書画・骨董

銀化した古いワインボトル

 ←漆黒と透明の切子ガラス →韓国女性 揺籠から墓場まで整形更新の生涯?
0-21 Kattekop of buikfles Nederlanden, ca 1700 Nederlandse bodemvondst. Veelkleurig geïriseerde fles. Hoogte 15,5 cm





  銀化した古いワインボトル

 Iridescent Onion Wine Bottles




0-25 Iridescent Onions



宝石・石と同様に、ガラスも長い歳月を経れば、銀化する。



0r ローマンガラス 銀化小瓶 古代ガラス 紀元前一世紀~三世紀



「銀化」とは別の表現をすれば :にじ色の,真珠光沢の,玉虫色の= 色かわす宝石色、オパール色に変色することである。


0-23 Glass handled Onion shape wine bottle made £23,690 @BBR auctions in Yorkshire


ローマングラス(ローマ時代のガラス)でなくても、ヨーロッパの大小の古いガラス容器(酒を入れるワインボトル・香水瓶)が発色したものは、妖艶・玄妖でたいへん美しく古美術・骨董の蒐集品として重宝され、宝石同様の高額値段で取引される。


0-25 Iridescent Onions


現代は、科学技術の発達で銀化ガラスを作製できるが、夜のネオンのように豪華絢爛、派手でギラギラして、時を経た侘び寂びはなく、賞玩に値しない。これも結構高い。


0-27 「Iridised Bottles」


風流好みに金銭は必要ない、とは言うものの、これは負け惜しみであって、心と身体、精神と欲望は明らかに矛盾している。


0-24 SOME EARLY GLASS. Wayne Wood collection


洋の東西を問わず、時代を経た骨董品を求める数寄者・蒐集家の心理は変わらないようだ。


s-DSCN7280 (2)


あまりにも高価な高嶺の花の美術品で、買えない年金生活者は、大正・昭和のレトロガラス民芸品で我慢するしかないだろう。


0r ローマンガラス 古代 濃緑a 15.7 cm


あまりにも当然なことで、我々は気づかないで忘れてしまっていることだが、自然界の生物・・・昆虫・蝶・トンボ・魚・・・そのものが玉虫色の、宝石色の芸術品であり、それを愛でることができる人間の眼そのものがすばらしい至福の藝術品である。

やはり、風流を愉しむのに金など要らないということか ?



 iridescent 意味


音節ir・i・des・cent 発音記号/ìrədésnt:イリデスント←/
形容詞 ;にじ色の,真珠光沢の,玉虫色の.
iridescently;副詞
[ラテン語 īrid‐, īris 「にじ」から; 名詞 iridescence]




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【漆黒と透明の切子ガラス】へ
  • 【韓国女性 揺籠から墓場まで整形更新の生涯?】へ