忘れえぬ光景

「上徳不徳、是以有徳 」 徳とは何か

 ←究極の徳とは 『悟浄出世』中島敦 →私の履歴書 水泳は潜り専門で獲物採集のため
chabana 33097a84





「上徳不徳、是以有徳 」老子第三十八章


原文

上徳不徳、是以有徳。下徳不失徳、是以無徳。上徳無爲、而無以爲。下徳爲之、而有以爲。上仁爲之、而無以爲。上義爲之、而有以爲。上禮爲之、而莫之應、則攘臂而扔之。

故失道而後徳。失徳而後仁。失仁而後義。失義而後禮。夫禮者、忠信之薄、而亂之首。前識者、道之華、而愚之始。是以大丈夫、處其厚、不居其薄。處其實、不居其華。故去彼取此。


書き下し文

上徳(じょうとく)は徳とせず、ここを以(も)って徳あり。下徳(かとく)は徳を失わざらんとす、ここを以って徳なし。上徳は無為にして、而(しか)して以って為にする無し。下徳はこれを為して、而して以って為にする有り。上仁(じょうじん)はこれを為して、而して以って為にする無し。上義(じょうぎ)はこれを為して、而して以って為にする有り。上礼(じょうれい)はこれを為して、而してこれに応ずる莫(な)ければ、則(すなわ)ち臂(うで)を攘(はら)ってこれを扔(ひ)く。

故に道を失いて而して後に徳あり。徳を失いて而して後に仁あり。仁を失いて而して後に義あり。義を失いて而して後に礼あり。それ礼なる者は、忠信の薄きにして、而して乱の首(はじめ)なり。前識(ぜんしき)なる者は、道の華にして、而して愚の始めなり。ここを以って大丈夫(だいじょうぶ)は、その厚きに処(お)りてその薄きに居らず。その実に処りてその華に居らず。故に彼れを去りて此れを取(と)る。


現代語訳

徳が充分に備わっている人間は、徳そのものを意識する事がないので徳が離れる事は無い。徳の少ない人間は、徳を失うまいとするあまりに徳が離れていってしまう。徳が充分に備わった人間は無為を保ってことさらに何かをしようとはしない。徳の少ない人間は立派な人間になりたくて善い事をしようとする。例えば仁を重んじる人間は、何か善い事をしようとする。義を重んじる人間は、善い事をしながら自分も褒めてもらおうとする。礼を重んじる人間は、自分がしている善い事を他人にも無理やりやらせようとする。

つまり最初に「道」があって、その後に人としての徳があり、徳が失われて仁があり、仁が失われて義があり、義を失った人間が辿りつくのが礼なのだ。 とくに礼などというものは、人々から真心や信義が失われた後に作られたものであって、これこそが社会を乱すもとなのだ。 仁や義や礼といったものを知識という形で教え込もうとすれば、「道」からはずれた愚か者を生み出すだけだ。だから本当に立派な人間というのは、手厚い真心を大事にして薄情な知識を捨てる。物事の実を大事にして見栄えのよい花を選んだりはしない。聞こえが良いだけの仁義礼といったものを捨てて「道」を選ぶのだ。




「直(なお)き心で行う (行=彳)+(直+心=悳)=徳」


つまりありのままの素直な心に従う事が「徳」という字の本来の意味である。また「トク」という発音(漢音・呉音)は「得」という字に通じており、転じて「身についた性質」という意味で使われるようになった。この章で言われる「上徳」は前者の意味であり、「下徳」が後者の意味。

ちなみに戦前の道徳教育(当時は修身と呼んだ)もあって現在では儒学的な印象の強い「道徳」という言葉も、もともとはこの老子道徳経の名前の由来である上篇の始めの文字の「道」と下篇の始めの文字の「徳」の字を併せて作られた言葉である。成立年代のはっきりした中国の書物で「道徳」という言葉が使われるのは史記の老子韓非列伝に「老子は道徳を脩めた」と書かれているのが最初である。

老子が儒学的な徳目を修めているわけがないので、少なくとも漢初の「道徳」という言葉には儒学的な意味合いは無かったのだろう。しかし同じ漢代に成立したと言われる礼記には「道徳仁義、礼に非ざれば成らず」とあり、もしかしたら老子のこの章に対する反論かも知れないが、「道徳」という言葉が早いうちから儒学に取り入れられている事もわかる。また老子の影響が強く見られる兵法書の三略にも「道徳仁義礼の五者は一体なり」と書かれている。

道徳の英訳でよく使われる moral (モラル)という単語の語源は、ラテン語の mos (習慣)から派生した moralis(習慣的) という語。単に moral とだけ言うと「教訓」というニュアンスになるので、日本語でいう道徳により近い訳としては複数形の morals もしくは morality の方が良い。



00 日本の昔話 神隠し 千と千尋の神隠し



 「僕は町工場のおやじ。文化人ではない」


72歳の宮崎駿監督が引退会見で述べたコメントは印象的だった。

「やりたいことはあるんですけれども、やれなかったらみっともないからいいません。それから僕は、文化人になりたくないんです。僕は町工場のおやじ。それを貫きたいと思っています。文化人ではありません」

現役中にアニメ界で世界的名声を博し、何百億円も稼いだ人物に当てはまるはずはないが、目立たない町工場で信念に従い自分の好きなことを地道にコツコツと実践して、世界中の人々の心に響く仕事をやり遂げた。

現代では、有名になり、自分を過大評価して、為政者、知識人、文化人、現代の英雄と見なす人が多い。
「有名になることは醜いことである」=名声とは、夕べには消えゆく朝露のごとく虚しいものである。
ということをわかっている人は少ない。
視点を変えれば、ただ運がよかっただけなのだ。
そういう人たちに、有徳の人はまずいないだろう。

中島敦は連作「悟浄出世」と「悟浄嘆異」のなかで、出家した妖怪・沙悟浄に「徳とは、自分も楽しみながら人を楽しませることだ」と言わせている。

彼の引退宣言には、なぜか老子的なものを感じた。




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【究極の徳とは 『悟浄出世』中島敦】へ
  • 【私の履歴書 水泳は潜り専門で獲物採集のため】へ