時事評論

ビフォーアフター写真掲載禁止へ

 ←昔釣り上げた大鯛の感触が蘇る →「コギト エルゴ スム」 主役は誰?  私でしょ!
000 ビフォーアフター写真 顔整形1

なぜ韓国や、日本の芸能人に整形美人の割合が多いのか?
ビフォーアフター同じ顔? よく観ればすぐにわかるよ。
失敗、劣化、後遺症の恐怖が生涯憑きまとうのに・・・。





 ビフォーアフター写真掲載禁止へ


美容整形手術だけではない。
TV、ネット、メディア、新聞広告すべてに当てはまる。
誰にでもある、人の弱み、劣等感に付け込んで、うさん臭い商品を宣伝している。

薬品、商品、施設、通販・・・について、不愉快なコマーシャルばかりだ。
使用後の成果・実績を証明する方法など不可能である。
虚偽や誇大、他の施設より優れている、全額返金する、半額以下の値下げ、オペレーターを増員して待っている、などなど。

次々に、新手の虚偽・誇大宣伝文句が登場する。
食事中など、目を覆いたくなる不快な画像が次々に飛び出す。

ビフォーアフターだけでなく、不快な醜悪画像もなんとかしてくれよ~。
資本主義経済の終焉期と言えど、野放し(無規制)過ぎると思わないか。




000 ビフォーアフター写真 顔整形



 「美容手術で変わった」



000 ビフォーアフター写真 顔整形2


 美容手術の前と後でこう変わったと示す、医療機関のサイトなどに掲載されている写真の掲載ができなくなる。厚生労働省が25日に開いた検討会で、原則禁止する方針を決めた。国民から意見を募り、来年6月からの禁止を目指す。脂肪吸引や二重まぶたにする手術などが想定されている。


000 ビフォーアフター写真 顔整形3


 今年6月成立の改正医療法は、広告規制の対象外だった医療機関のサイトについて、看板やチラシと同様に対象とした。虚偽や誇大、他の施設より優れているといった表現を禁じる。


000 ビフォーアフター写真 顔整形4 整形失敗画像


 どこで線をひくか、この日の検討会で議論した。美容医療の手術前後の写真は、虚偽や誇大でなくても個人で結果が異なり、患者の選択に大きな影響を与える。「情報の遮断になる」と反対意見もあったが、「一般の人は安易に飛び付きやすい」などの意見が出て、原則禁止と決まった。国民生活センターによると、美容医療の広告に問題があるとみられる相談件数は、年1千件以上という。

 こうした美容手術とは別に、がん手術後の乳房再建や、先天性の口やあごの形の異常など、患者側が手術の前と後のイメージを知りたい例がある。厚労省は、学会などが手術前後の写真を示し、医療機関のサイトから学会のサイトを紹介する場合は認めることなどを検討。省令や指針で詳細を定める。




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【昔釣り上げた大鯛の感触が蘇る】へ
  • 【「コギト エルゴ スム」 主役は誰?  私でしょ!】へ