教育評論

漢字 残酷で戦慄する語源

 ←統計なき砂漠の死者 →武満徹 「マタイ受難曲」を葬送の曲
民 象形文字




 本当は怖い漢字の由来


 漢字の成り立ちを知るといつも使う漢字が怖くなる。

 

草原に打ち捨てられた死体に、髪の毛が残っている様子。

 

両腕を切り落とされた子供の姿。

 

生き埋めされた人が大きく口を開けて泣き叫んで
あまりの悲しみにかがみこんでしまう人の形。

 

手かせをかたどった文字。どうして幸せかというと、死を免れて手かせで済んだから。

 

神の真意を聞くべく、髪の毛を振り乱して狂ったように踊りながら祈る巫女の姿

 

「真」は旧字では「眞」と書くが、このヒの部分を除いた字は、
「生首がぶら下げられている」ことを意味する。
だから、「真」には「行き倒れになった人」という意味がある。

 

古い字形では『貝』のない形だったのですが、これは目(臣)を手(又)で刺すさまをかたどったもの。古代中国では多才な人間の目を潰し、神に仕える奴隷(臣)としたそうです。ゆえに“賢い”

 

串+心からなる。 串は槍。心は心臓。 人の心臓を串刺しにするさま。

 

元々は、目を刃物で突きぬいて見えなくした男の奴隷。
また、男の罪人を奴隷としたもの。

 

取と走で構成。
取は耳と又(引きちぎる)から成り、走は走ることを意味する。
敵国の兵士を殺し、耳を刃物で切り落として持ち帰るという意味。

 

首を手にたずさえる形から生まれ、
それは道なき荒れ地のたたりや災いを成す邪霊を 祓い清めるために首を用いたことから。

 

「又」は、手を表す。
古代中国では、討ち取った敵の左耳を切りその戦功を数えたことから、取の字ができたそうだ。

 

古代中国で自害するとき縦と横と十字に切腹していた。腹から血まみれの腸が飛び出した様子から”七”が生まれた。

 

亀の甲羅を引きはがす行為。


民 象形文字2

 

両目をつかれ見えなくなってしまった奴隷の様を表す。
これは昔、戦争に負け奴隷となってつかえた人々が逃げられないように
両目をつかれていたことが起源とされています。
多くの民衆がこういう状態で王に仕えていたことから「民」という字ができた

 

動物の死骸を太陽の光に当てて乾かす様子を表している。
「暴」に「日」が含まれているのはそのせいで、この字は本来、
太陽の光に当てて乾かすことを表していた

 

処刑される者が左下と右下から火に焼かれ、
磔にされた体が熱によって膨れ上がり、焼けた皮膚が破裂し、
そこから血が吹き零れている姿を表している。

 

罪人が処刑されると、その生首を木に吊るしていました。
逆さの生首から髪の毛が垂れ下がっている様子。




 
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【統計なき砂漠の死者】へ
  • 【武満徹 「マタイ受難曲」を葬送の曲】へ