時事評論

極寒の地ロシアのカニバリズム

 ←古銅『砂張』 王子形水瓶 佛具足 →孤独の質量は人の数だけ異なり無尽蔵・無限大
000 ツンドラ地帯





 極寒の地ロシアのカニバリズム

 猟奇的・倒錯的とは限らない

 飢餓を逃れるための本能的行動




ロシアで繰り返される“人肉食”の惨劇 
今度は30人殺害か、夫婦逮捕 
背景にある旧ソ連からの「負の特性」


 2017.10.4 09:47 配信



 ロシア南部クラスノダール地方で9月、殺人容疑で拘束された夫婦の住宅から塩漬けにされた人体や人肉の可能性がある食べかすなどが発見され、社会に衝撃を与えている。犠牲者は30人に上る可能性があり、ロシア史上最悪の人肉食事件との報道もある。

 ロシアでは過去数年だけでも複数の残虐な人肉食事件が発生。多くは犯人の精神的な異常が指摘されているが、このような猟奇的事件には、ロシア特有の「負の特性」が作用しているとの指摘もある。(モスクワ)


 ■偶然の事件発覚

 クラスノダールで9月11日、道路工事現場に携帯電話が落ちているのが見つかった。そこには、バラバラに切断された遺体と男の写真が保存されていた。驚いた工事現場の作業員が警察に届け出た。事件の発覚はまったくの偶然だった。

 警察は携帯電話の持ち主の男(35)とその妻の家を捜索。家からは塩漬け状態の人肉が見つかったほか、キッチンからは人肉の可能性がある正体不明の動物の肉を食べた跡や、冷凍肉などが見つかった。現地メディアによると、夫婦の家からは血みどろのバケツや、袋詰めにされた遺体の頭部なども見つかったという。


 捜査当局によると、2人は事件発覚の数日前に知り合った女性と酒を飲んだあと口論となり、女性を殺害。その後、男が遺体をバラバラに切断し、遺体の前で自撮り。男はさらに、2012年にも別の男性を殺害していたと供述した。

 夫婦は約7年前に結婚とされる。報道によれば、男は内装業をしており、妻は医療関連機関で働いていたこともあるという。


 ■繰り返される惨劇

 ロシアでは近年だけでも、人肉食事件が繰り返し確認されている。インタファクス通信によると11年にはモスクワで、男(当時40)がホームレスの男性と酒を飲んだ後に、この男性を殺害。そして遺体をバラバラにし、その肝臓を食べるという異常な事件が発生した。

 同年には西部レニングラード州で、心神喪失状態の女が友人の女性を池に突き落として殺害し、引き上げた遺体の足を食べるという事件も起きた。

 さらに09年には、中部ペルミと西部サンクトペテルブルクでそれぞれ人肉食事件が発生。ペルミの事件では、3人のホームレスの男が男性(25)を刺殺し、その人肉を食べた上、残った肉を現地の飲食店に売った。サンクトペテルブルクの事件でも、未成年の男2人が未成年の少女を殺害し、“ジャガイモと一緒に炒めて”食べたという。


 ■ソ連時代も頻発か

 旧ソ連では、1940年代の食糧難の時代に人肉食が頻発した事実や、強制収容所などでも同様の事件が発生したと伝えられている。人肉食事件はその後のソ連社会でもたびたび発生したとみられているが、ロシアの犯罪心理学者、ビノグラドフ氏は産経新聞の取材に、ソ連時代は「そのような報道自体がなされていなかった」ために、表面化しなかったのが現実だとの見方を示した。

 ビノグラドフ氏は、ソ連時代もクラスノダールで人肉食事件が発生したが、当時は肉を売り金銭を得るために行われた事件だったと指摘する。それに対して今回の事件は、容疑者の「精神的な異常性」や「肉を食べたい」という欲求が引き金だった可能性が高いとみられるという。

 同氏はまた、容疑者が周囲の人々の人生について「極めて矮小化された考え」を持っていたとも分析している。

 別の専門家は露メディアに、ロシア人の「負の特性」として、アルコールに依存しやすい点や精神的な病、さらに宗教心の低さなどがあるとし、それらが極度に進んだ場合に、人肉食などの猟奇的な犯罪に走ると指摘。そのような行為を行う犯罪者は、「自身がいかに“悪い”か」を周囲に強調したい倒錯した精神状態にあるケースが多いとも述べている。



 イシコロコメント


世界には、他国から観たら異常と思われる、風俗習慣・奇習があり、理解に苦しむ。

一日の気温差が50℃(昼40℃~夜 零下10℃)以上にもなる砂漠地帯では、いったん隊商を組んで旅に出たら、帰郷できない人も多かった。


000 サハラ砂漠


その時は、村の族長が遺された犠牲者の遺族・妻子の面倒をみなければならなかった。
四季のあるモンスーン気候帯に住む者は、これをハーレムと呼んで羨望した。
裕福なファラオの王様の話ではない、現実の庶民の悲惨な日常生活の出来事である。

友人の国土地理院の砂漠研究学者の話である。

世界は、気候・風土、風俗習慣が全く異なる地域ばかりである。
行ったことも観たこともない国の事情がどうしてわかるはずがあろうか。
異文化理解、文化の交流、と平気で言うが、異質な文化が融合することは不可能に近い。

食料のない極寒の地(ツンドラ地帯、ロシア・中国)に住む貧しい人々は、蛋白源補給のために、捕獲しやすく足の遅いニンゲンを、ハツカネズミのように共食いして飢えをしのんできた風習があった。

極限の飢えを知らない文明人がカニバリズム(人肉食文化)を、単に倒錯・猟奇・異常な性行動と片づけるのは早計である、ことを知った。

それにしても、この残酷で冷酷な負の遺伝子は、国民性・民族性は、歴史的な事件や政治経済体制に反映している、と考えるのは私だけだろうか。




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【古銅『砂張』 王子形水瓶 佛具足】へ
  • 【孤独の質量は人の数だけ異なり無尽蔵・無限大】へ