雑学曼陀羅

カンアオイ ギフチョウの食草

 ←マクロン仏大統領ブリジット夫人 →フランス 歴史と国民性
zz gカタクリに舞うギフチョウ




 カンアオイ ギフチョウの食草


  2013/4/6 撮影記録


 日本は四季に恵まれ、様々な生きものが生息する。人間社会の周りでいのちを育む野鳥、昆虫、魚、動物にスポットを当て、人々の暮らしとの関わりや、時代・環境の変化に伴う生息状況の移り変わり、ユニークな生態――などを紹介する。

 寒さが厳しかったこの冬もようやく去り、待望の季節がやってきた。ソメイヨシノの開花の便りとともに、日本列島を春が北上してゆく。

 今回紹介するのは「ギフチョウ」。本州に分布しており、北限は秋田県。決して身近なチョウではないが、春の短期間にだけ現れる季節の使者として、あるいは黄色と黒を基調に赤や青をちりばめた美しさから、メディアに取り上げられる機会は昆虫のなかでも抜きんでて多い。


zz gカタクリに舞うギフチョウa



 食草は「徳川家の家紋」

 今では里山の環境変化や森林面積の減少とともに、各地で数を減らしている。神奈川、静岡、三重、大阪など、太平洋側の都市近郊は減り方が顕著で、人間による開発がそれだけ甚だしかったことの裏返しだろう。

 食草はカンアオイの仲間。これも著名な植物とはいえないが、徳川家の家紋に使われた三つ葉葵(あおい)はこの仲間をモデルとしており、冬にも青々とした重厚な葉が日本人に好まれたようだ。今も山野草の愛好家の間では人気が高い。


zz gカタクリに舞うギフチョウd


 ギフチョウのメスは芽吹いて間もないカンアオイ類の若葉に卵を産む。幼虫は柔らかい葉を食べ、初夏に落ち葉の下などで蛹(さなぎ)になる。そのまま夏、秋、冬と長い季節を過ごし、やがて次の春の訪れとともに固い殻を破って羽化するのだ。


 暖かな日中は移り気に

 成虫はスミレ類など様々な花を訪れるが、日本海側の雪国では、特にカタクリの花を訪れる場面が多い。カタクリと特別な関係があるというわけではないのだが、現れる季節も場所もよく一致するし、何よりも美しい花に美しいチョウという組み合わせがよく似合う。

 カタクリの花は夕方に閉じる。午前9時頃、朝日が当たると開き始め、15分ほどで、あわせて6枚のがく片と花弁が反転する。間もなくギフチョウが飛来して、ぶら下がって蜜を吸ってゆく。朝は30秒ほど花にとどまることもあるが、気温が高くなる日中は10秒ほどで蜜を吸い終えると、次々と別の花へ移ってゆくので、なかなか撮影の機会に恵まれない。一面にカタクリが咲いている場所では、どの花に来るか見当もつかないので、花の前でカメラを構えているわけにもいかないのだ。


zz gカタクリに舞うギフチョウb


 蝶の幼虫の食草


蝶の幼虫の食草について質問します。

蝶の幼虫には、ギフチョウのようにカンアオイなど1つの植物しか食べない蝶もいれば、ルリシジミのようにかなり幅広い植物を食べる蝶もいます。
その差は一体どこから生まれてくるのでしょうか?

 蝶屋です。

先ず、蝶の幼虫の食性の広さと狭さを語る上で、蝶の種としての食性の類型化(簡単に言うと分けると言う事ですね)を自然状態で行うと、単食性・狭食性・広食性の3つに行う事が出来ます。


zz gカタクリに舞うギフチョウc


単食性-文字通り自然状態で通常1種の植物を食べる種で、ウスバキチョウやミヤマモンキチョウ、オオガマダラ、ウラクロ・ヒロオビミドリ・オオルリ・ミヤマ等の各シジミが該当します。(他にも多種居ます)

狭食性と広食性を分ける部分で難しいのが、食餌植物の種類の数としてしまうとアゲハやコヒョウモンモドキの間で逆転現象が起こったりします。

そこで、植物の科や属で、どれぐらいに渡るかで見るのが妥当だと思われます。(この辺りの事は、保育社 原色日本蝶類生態図鑑1984 の蝶類幼虫の摂食習性に詳しいので、参考にして下さい)

前置きが長くなりましたが、ギフチョウは、狭食性です。カンアオイ類を食餌植物としていますが、地域のカンアオイを食べていますが、生息する地域に複数のカンアオイやウスバサイシンが有る場合、複数の種としての植物を食べています。

ルリシジミは、広食性の代表種ですね、時期によって食べる植物がかなり違います。
狭食性の種は、植物の種の分化に対応していると言われていますが広食性の種は、植物の種の分化よりも、蝶自体が食性の幅を広げているのは間違いありません。


zz gカタクリに舞うギフチョウe


そこで、注目すべき点は、単食性・狭食性の種は、年1化の種が殆どで広食性の種は、多化性の蝶だと言う事です。

年1化であれば、幼虫時代に本来の食草の柔らかい部分が多く有る訳で蝶が食性を広げる必要が無い訳ですが、多化性の場合は、1化目には良くても2化目の時には柔らかい部分が無く、幼虫が食べる餌に困る事態になった事から、食性の幅を広げて2化目の時に柔らかい芽や葉が有る植物に広げて行った結果であると思われています。


zz kヒメカンアオイの花


結果、同じ時期でも複数の食草を食べて世代交代をしているようになった訳です。
しかし、サツマシジミでは、広食性で色々な食樹を持っている訳ですが、時期=何化目かによって、かなり利用する樹が限定されている例も有ります。



スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【マクロン仏大統領ブリジット夫人】へ
  • 【フランス 歴史と国民性 】へ