FC2ブログ

教育評論

食えない大人、食える大人のこどもたち

 ←中國ランタン 『母子図』 肉筆ガラス絵 木製枠吊り灯籠 →脳裏に焼き付いた1985年8月12日
陽炎 陽焔a 





 子どもを「食えない大人・食える大人」にする親の共通点


 食っていけない子どもが育つ「家の環境」



多くの子育ての悩みに接していると、ある共通点のようなものが見えてくることがある。

「このご家庭とこのご家庭は雰囲気がなんとなく似ているけれども、お悩みのポイントも似ているなぁ」という事例が交錯することがあるのだ。

例えば、子どもが引きこもりになったり、登校拒否になったりしたために、相談を受けることも多いが、その過程で独特な「ご家庭のにおい」を感じることも、また多い。ケースによっては、思春期はなんとかクリアしても、大学生・社会人となって突如、無気力になったり、ニートになったりするケースも少なくない。

もちろん、その「芳香」を発していたから、すべてがそうなるとは言えず、引きこもりも登校拒否もニートも「当人の事情」ということも十分有り得るし、徐々に回復することも多い。

ただ、「ハザード」という潜在的に危険因子となり得るものを知り、「リスク」という現実に危険になるものを回避することは子育てにとっても、重要な意味があると思う。

今日は私が感じる引きこもり・ニートの子ども、すなわち自立し自分で食っていきにくい子どもを生みやすい「独特なにおい」を持っておられるご家庭の共通点を挙げてみたい。

正反対に、子どもを健全に育て、食っていける大人に育てる家庭とは、さしづめ、そうしたリスクを未然に回避し、後述するような一見どうってことないけれど、シンプルかつ強いポリシーを持つ親だということになるのだろう。

(1)好きなメニューを選ばせない親

ある時、私はあるご家庭とロシア料理を食べに行った。メンバーは50代の父母とその大学生の息子、私である。父親は私にご馳走してくれる気、満々でその店で一番高いコースを勧めてくれた。確か、壺焼きが付いていて、その中身が蟹だったりベーコンだったり、チーズだったりで7種類くらいから選ぶシステムだった。

その息子は少し迷って「ベーコン」を選択した。すると父親がこう言ったのだ。
「なんでベーコン? この場合、(正解は)蟹だろ? 蟹?」
今度は母親がこう応じた。
「そうよ、せっかくなんだから蟹にしなさい、蟹に!」

その息子がこう言ったのを私は忘れない。
「じゃ、蟹で……」
その場で「大変だね、君も」と応じた私にその息子が今度はこう言った。
「まあ、いつもどおりですよ。(俺の)意見は(通ら)ないんで……」

親子の暗黙の了解にクビを突っ込んでしまったバツの悪さたるや。ただ、この私が感じた「違和感」をこの子の両親は露ほども感じていないことだけは確かだ。その場で一番価値が良いものを選択して、それを勧めて、それを掴ませる。何が問題だろうか? という態度であった。

私が言うまでもなく、人生は常に取捨選択の連続だ。プライオリティーを自ら決めて、実践していく、人生はその繰り返しなのだ。その中で自分自身の価値観、やり方を学び、構築していくのである。

この息子によると小さいころから自分には選択権がなく、勇気を出して申し出たとしても「正論で潰される」。いつしか自分の意見はなくなったと言う。親の意を汲み、優秀大学に入ったものの、大学にはどうしても足が向かないという彼。

在籍する大学は聞こえが良い有名校で、就職も好調で、親も満足。けれども肝心な自分には全く興味が湧かない場所だと言う。

「(自分の居場所は)ここじゃない!」って感覚に襲われるのだそうだ。

「じゃ、自分の求めるところに行けよって思いますよね、普通。でも、俺にはそれがわかんないんですよ。感情がないって言えばいいのか……。俺は誰だ? って感覚っすかね……」

例えファミレスだろうと、幼かろうと、自分の食いたいものは自分で選ぶ。

「蟹」と「ベーコン」の2択だとして、我が子が「ベーコン」を選んだならば、何も言わずに「ベーコン」をオーダーする「肝」がない家庭は「リスク」が増大するのではないか。


