文学・芸術

郎世寧

 ←ローマ字表記で混乱 →加藤舜陶 瀬戸の三羽烏
s-z 郎世寧 八駿図




 郎世寧


1688年7月19日にイタリアのミラノで誕生した郎世寧(ジュゼッペ・カスティリオーネ/Giuseppe Castiglione,1688-1766)は、幼少の頃から絵画を学んでいました。19歳(1707)の時にジェノヴァ(Genoa)でイエズス会士となり、1709年にポルトガルのリスボンへ移りました。その後、1714年にローマ教皇庁により中国(清国)に派遣され、1715年(康熙54年)に澳門(マカオ)に到着しました。この度の特別展で展示されるイタリアのPio Istituto Martinez養老院所蔵の未公開作品は、ジェノバで制作した作品だとされています。来華前にヨーロッパで制作した絵画の実例であり、郎世寧の西洋美術本来の作風がご覧になれます。


郎世寧が来華したばかりの頃─康熙、雍正時代に制作した絵画作品はそれほど多くありませんが、中西融合とも言える画風は多元的で精彩に富んでいます。郎世寧は中華的な題材を取り入れつつ、景物を形作る陰影や背景の奥行きなどで伝統的な中国画とは異なる新しい表現を生み出しました。その一方で、西洋画の技法を中国伝統の扇面に用いることもあり、彩色磁器の絵模様にも郎世寧との関連が見て取れるなど、内廷による美術品の制作で郎世寧が果たした様々な役割を知ることができます。


z 郎世寧


聚瑞図

清 郎世寧
軸 絹本着色
縦173cm 横86.1cm

青磁の瓶に生けられた蓮の花や穀物の穂など、吉祥を意味する植物が描かれている。聖人による治世を象徴する宋元以来の画題である。款題は清宮廷で印刷用に用いた「宋字」で書かれている。制作年は雍正元年(1723)、郎世寧最早期の作品である。視点が画幅の三分の二の高さに水平に置かれているため、瓶の口の内側が見える。光沢を放つ瓶の艶やかな質感が白い顔料で表現されており、より立体感に見える。植物は色彩で立体的な凹凸が表現されているだけでなく、明暗の違いも生かされている。全体に丹念かつ精緻な着色が施され、物象そのものから光が発せられているかのような質感がある。中国的なモチーフを扱いながら西洋画法を駆使した見事な作品となっている。画中の青磁瓶は本院所蔵「雍正倣汝釉青磁弦紋瓶」の体裁に近い。


z 郎世寧 花底仙尨


 ジュゼッペ・カスティリオーネ

 郎世寧 (中国名)



s-z 郎世寧 魚藻


ジュゼッペ・カスティリオーネ(Giuseppe Castiglione、1688年7月19日 - 1766年7月17日)は、イタリア生まれのイエズス会の宣教師である。清朝の宮廷画家として、康熙帝、雍正帝、乾隆帝に仕え、西洋画の技法を中国へ伝え、美術や建築に影響を与えた。絵画作品では乾隆帝大閲図、ジュンガル討伐戦の情景画、香妃肖像画などが有名である。バロック様式を取り入れた離宮である円明園西洋楼を設計した。中国名は郎世寧(ろうせいねい Láng Shìníng)。


カスティリオーネはミラノに生まれた。ボローニャ派の伝統に従ったプロの画家としての訓練を積み、アンドレア・ポッツォに直接学んだわけではないが、その影響を受けていた。1707年にジェノヴァのイエズス会の会士となったが、司祭ではなく修士であり、中国で画家として働く任務を与えられた。1709年にコインブラに移り、そこでも画家として活躍したらしいが、作品は残っていない。1715年に清朝時代の中国へわたった。

康熙帝の崩御後、雍正帝はキリスト教を禁止し、宣教師をマカオに追放したが、北京の宮廷にいる宣教師は引き続き仕えることができた。乾隆帝にはまだ皇子だったころから仕えており、とくに重用された。

雍正帝と乾隆帝は円明園の大々的な拡張を行い、カスティリオーネはその設計に参加した。
1766年に北京で没し、侍郎の官位を贈られた。


z 郎世寧 画山水 軸


 代表作品

康熙年間の作品は残っておらず、雍正元年に描かれた静物画「聚瑞図」が現存する作品でもっとも古い。雍正年間には有名な「百駿図」をはじめとして多くの馬の絵も描かれた。乾隆年間はもっとも多産であり、乾隆元年に乾隆帝・皇后・11人の貴妃を描いた「心写治平」(クリーブランド美術館蔵)、乾隆帝の外征や外国の帰順などの歴史的場面を描いた作品などがある。

カスティリオーネは西洋画と中国の伝統的な絵画を折衷させた独特の様式を発達させた。当時の中国人の趣味に合わせて、肖像画は常に正面から描き、陰影はつけなかった。また絹や宣紙に膠状の顔料で絵を描く必要があった。


s-z 郎世寧 白鶻図


カスティリオーネは西洋から清にわたった画家としてもっとも優れていたが、乾隆帝の宮廷にはカスティリオーネ以外にもジャン=ドニ・アティレら4人の西洋人が働いており、また西洋人に学んだ中国人画家もいた。カスティリオーネの名前を冠していても、実際にはこれらの画家との共同製作も少なくないことに注意しなければならない。



見事な描写力で写実的で写真画像に近い。

残念ながら、躍動感、心象風景、インパクトは弱く静物画を思わせる。

宮廷画家としての記録画像の役割は十分に果たしている。

描写能力などすばらしいが、イシコロの好みではない。



スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ローマ字表記で混乱】へ
  • 【加藤舜陶 瀬戸の三羽烏】へ