雑学曼陀羅

紅葉の先駆け ニシキギ(錦木)

 ←朝鮮民画 玄人画家と素人絵師 →野の花だより 久しぶりの送信です
0000 ニシキギ(錦木)





 紅葉の先駆け ニシキギ(錦木)


 
 讃助出演 20171104 世知原寒蘭展示会



DSCN8844a (2)



・北海道から九州までの広い範囲に分布する落葉樹。紅葉の美しさを「錦」に例え、「錦木」と名付けられた。
 日本庭園の脇役などに使われる。


0000 ニシキギ(錦木)新芽の様子 古い枝には「翼」があり、他の木と見分けやすい


・ニシキギは古い枝がコルク質の風変わりなもの(「翼」という)になることで知られる。
 この翼を刃物になぞらえ「カミソリノキ」などの別名がある。
 京都で刺抜きの妙薬として使われた「速康散(そげ抜き薬)」はこの翼を原料とした。


0000 ニシキギ(錦木)秋にはオレンジ色の種子が顔を出す


・5月から7月にかけて淡い緑の花を咲かせるがあまり目立たない。


0000 ニシキギ(錦木)1


・秋にできる実は熟すと自然に破裂し、中からオレンジ色の種子が顔を出す。
 この種子は野鳥の食料となるばかりか、人間の便秘薬、毛じらみの駆除薬として使われた。
 毛じらみ駆除に使う場合、この実を黒焼きし、椿油に混ぜて塗るという手の込んだ仕込みが必要。



 讃助出演 20171104 世知原寒蘭展示会


IMGP0033.jpg


IMGP0043.jpg


IMGP0048.jpg


・ニシキギの葉は楕円形で先端が尖り、縁には細かなギザギザがある。




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【朝鮮民画 玄人画家と素人絵師】へ
  • 【野の花だより 久しぶりの送信です 】へ