時事評論

Tesla Model 3 electric car orders 276,000

 ←人類 地上で一番残酷な捕食者 →ドーパミンが溢れた愛車たち
zzz t モデルS 2014年モデル



 Tesla Model 3 electric car orders 276,000



zzz tesla_model_s_top03



これまで、世界一の自動車産業・生産台数を誇ってきた日本

ハイブリッド車はもう時代遅れ の21世紀に突入してるんだ !!

地球環境に優しい電気自動車の開発で米国・ドイツ・インドなど、世界に遅れを取っている


s-DSCN6491 (2)


狭い島国・恥と嫉妬の日本に生まれ、傷口を舐めあってきたイシコロには淋しすぎるなぁ~

日本のハイブリッド車の先端技術を駆使した、2007年式のTOYOTAの愛車も色褪せて見えてくる

フォルムも性能も抜群なのにぃ~ !! あと5年は頑張ってのるぞ~





zzz tesla_model_s_01


2016年4月1日に行われたテスラのスペシャルイベントで、低価格帯モデルとして3万5000ドル(約390万円)の電気自動車「モデル3」が発表されました。日本でも預託金15万円で予約受付がスタートしているモデル3には予約注文が殺到しており、その数はわずか3日間で27万6000台にも及んでいます。

Tesla Model 3 electric car orders accelerate to 276,000 - BBC News
Model 3 | テスラモーターズジャパン

27万台以上の予約が舞い込んでいる5シートの電気自動車「モデル3」は、約400万円という低価格設定ながら、高速充電器「スーパーチャージャー」と自動運転モード「オートパイロット」にも対応しており、十分な性能を備えています。初回の予約者にモデル3が納車されるのは2017年後半になる予定。テスラのイーロン・マスクCEOは「生産計画を再考する必要がある」とツイートしており、予想以上の注目を集めているようです。


zzz tesla_model_s_04


テスラは2015年に合計5万580台の自動車を販売しており、そのほとんどは1000万円クラスの電気自動車「モデルS」とのこと。2016年第一四半期は1万2420台のモデルSおよび、 2400台の「モデルX」を合わせた1万4820台を売り上げており、自動車売上台数は前年比で50%増という好調ぶりを見せています。テスラのイーロン・マスクCEOは自動車産業以外にも宇宙開発や次世代のテクノロジー開発にも意欲的です。

そんなマスク氏がTwitterで「製品に関する意見・提案・批判はいつでも受け付けています」とツイート。あるユーザーが「1つ目、フェラーリみたいなステアリングホイール。2つ目、ハンドルの後ろにパドルシフター。これでもっとクールになるよ!」と要望を伝えたところ、マスク氏は「3つ目の選択肢として本物のステアリングコントロールシステムを待ってほしい。宇宙船のような乗り心地を体験できるはずさ」と返信しており、未来を感じられる自動車も計画しているようです。




zzz t モデルS 2014年モデル1



 インド、電気自動車のみ販売へ 

 2030年までに



 ニューヨーク(CNN)2017 6/4(日) 15:07配信
 

インド政府は4日までに、国内で販売する自動車を2030年までに全て電気自動車に限定するとの野心的な政策を明らかにした。

同国のエネルギー省は、インド上空の大気を清浄化するためガソリン使用の車両の販売を中止させる大胆な目標を据えたとブログで報告した。

ピューシュ・ゴヤル・エネルギー相は最近、電気自動車の開発努力を助長するため今後数年間、補助金を供与するとの方針を表明。この政策が進めば、電気自動車のコストは採算が取れるようになるとも予測した。

インド政府によると、電気自動車とハイブリッド車の年間販売台数は2020年までに600万台から700万台を見込んでいる。

インド経済は急成長を遂げているが、新たな産業の台頭や通勤客の増加で大気汚染も急速に悪化している。世界で大気汚染が最も深刻な国の1つともされ、年間120万人の死因になっていると推定する報告書もある。首都ニューデリーでの呼吸は1日当たりたばこ10本の喫煙に等しいと見る医者グループもいる。

インド政府による今回の計画を受け、米国の電気自動車メーカー「テスラ」のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は1日、これを歓迎する考えをツイッター上で表明。同社はまだ、インド市場に進出していないが、同CEOは過去に再三、インドでの店舗開設計画に言及している。

インドは他のクリーンエネルギーの開発計画も積極的に進めている。太陽光エネルギーの利用を増やす大規模計画にも取り組んでいる。同国のモディ首相はトランプ米大統領が地球温暖化対策のパリ協定からの離脱を宣言した後、同協定を順守する努力を倍増するとの決意も表明した。




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【人類 地上で一番残酷な捕食者】へ
  • 【ドーパミンが溢れた愛車たち】へ