをよみがえらせ、それらに関わった人々が生活に連動するようになる。つまり、読むことは、書くことにおよばない。資料を百回読んでもわからなかったことが、書き写せば、一回でわかる、という経験をもっているので、自分なりの年表を作るのである」

 自分で書いていて、「つまらねえな」と思ってしまう私のような雑文書きでも、この「書き写せば、一回でわかる」という感覚はよく分かる。それにしても、三年もこのような作業をさせてくれるというのは、まんざら日本も貧乏ではないじゃないか、と思ってしまう。

 小説はその人となりが現われる。宮城谷氏に現われる人となりは「常識人」だということだ。野心家でもなく、自己顕示欲が異常に強い人物でもなく、ニヒリストでもなく、ネガティブでもなく、異様にポジティブでもない。失敗した人物でも、上段から見下げるのではなく、どことなく同情しているようにも感じる。

 この十二巻でも様々な敗者が生まれる。当然だ。三国時代の終焉を描いているのだから。勝者は三国のうちの一つ。敗者はその他二つだ。書いていてバカみたいだと思った。しかし、三国志を知らない人にはこれくらい書いても良いのだろう。勝ったのは曹操を祖とする魏の国だ(正確には祖は息子の曹丕)。敗者は劉備を祖とする蜀、孫権を祖とする呉である。国の数だけ大量の敗者を生む。それだけではない。魏の国から蜀を攻めた鍾会や鄧艾(ガイの字が違っているかもしれないが、以下これでいく)は勝ったのにもかかわらず、失脚する。二人とも自己の性格が敗因だ。鍾会は驕り。自分は劉備程度にならなれる、と反乱を起こそうとして失敗する。兄や家族にもその驕慢は読まれていた。それくらいわかりやすく、討伐群を率いさせるときに、大将である司馬昭のもとには諫めるものがいたくらいだ。

 鄧艾の敗因はなんだかよくわからない。ただ、元々拙速な性格なのだろう。実質蜀を落とした将軍であるのだが、そのままの余勢をかって、呉まで落とそうとする。蜀から呉は、長江の流れを使うと、一気に責められるのは確かだ。しかし、蜀だけでなく呉を落とすということは、下手をすれば将軍である司馬昭を越える功を立ててしまうことになる。それに気付かなかった。確か閑職にあったところを、司馬昭の父親である、司馬懿に見出された人物だ。あまり、上司と部下のような人間関係の機微に疎かったのかもしれない。そういうところに気を配れるかどうかも性格だろう。また、蜀入りしたときにも、討伐軍を仕切っていた鍾会を差し置いて人事を決定したりする。そういう機微に疎かったのと同時に、これまた驕った性格だったのかもしれない。(人物名を出すのが大変なので、これ以上例を出さない)

 英雄視される姜維や諸葛亮もきちんと人物的な負の部分が書かれている。公平なのだ。先日も書いたが、どの場面もウェイトに差がない。もしかすると、歴史の教科書以上に細かく、歴史の教科書以上に成功者にウェイトがかかっていないかもしれない。出来事を忠実に描くため、敗者についてもきちんと描く。そこが公平な感じがするのかもしれない。

 司馬遼太郎が同じく三国志を書けば、みなが野心家であったり、情けない人物に関しては、「情けない」と吐き捨てる容赦無さがあったりする。北方謙三なら、みんな男前になってしまう。

 一二巻という巻数を見て、「うげえ、無理」と思うかもしれないが、この灰汁のない文章なら、きちんと読み通せる。とくに吉川英治(横山光輝でもよし)を読んだことがあるという人は是非読んでみてはいかが。


 コメント2

三国志より前の宮城谷さんの作品はほぼ全て読みましたが、三国志は5巻までで読むのを止めてしまいました。

他の方もおっしゃっていますが、どうも歴史の詳細を書かれているところが多くあり過ぎて、内容に面白みを感じなくなってしまいました。

三国志は多くの方が書かれているものなので、宮城谷さんとしては自分が調べたことで他の方が書いていないようなことを表現したいと思ったのかも知れませんが、読む方としてはちょっと苦痛になるような細かい歴史書になってしまっている気がしました。

その後「風は山河より」も2冊目くらいまで読みましたが、こちらもどうも細かい歴史の説明が多くてそれまでのような面白みがあまり感じられず途中で読むのを止めてしまっています。

三国志より前の作品はどれも大変面白くてあっという間に読み終わるほどだったんですが、ちょっと三国志以降の作品はそれまでの作品に比べると書き方が変わってしまった気がしますね。

上の方の回答でこれまでの作品とは少しジャンルの違うものになっているのだというのはよくわかりました。

そういう思惑で書き進められているものだということであれば、それを否定することは全くありませんね。

ただ、これまでの宮城谷さんの作品は細かな歴史の詳細を並べるばかりではなく、その歴史からどんなことを学びとることができるかということがとてもわかりやすく表現されていたように思えます。

そんな作品に触れることで歴史の面白さを感じるようになってきていたので、急に作風が変わって正直戸惑ってしまいました。

今後も宮城谷さんの作品を楽しみたいと思うのであれば、それ相応に自分も高めていかなければいけないということなんですね。


スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【大学卒業式&退官式祝賀会】へ
  • 【『存在の耐えられない軽さ』 ミラン・クンデラ】へ