書画・骨董

弥生時代の硯 国内最古級

 ←イタリア 「五つ星運動」  →震災ポルノ? 復興と復旧
s-DSCN5622 (2)




   漢字文化 イシコロコメント



s-DSCN5628 (2)


s-DSCN5614.jpg
 



考古学的考察(仮説)の盲点は、発掘された場所と発掘品目に限定されてしまう。

ところが、地下や海底には発見されていない無尽蔵の埋蔵遺産が眠っている。

限られた場所や発掘品だけで、不確実な推測を強いられるのが考古学でもある。

文字(中国古代の漢字)文化だけを推察しても、

「竟(鏡)」とされる三雲・井原遺跡の刻書土器、「田」とされる片部(かたべ)遺跡(三重県)の墨書土器など

という狭い範囲の発掘で、渡来人によって流入・伝播した文字文化は、楽浪郡のあった朝鮮半島北西部経由とは限定するのは早計で、もっと広範囲に及んだかもしれない。

画像の「田」を線刻したイシコロの収蔵日月硯は、模刻するには無意味なことで、明らかに弥生時代に実際に使用した実用硯であると推定している。

古代中国では、太陽と月を表象する「日月硯」や「日月壺」が流行していた。

硯の中央部に窪みができて、墨を擦り潰して使用した形跡が残っている。

ただ、どんな人物が使用していたのか、まではわからない。

渡来して普及していた漢字数は相当な数に上っただろう。

渡来人であれ倭人であれ、それ相当の知識階級が常用していたとすれば、中国から流入・伝播した漢字・文字量も多かったのではないかと推察できる。 

2000年前の古代中国の漢時代には、大量の漢字文化が成立・定着していたからである。


0 日本最古級の硯


2016-03-02、新聞各紙で報道された福岡県糸島市三雲・井原遺跡で発見の弥生時代後期(1~2世紀)の硯の解説を調べた。

後漢が朝鮮半島北部(平壌付近)に置いた楽浪郡の土器といっしょに出土している点が興味深い。

今まで文字の受容については、文字そのもの(刻書土器・墨書土器など)が注目されていたが、硯・墨・筆などの筆記具にも、考古学会はもっと早く注目したほうがよい。


 

 ☆ ☆ ☆


 弥生後期の硯、出土


 
 1〜2世紀、渡来人が使用か 
 倭人伝「伊都国」中枢の地
 福岡の三雲・井原遺跡


 2016年3月2日 東京朝刊


この記事を読んで、ずいぶん前に収蔵古硯のなかに、手彫りの古いすずりがあったことを思い出した。

稚拙な線刻の日月硯だが、完品で3.6kgもある堂々とした硯であった。

記事の画像を観て、石質の文様と線彫りがよく似ている。

時代が経過した同じ場所付近からの発掘品であれば嬉しいことだ。



s-zzz 弥生時代のすずりを発見 国内最古級
三雲・井原遺跡から出土した弥生時代の硯の破片(表側)=福岡県糸島市で2016年2月29日、山下恭二撮影


 楽浪群で使われた石製すずりの復元図


 福岡県糸島市教育委員会は1日、同市の三雲・井原遺跡で、弥生時代後期(1〜2世紀)とみられる硯(すずり)の破片が出土した、と発表した。同遺跡は「魏志倭人伝」に登場する「伊都(いと)国」の中枢遺跡。外交上の文書のやりとりを実施したとする記述があり、同市教委は「文字を書くために使った」とした。これまでは国内での文字使用は3世紀ごろともされてきた。今回の発見は日本における文字文化の始まりを考える上で貴重な成果といえる。


zzz 最古の硯


zzz 最古の硯a


zzz 最古の硯b


 破片は板石状で6センチ×4・3センチ、厚さ約6ミリ。片面が研磨されていた。古代中国の出先機関・楽浪郡のあった朝鮮半島北西部で出土した実物と似ており、硯と判断した。発掘現場では楽浪郡の土器も大量に出土した。

 「魏志倭人伝」によると、伊都国は外交使節が滞在する場所。楽浪郡などの使節の到着時に、使節の文書や贈り物を点検する外交業務も担う記述もあり、硯の発見で実際に文書が同遺跡内で作成された可能性が高まった。

 弥生時代の硯が確認されたのは今回で2例目。田和山遺跡(島根県)で出土していたが、権威の象徴とみなされていた。現地説明会は3月5日午後2時。


s-DSCN5615.jpg



 文字の使用を証明する用具

 弥生時代でも中国と外交交渉をした北部九州では、文字使用の可能性は以前から指摘されていた。「魏志倭人伝」の記述のほか、福岡市・志賀島の「漢委奴國王(かんのわのなのこくおう)」金印(紀元57年)や、銘文のある中国・前漢の銅鏡などの資料も豊富なためだ。

 だが、倭人の文字とされる確実な資料は、「竟(鏡)」とされる三雲・井原遺跡の刻書土器、「田」とされる片部(かたべ)遺跡(三重県)の墨書土器など3世紀以降になる。


s-DSCN5617.jpg


 弥生時代後期には日本国内で文字が書かれていたことを、今回は硯という筆記用具の存在で証明してみせた。「魏志倭人伝」の伊都国の外交現場で見つかったのが大きい。しかし、この硯が使われた時代に、倭人が文字を使いこなしていた可能性は低い。楽浪郡の人々など渡来人が主な担い手と考えられる。倭人は伊都国の外交現場で文字を学んだかもしれない。
 

スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【イタリア 「五つ星運動」 】へ
  • 【震災ポルノ? 復興と復旧】へ