書画・骨董

漆黒と透明の切子ガラス

 ←インド 恐怖の闇世界を暴く →銀化した古いワインボトル
s-DSCN7279 (2)





 漆黒と透明の切子ガラス



s-DSCN7293 (2)



 20170708 ガラスの花器に茶花を生けたくなって



s-DSCN7298 (2)



今朝、はじめてクマゼミが鳴いた。


s-DSCN7297 (2)


無性に夏を感じたくてガラスの器に合う茶花を捜しに出かけた。


s-DSCN7276 (2)

幽玄・枯淡の華道家・川瀬敏郎さんが愛用する古銅請来型水瓶(鎌倉時代作)と酷似する、このガラスの浄瓶(仏教美術)はよくできている。清楚なヤマミョウガがよく映える。正倉院宝物の中にあっても見分けがつかない、と言ったら褒めすぎだろうか。



zzzzz ik 古銅請来型水瓶(鎌倉)寒芍薬 白い小さなクリスマスローズ


zzzzz ik 古銅請来型水瓶 花=夜叉五倍子(ヤシャブシャ)、岩梨(イワナシ) 器=古銅請来形華瓶(鎌倉時代)

幽玄・枯淡の華道家・川瀬敏郎さんが愛用する古銅請来型華瓶=水瓶(鎌倉時代作)



九州では大洪水の犠牲者が出るほどの梅雨の最中だった。


s-DSCN7291 (2)


深山幽谷のヤマミョウガの花が咲き乱れていた。


s-DSCN7293 (3)


道野辺の鬼百合やコスモスが咲き始めていた。


s-DSCN7271 (2)


野山では、季節を問わず命のリレーが継続している。


s-DSCN7280 (2)


あるがままに、野にあるように、吾もかくありたし。

夏はやはりガラスの花器が涼感と切れがよい。




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【インド 恐怖の闇世界を暴く】へ
  • 【銀化した古いワインボトル 】へ