書画・骨董

古銅水瓶 唐金佐波理 &龍首水瓶、法隆寺宝物

 ←和食は、「新・健・美」で世界を席巻する →臓器移植は自然への冒涜なのか?
0 kki 龍首水瓶d 飛鳥時代(献納宝物243号)法隆寺献納宝物



000 古銅 倣請来型水瓶 唐金 銘峰雪5 ---龍首水瓶、法隆寺献納宝物、天馬の刻紋、金銀鍍金青銅、49.9cm高、7世紀



DSCN8772 (2)






 龍首水瓶 国宝



0 kki 龍首水瓶a 飛鳥時代(献納宝物243号)法隆寺献納宝物


0 kki 龍首水瓶c 飛鳥時代(献納宝物243号)法隆寺献納宝物


銀製鍍金・鍍銀
高49.9径18.9
飛鳥時代・7世紀
東京国立博物館
 

 法隆寺に伝わった水差し。明治11年(1878)、法隆寺から皇室に献納された「法隆寺献納宝物」(現在は国有、東京国立博物館に収蔵)の一つ。このような長い首と下にふくらむ胴に把手を取り付けた器形は、ササン朝ペルシャに源流をもち、一般に「胡瓶(こへい)」と呼ばれる。かつて銀製と考えられ、「銀龍首胡瓶(ぎんりゅうしゅこへい)」として国宝に指定されたが、鋳造した銅器に金、銀をメッキしたものとわかった。


0 kki SILVER INLAID BIDRI EWER - India (Deccan, Bidar), 17th century


 いかめしい顔の龍頭が注口、細い龍身が把手となり、蝶番(ちょうつがい)で把手に留めた龍の上顎が蓋となっている。角を押すと蓋が開き、片手でも注ぐことができる。龍の眼には薄緑色のガラスがはめてある。全体に薄手に作られた胴部には、向かい合う2組の有翼の天馬(ペガサス)4頭を毛彫(細い線刻)し、金メッキで浮き立たせている。注口の部分、胴、台脚は別々に鋳られ、首と胴は轆轤(ろくろ)仕上げされている。



0 kki Traditional Turkish Handicraft



 ペルシャの天馬、中国の龍という東西の伝統的なモチーフを組み合わせ、器形も文様も力強い躍動感にあふれた優品である。唐時代中国の作と考えられてきたが、龍の造形や毛彫の手法などから、7世紀の日本製??とする見方が強くなっている。



0 kki s-DSCN6891 (2)



 イシコロ私見のコメント


この水瓶を7世紀の日本製(弥生時代:須恵器の時代である)? などと鑑定するのは、アリエヘンことである。

東西文化の交流が花ひらくのは、後世になってからの話で、大和國はまだ未開の地域であった。

その後、大和を支配していた朝鮮半島の渡来人、中国人を通して、仏教美術品などを発注し取り寄せてはいる。

当時の西方アジアの先端技術にほど遠いこの極東の地で、職人たちが観たこともないペガサスや後世の西洋の動物(象・ライオンなど)を正確に模写できるはずがない。


0 kki s-DSCN6895 (2)


日本人は、感性ゆたかな民族であるが、エジプト、中国、イスラム、ヨーロッパと比べたら、歴史が極端に浅い。


0 kki Turkish ibrik 1


世界史的に周知の事実を歪曲して、むかしから西洋に劣らぬ優秀な民族であった、と喧伝するのは笑止千万で、それこそ恥と嫉妬の文化に上塗りするようなものである。

天皇崇拝の忖度(そんたく)歴史学者しか育たなかった証拠でもある。




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【和食は、「新・健・美」で世界を席巻する】へ
  • 【臓器移植は自然への冒涜なのか?】へ