時事評論

強暴外来種が純粋在来種を駆逐する

 ←夏の茶花 ヤマミョウガ →追悼 故・長井秀憲氏 「現川焼」
0 a 猛毒のタコ





 強暴外来種が純粋在来種を駆逐する


グローバル化によって、ボーダーレス化し、ニンゲンを含めたすべての生物が外来種に席巻されていくのが時代の趨勢である。

スポーツ界、外人助っ人、モンゴル相撲、動物・植物・魚類、セイタカアワダチソウ、ブラックバス、アリゲーターガー、マダニ、ヒアリ・・・次々と、大洪水のように日本全土を占領していく。

日本人同様に、平和ボケした外敵の脅威を知らない生物たちが駆逐され絶滅危惧種になるのは当然の結末である。

純粋種の日本民族も、すでに同じ運命を辿っているが、嘆いても仕方がないことだろ。



 ◇ ◇ ◇



 蓮舫氏「戸籍示す」=二重国籍問題


 2017/7/11(火) 15:45配信


0 a 蓮舫氏の略歴と横顔(2016年9月)



 民進党の蓮舫代表は11日午後の党執行役員会で、自身が日本国籍と台湾籍の「二重国籍」だった問題について、「戸籍(謄本)を示し、近々説明する」と述べた。

 党幹部が明らかにした。

 二重国籍問題は昨年9月の代表選の最中に浮上。蓮舫氏は、父親の出身地である台湾籍の離脱手続きを済ませたとしたが、日本国籍の選択宣言の日付が記された戸籍謄本の公開には応じておらず、党内の一部から批判が出ていた。

 民進党の11日の都議選総括に関する会議でも、出席議員から「二重国籍問題をはっきり説明すべきだ」との意見があり、選挙の敗北を受けて「執行部の刷新」を求める声も上がった。同党は25日に両院議員懇談会を開いて都議選の総括をまとめ、執行部の責任を判断する。


 68港で大規模防除

 定着阻止へヒアリ対策―関係省庁



 7/11(火) 17:19配信


 強い毒を持つ特定外来生物のアリ「ヒアリ」が国内で見つかったことを受け政府は11日、都内で関係省庁の連絡会議を開き、ヒアリが生息する国と定期コンテナ航路がある68港で大規模な防除作業を実施する方針を決めた。

 全国で計数万~数十万個の殺虫餌の設置を検討しており、定着阻止に向けた水際対策に全力を挙げる。

 ヒアリは5月下旬の兵庫県尼崎市を皮切りに東京、愛知、大阪各都府県で相次いで確認。大阪、神戸両港では女王アリが見つかり、環境省は国内での定着を懸念している。国外からの貨物に紛れて侵入する事態を避けることは困難なため、人の立ち入りが少ない港湾区域で早期に発見し駆除することで、国内での拡散を防ぐ。

 対象の港では来週以降、巣に持ち帰らせて巣の中のアリを全滅させるタイプの殺虫餌を月末までに1港当たり数千個置き、目視の調査も行う。中国からの貨物の取扱量が多い場所に殺虫餌を多く置くなど、生息が疑われる場所には重点的に対策を講じる。 


  【関連記事】

〔写真特集〕おれたち猛毒ファミリー~女王ヒアリ~
ヒアリとは別の種類=新潟県長岡市
全国初、内陸部でヒアリ=愛知・春日井市の倉庫-新潟・長岡市でも疑い
東京港のヒアリ、100匹以上=女王は確認されず-環境省
〔写真特集〕毒を持つ生き物~「もうどく展」~



スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【夏の茶花 ヤマミョウガ】へ
  • 【追悼 故・長井秀憲氏 「現川焼」】へ