なぜ、母親は子どもに退学届を書かせたか


(2)子どもより自分の安心感を最優先する親

神経症(不安障害)として病院に行くほどではないが、外出時の戸締りや火の元が気になって、何度確認しても落ち着かない人は多いと思うが、このように何かを確認してもしても「不安感」を払拭できないタイプは要注意である。

どんな人間だろうと「不安」はある。「不安」がない人間はいない。それを十分認識できているのに、常に「不安感」がつきまとって離れない。

このタイプは自らが大変厳しい親の元に育っているケースが多いように思う。その自らが持つ「不安感」をひとりで抱えている分には何の問題もないのであるが、このタイプの問題点は「○○になったら、どうしよう?」と子どもを縛り付けてしまう、あるいは、心配しすぎて「先回り」してしまうことにある。

どうにかして親自身が「安心感」を手に入れたいので、こういう行動に走ったりする。

ある母はせっかく受験して入った中高一貫校から「肩たたき」(=成績不振による放校処分の訓告を受けること)に合った途端、こんな行動に出た。

中学生の息子に退学届を書かせたのである。

「次回の定期テストで赤点があった場合は退学します」

もちろん、本心から退学させたいわけではなく、むしろその逆だ。息子の奮起を猛烈に期待しているのである。

だが、学校からは放校をチラつかされ、親からは退学を迫られるティーンエージャーが奮起できるわけがない。学校教育とすべての大人に強烈な嫌悪感を抱かせるだけだ。

こういう親はいざ子どもが不登校になると「いついつ攻撃」を繰り返す。

「いつから行く気?」「いつになったら行けるの?」「いつ勉強するの?」と言葉にせずとも全身で訴えている。要するに「いつまで待てば、私(親)は安心できるの?」と言っているのだ。

親がこういうことを言っているだけなら、それはそれでよいのであるが、この手のタイプの親の元に育つと子どもはこうなりやすい。

すなわち「100かゼロの思想」にはまってしまうのだ。

言い方を変えれば、完全勝利か、それが叶わない場合には最初から戦いに参加していないという「体(てい)」を装う。

テストを受けるならば親や教師を納得させる点数でなければならないので、それができないのならば最初から受けない。そもそもその土俵に乗っていないのだから、俺には責任がないと初めから逃げを決め込んでいるのだ。

この思考にはまられると、そこから抜け出し、1でも2でもいいから、とりあえず行動するという「動き」は期待できない。

(3)夫婦仲が悪い家庭

説明するまでもない。

夫婦が罵り合いをしている家庭も問題であるが、夫婦間の会話もないような家庭はやがて子どもに対して「放任」か「無関心」か「過干渉」かのいずれかになるだろう。土台が安定しない家には不安定な子しか育たない。


 「でも」「だって」「どうせ」が口癖の3D母


(4)口癖が「でも」「だって」「どうせ」の3D母

もし、あなたの妻が3D女だったら、我が子は真っ直ぐには育たないどころか、あなた自身も出世しない。

3D女=すなわち、すべての思考が「でも」「だって」「どうせ」になっている女を指す。言い訳ばかりの女は男と子どもを潰していく。

3D女は人の意見を聞けない、自分の話しかしない。それを拒否されたと感じた瞬間に自分の殻に閉じこもる。「反省」と「感謝」が決定的に欠けているのだ。つまり、3D女には「努力」と「成長」という文字がないので、男にもそうだが、我が子を褒めることが苦手なのだ。

そうなると、頭ごなしに否定する、何をしても怒る、何もしなくても怒るということになりがちで、まるで「欠点を探している」かのように感じるだろう。子どもを褒めないことが「当たり前」になってしまう家庭は明るさとは無縁になるばかりか、気が付けば我が子も「3D」になっている。


(5)母親が半径500m圏内から一歩も出ない家庭

例えば母が半径500m以内で生活していて、週の内の大半はそこから一歩も出ない暮らしぶりだとすれば要注意だ。そのコミュニティーの「価値観」に縛られ、他の「価値観」を見聞きするチャンスを失うからだ。

