教育評論

人間力の醸成といじめの構造

 ←水素ガス吸入療法  その功罪 →最近、TOYOTAの様子がどうもおかしい
DSCN8628.jpg




 人間力の醸成といじめの構造



  20171014 人間力と人間性は別物である


昔から現代も変わらず、その人の人間力や人間性を評価するときは稼ぐ力・財力が基盤になっている。

私に言わせれば、稼ぐ力がない、と言うことは、子どもの成育歴の中で親(保護者)が子の自立教育を放棄してしまった、ということに他ならない。子どもには罪はない。

おおむね当たってはいるが、子は親の背中を観て育つものだ。親の言う通りにはしないがするとおりにする。すべての生物に当てはまる自然の摂理と言ってよいだろう。

親は子の絶対的な権威者である。生物学的にも、そうしなければ、子は自活できなくなる、という厳しい現実がある。それぞれの遺伝子は第二義的な条件と言ってもよい。

子どもを過保護に甘やかして、社会に出て自立できない現象があまりにも多すぎるが、このツケは、必ず親に戻ってくる。Uターンや出戻り現象は、家計の安定した裕福な家庭に多いようだ。親が死んだらこの子たちはどうなるのだろう?

人間性、徳義、ヒューマニズム、思いやり、共生については、日頃実践していなくても虐げられた庶民・貧乏人であれば、誰でも体験上願望として話題にすることはできる。

ところが、現代の子供たちは、親のみじめで悲惨な働く姿を目撃したことがないし、親もそんな哀れな姿を子に見せたくないので、稼ぐ力=人間力についてはなおざりにされて、だれも教えてはくれない。

この際、このブログは自分史の独白日記で訪問者もいない。いつお迎えが来るかわからないから、本音を言っておく。

いじめ問題は、いつの時代にも途切れることなく起こるものである。
視聴率稼ぎのメディアは、併せて、公的機関、世論は、いじめを受けた被害者ばかりを一斉に擁護する。

私に言わせれば、それはおかしい。
「喧嘩、両成敗」(公平な大岡越前の司法裁き)と言うように、いじめられる側にも何らかの問題・要因が無いはずがない。

誰しも、子供時代にいじめを体験しなかった者はいない。
少々いじめを受けても、それをはね返すだけの強さ・バネ=我が身を護るための回避術・処世術を身につけてきた。

それが、できなくなった、ということは、他者の責任(いじめられる側にも問題があるのに)ばかりを主張して、周囲・他者と協調していく能力を家庭教育・躾けのなかで放棄してしまった、という親の姿勢が最大の原因であることに気づいていないだけだ。

学校・社会・組織という共同体の中では、たとえ不条理・不都合・不満なこと(自分の理想に反すること)でも耐え忍んで、協調して生きていかねばならないことばかりである。

メディア、正義感に燃える告発者、組合扇動者、モンスターペアレント、攻撃力の強いオフェンスサイドにいる時はわからないが、世の中は、清濁併せ呑まないと生き残れない仕組みになっている。自分が一旦ディフェンスサイド(守備側)に回った時は、萎えて黙してしまう。

いじめの構造は、子どもから高齢者世代まで、生涯付きまとう劣等感のようなものである。
はね返す力が無くなった時は、自然淘汰・自然の摂理という無慈悲な量子力学のベクトルに任せるしか解決法はない。

「子ども一人の生命は、地球より重い」(自分の子には当てはまるだろうが)などという大袈裟で荒唐無稽なメタファー比喩を持ち出すから、子どもがたくましく育たないのだ。

親は、やがて消えていく存在だから、将来、自立・自活できる子どもを育む責任だけは果たしてほしいものである。

「何事も、自分に始まり、自分に終わる」 他者への責任転嫁など屁の木っ端である。

人間力とは、自立して自活できる力、(自分で汗水流して、自分の能力・身体で稼ぐ力)に尽きる。

学歴(過去の栄光)、世間体、見栄(厄介な日本の因習)を捨てて、自活しようと決意すればよい。

ハローワークには山のように求人票が集積している。選り好みをしている柄ではない。

国家の施策、社会の仕組み、が間違っている、といくら叫んでみても誰も助けてくれる者などいない。

失われた真実:Lost Truth の現代では、人間力のない者が、本当の意味の人間性・思いやりを兼備するのは至難の業である。



スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【水素ガス吸入療法  その功罪】へ
  • 【最近、TOYOTAの様子がどうもおかしい 】へ