やきもの

加藤舜陶 瀬戸の三羽烏

 ←郎世寧 →ミントン デミタスカップ
s-DSCN4995 (2)





 加藤舜陶 


工芸作品の発表の場は、主に伝統を守る「日本伝統工芸展」と、帝展の流れを汲む「日展」があります。

瀬戸の陶芸家は主に、「日展」で活躍する人が多い様です。  
瀬戸の赤津焼きを代表する陶芸家の、加藤舜陶もその様な人の一人です。

 加藤舜陶 ( かとう しゅんとう )
 1916(大正5) ~ 2005(平成17)

 経歴

昭和 25年 第6回日展初入選
昭和 30年 全国陶芸展文部大臣賞受賞
昭和 35年 第3回新日展特選北斗賞受賞
昭和 41年 日展会員
昭和 57年 日展評議員、愛知県芸術文化功労賞受賞
昭和 62年 勲四等瑞宝賞受賞

平成 2年 第12回日本新工芸展内閣総理大臣賞受賞
平成 3年 第23回日展内閣総理大臣賞受賞
     瀬戸市指定無形文化財(陶芸灰釉技法)保持者認定
平成 6年 愛知県指定無形文化財(陶芸灰釉技法)保持者認定
平成 9年 日展参与
平成 17年 6月24日逝去 享年88歳


s-DSCN4996 (2)


愛知県瀬戸市で加藤春逸の長男として生まれます。
陶祖「加藤四郎左衛門影正」の26代の末裔とも言われ、代々焼き物を生業としている名家で赤津に移り住んでからも、10代目と成る名家です。
尚、父春逸は割烹食器が専門で、星ヶ岡茶寮の様な高級料理店の食器を造っていました。

1946年 瀬戸市赤津町にて本格的な製陶に従事する様に成ります。
1950年 第六回日展に「黒い壷」を出品し初入選を果たします。以後連続入選します。
1959年 日本橋三越で個展を開催します。
1960年 戦後の第三回日展に「湖上の月」を出品し、特選の北斗賞を受賞します。

これ以降、無鑑査出品、日展内閣総理大臣賞受賞、日展審査委員、
日展会員、日展評議委員、朝日陶芸展審査委員などを歴任します。
又、ブリュッセル万博グランプリ等受賞、ソ連・ベルギーの美術館等に永年保存や
中日国際陶芸展審査委員など国際的な活躍もしています。


s-DSCN4997 (2)


 加藤舜陶 の陶芸

 灰釉(かいゆ、はいゆ)

舜陶氏が目指した作品に、灰釉の作品があります。
a) 灰釉は栗、樫、栃などの硬い樹木、即ち炭に成る木の灰が良いと言われています。
b) この灰を細かく砕いた長石に混ぜ釉を作り、器面に塗り還元焼成し、ガラス状の幕を
作ります。更に、少量の黄土やカオリンを添加して、光沢や潤い出している様です。
(現在ではこの様な灰は入手困難である為、一般には石灰や合成灰を使う場合もあります。)

 御深井(おふけ)焼

a) 灰釉は瀬戸地方で生まれ、発展したと言われています。特に江戸初期の尾張徳川家の公式行事には、上質の白い生地に透明な緑色かかった、格式高い陶器が使われています。
この焼き物は御深井焼と呼ばれています。
舜陶氏はこの御深井焼を元に現代的な造形と、意匠を取り入れます。

b)  彼の作品の多くは、「盤」の形をしています。
灰釉は高温で、又厚く掛ける事により流れ易く成る為、平面的な作品になり勝ちです。
「御深井釉鳥文大皿」(1980年、直径47cm)などが代表的な作品です。


 碧釉(へきゆ)は、初期の頃の作品です。


z 加藤舜陶 梨地青花生b


z 加藤舜陶 梨地青花生


z 加藤舜陶 梨地青花生a


z 加藤舜陶 梨地青花生d


青い呉須で器一面に下絵を付け、灰釉を掛けたもので、深い湖の底の様な暗い緑色を呈します。
流動化した灰釉は呉須と共に、凹んだ部分に厚く溜まり、口縁などの周辺部には薄く掛ます。
その為、陰影が色濃く出る事に成ります。「碧彩盤」(1972年、直径52cm)


黄灰釉は同じ灰釉を酸化焼成する事で得られます。釉の中の鉄分や銅分が酸化されて黄色を呈します。石炭窯を用いて焼成すると、石炭灰も降り掛り一層効果的で有るとのことです。
但し、今では、煤煙の関係で瀬戸でも石炭窯は、禁止されている様です。
それ故、ガス窯が中心に使われているとの事です。

陶壁も作っています。瀬戸やその近くの公共施設には、必ずといっていいほど、壁画や陶壁が飾られている様です。

瀬戸市の公立病院の陶生病院の一階のロビーに、陶壁2点が東西に設置されています。
東側には加藤舜陶氏の制作した「瀬戸の四季」が、飾られていて、大きく赤く輝く太陽が
描かれてあるのが印象的です。

尚、加藤瞬陶は、鈴木青々と河本五郎と並んで「瀬戸の三羽がらす」と呼ばれた人です。
2001年3月9日 には当時の皇太子(現、天皇)ご夫妻も訪問されています。


z 炉均窯a 景徳鎮製で、白土瓷器


  『現代陶芸39』:2012-02-06 現代陶芸と工芸家達より




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【郎世寧】へ
  • 【ミントン デミタスカップ】へ