我が子がよその家に遊びに行っているのに、頑なに「我が家はNG!」と一歩も敷居を跨がせない家庭も、もう少し柔軟性がほしいところである。いろいろなタイプの子どもを身近に見るチャンスでもあるからだ。違う教育方針で育っている子どもたちの相手をすることは自分にも学びが大きいのである。

子ども自身が物事に融通がきくようになる、あるいは共感性を育むということは親が他人に対してもある程度、オープンマインドでなければならない。

そうやって、相手が大人だろうと、子どもだろうと、いろんな人にかかわって、時には助けてもらいながら子育てをするということが重要なのだ。親自身が「人との距離感がつかめない」「人付き合いが悪い」と諦めていてはいけない。


(6)子どもに伝える言葉は、誰かの「受け売り」の親

「いとこが中学受験させたから家も」「お隣が○塾に行っているから家も」などに代表されるように、他人の影響をまともに受けてしまう家庭はいただけない。

同じように教育者のお言葉や評論家先生の主張を鵜呑みにして、受け売りのように「我が家の教育方針」にしてはならない。

きちんと我が子の得手、不得手を見極めて、長所を伸ばすことに比重を置かねばならないのである。

更に言えば、勉強の意義、労働の価値、幸せの尺度、これらを我が子が幼いころから説明していかなければならないのだ。

オリジナルの哲学がない家は我が子を他人が作った枠に入れこもうとしているのに等しい。我が子のサイズに合った、オーダーメイドの型でなければ、その窮屈さに我が子が悲鳴をあげるのは時間の問題である。

以上6項目、独特な「ご家庭のにおい」を挙げてみた。



逆に、子どもが健全に学び、育ち、自立していく家の「におい」もある。いわゆる「子育て上手」と言われるご家庭及びその親だ。

彼らに関しては別の機会に改めて詳しく書きたいと思うが、共通点を簡単に一言でまとめるならば「めんどくさがらない親」ということになる。

日常で起こるすべてのことに対して丁寧に誠実に向き合えている親の元で育つならば、子どもは自分の一度しかない人生に対して積極的になる。



DSCN9839 (2)



 イシコロモノローグ


 親自身が「食えない大人」(仕事をしない大人)の家庭は絶望的である



すべての生きものが、そうであるように、餌の捕り方、狩りの仕方を真似ることで親から身近に学ばなければ子供は育たない。
生きていく能力、自己選択・解決能力は親から学ぶしか機会が無いからである。

ひと昔前は、父親のたくましく働く姿を見て、「いまにみておれ俺だって」と、親を乗り越える願望と羨望を心に抱いたものだ。

現代の日本社会は、女性の発言ばかりが肥大化して、家庭・社会双方で男の存在感がますます希薄になってしまった。
要するに、オスの寡黙で朴訥な体臭が消えてしまったのだ。

雄の見張り役としての「におい=動物的嗅覚」と「戦う家長」を自ら自覚するのは難しい。
当然のことながら、危機が迫っていることを感知する危険予知能力も消えかかっている。

見栄や世間体ばかりに囚われて、めんどりの子育てをしているととんでもない落とし穴に嵌ってしまうことになる。

世界一の、長寿大国、少子高齢化社会の中で、刻一刻と親たちは生物学的に衰えていく。
その親たちを、喰えない子供たちはどうやって扶養し面倒を見ていくのだろうか。

大学を出ても、自立して喰えない子供が増殖する社会状況を観ていたら、この國はこれから後どれくらい生き延びることができるのだろうか。



(PRESIDENT Online:鳥居りんこ=エッセイスト、教育・子育てアドバイザー、受験カウンセラー、介護アドバイザー)




スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 愛娘 Erika
もくじ  3kaku_s_L.png やきもの
もくじ  3kaku_s_L.png 余白の人生
もくじ  3kaku_s_L.png 忘れえぬ光景
もくじ  3kaku_s_L.png 文学・芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 雑学曼陀羅
もくじ  3kaku_s_L.png 時事評論
もくじ  3kaku_s_L.png 教育評論
もくじ  3kaku_s_L.png 書画・骨董

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【中國ランタン 『母子図』 肉筆ガラス絵 木製枠吊り灯籠】へ
  • 【脳裏に焼き付いた1985年8月12日】へ